« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

センバツ準々決勝に行って来ました 日大三の強打に驚愕!

大阪出張の帰りに、甲子園に長い寄り道をしてきました。
甲子園は去年の夏決勝以来。センバツは初めてです。

強打・九州国際大付属と、久しぶり躍進の北海。
去年センバツ準優勝校で強打だけでなく注目投手吉永君を擁する日大三と、エース井上君がここまで2連続完封の加古川北。
ちなみに、私は優勝予想は日大三高です。そして今大会で一番興味があったのが加古川北の井上君でした。昨秋兵庫大会では報徳を破っての2位、近畿大会では大阪桐蔭を完封。ストレートは130km台だと言うし、どんな投手だ?と。
今日は楽しみな2試合でした。

この画像はお約束ですね
Rimg0356

◯第一試合
九州国際大付属(福岡) 5−4 北海(北海道)

九州国際大学付属(以下九国大付)の投手三好君と北海の玉熊君は共に130km後半のストレートとカーブ、スライダーがメインの同タイプの投手でした。三好くんの方がどちらかというと本格派、玉熊君は強いて言えば技巧派でしょうか。(三好君の115kmくらいのボールが気になりました。チェンジアップ
だと思うのですが・・・それにしては球速が遅い)九国大付打線は「エグい打線」というイメージが私はあり、初戦では何と2,3,4,5番にホームランが出ています。

その九国大付打線、とにかく積極性が目につきました。ファーストストライクから球種に関わらずどんどん振って来ます。玉熊君はやりにくかったのではないでしょうか。3回からは急に制球を乱す場面も多くなり、常に九国大に先行を許す展開。

しかし北海も3度までも追いつく粘りを見せ、緊迫した試合となりました。
玉熊君はカーブがとても良かったのですが、前半はストレートを続けすぎた気がします。もっと早い段階でカーブを軸にした方が良かったかな〜と思いました。

北海が7回裏に同点に追いついた直後の8回表、九国大付6番花田君がライトスタンドへの「エグい」一発を放ち、また1点リードします。今日は浜風が吹いていて、5番の龍君が放ったスタンドインと思われた打球が大きなライトフライになってしまうシーンもあったのですが、このホームランは浜風関係なかったですね。
この1点で終わっていればまだ判らなかったのですが・・・2アウト2塁からサードへの強い打球がイレギュラーしてレフト前に抜けてしまい、重い2点目が入りました。
北海は最終回に1点を返すも、結局このタイムリーが決勝点となり、北海は1点差で涙をのみました。得てして、こういう非情な事が起こります。イレギュラーが無かったらチェンジだったでしょうね・・・。でも、それが野球なんですよね。好試合でした!

特筆は九国大付4番の高城君で、既にホームランも放っているスラッガーですが、今日は先制のタイムリーを含め全ての打球が右方向。状況に応じたバッティングが素晴らしいと感じました。ホームラン狙って大振りになったりしそうなところですが・・・頼れる4番ですね。
北海の玉熊君はまとまっていてピッチャーらしいピッチャーでした。夏、またピッチングが観たいです。

◯第二試合
日大三(東京) 13ー2 加古川北(兵庫)

この対戦、全ては加古川北の井上くんの出来次第、と思っていました。
その井上くんは今日は制球が悪く、ストライクを取りに行くところをことごとく痛打されてしまいました。
日大三といえば「強打」が代名詞ですが、いやあ、ほんとに凄い、凄い打線でした。何しろ打球音が全く違います。「バキン!!」と言う感じ。今の金属バットは消音タイプですけど、日大三のは「昔の金属バット」みたいでした。九国大付も凄いと思いましたが、ちょっと次元が違いますね。ボールを「打つ」と言うよりは「叩いている」感じです。
昔、日大三の練習は9割がバッティングという話を聞いた覚えがありますが(違っていたらごめんなさい)いやはや、凄いスイングでした。

連続完封中の井上君でしたが、初回にあっさりと点が入り、リズムも掴めなかったのかも知れませんね。この悔しさを糧にして夏頑張って欲しいです。
加古川北で少し気になったのは、外野からの返球をカットマンではなくダイレクトにホームへ送球する場面が目立ち、余計な進塁を許す場面が多々ありました。(実はマリーンズも非常に多い)とても勿体なかった・・・。
加古川北は守備力で勝ち上がって来たと勝手に思っていましたが、そうでもないのかな?
試合前のシートノックで、ノッカーが打つ前に打球の方向に走りだしている内野手が殆どだったのが気になりました。バットとボールの角度から判断して動いているとかでは無くて、私も覚えがありますが、たぶんノッカーの癖を覚えているのじゃないかな?これだとあまり意味がありません。
それでも、完封かと思われた最終回に4安打を集中して2点を取ったのは良かったです。
夏に向けて守備の基本をもう一度見つめ直して欲しいです。(偉そうにナンですけど)

日大三の投手吉永君はプロ注目の投手ですが、ストレートは力がありました。うーん、モノが違うなあ、というのが印象です。楽しみにしていたシンカーは殆ど投げなかったですね。途中抜けたボールがあったのですが、それがそうかも知れません。

それにしても、間近で日大三の強打をみると凄いです。現時点では優勝最右翼だと感じます。
次戦は何と九国大付と対戦、両チームの打棒が爆発するのか、両投手が踏ん張るのか、かなり注目です。

甲子園はやっぱり良いですね。野球に集中し、幸せな時間をしばし過ごすことが出来ました。
負けてしまった学校はまだ夏があります。センバツを財産にまた頑張って欲しいですね。

Rimg0369

にほんブログ村 野球ブログへランキング参加しています

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (0)

大嶺、岡田、今岡、伊志嶺・・今日はマリーンズニュースが多かったですね

昨日に引き続き、今日も鎌ヶ谷ファイターズスタジアムにてホークスとの練習試合が行われました。
今日はマリーンズが7対1で久しぶりの快勝です。

まずは岡田の記事から。

【ロッテ】岡田三塁打!勝負強さアピール(ニッカン)


 ロッテ岡田幸文外野手(26)が、勝負強い打撃を見せつけた。ソフトバンクとの練習試合(鎌ケ谷)で6回の守備から途中出場。7回2死二塁で回ってきた初打席で、いきなり中越えの適時三塁打を放った。「甘い球を見逃さないように考えていた。いいアピールができたと思います」。昨季の日本シリーズでは第7戦で試合を決める適時打を打った。今季も勝負強さは健在だ。

何度か書いていますが、キャンプから通して観ていても岡田の充実ぶりには目を見張ります。去年の経験が自信になったのでしょうね。清田1番も良いけど、岡田1番も観たいなあ。ああ、困った。

一方、伊志嶺はフジTV「すぽると」で取り上げられていました。ちょっと空回りとのこと・・・定評のある守備でエラー、打では4打席ノーヒット。伊志嶺の能力は素晴らしいものがあります。開幕スタメンは微妙な情勢ですが、どこまでやってくれるか楽しみです。

次は久しぶりに今岡の話題。

ロッテ・今岡が同点適時打で存在感アピール(スポナビ・デイリー)


 ロッテの今岡誠内野手が30日、鎌ケ谷で行われたソフトバンクとの試合形式練習に「8番・DH」で先発出場。1点を追う二回無死一、二塁で打席に立ち、小椋のスライダーをしっかりと振り抜いた。打球は三塁・松田のグラブをかすめ、左翼線を抜ける貴重な同点適時打となった。
 「よかったです。これからも今日みたいな仕事ができるように頑張ります」。試合後は淡々と振り返った。移籍初年度に日本一を経験。今季は左投手が先発時のスタメン、もしくは代打での勝負強さが期待されている。西村ロッテ2年連続日本一へ頼れる存在だ。


代打の切り札がいると大きいです。今年は幸一がおりませんし(涙)右の代打として期待です。もちろんDHでも。

さて、私は年中絶賛応援中の大嶺。今日先発しました。このところ結果を残していますが、さらに安定感があったようです。

【ロッテ】大嶺に安定感5回1失点(ニッカン)


 ロッテ大嶺祐太投手(22)が30日、ソフトバンクとの練習試合に先発し、5回3安打1失点と好投した。1回に1点を失い、2回にも得点圏に走者を置いたが、3回以降は里崎のアドバイスでフォームを修正し、立ち直った。「今日のようにバランスよく投げられれば。去年に比べて、直球も強いボールが投げられている」と振り返った。すっかり安定感の出てきた投球内容に、西村監督は「投げるたびに状態が上がっている。(今までで)一番よかったのではないか」と褒めた。

大嶺5回1失点 先発枠入りに前進(スポニチ)

 ロッテの大嶺がソフトバンクとの練習試合で「三回から自分の思った通りに投げられた」と、三回以降を完璧に抑え5回1失点。西村監督は「きょうみたいな投球を見たら、考えないといけない」と話し、先発枠入りに大きく前進した。

 キャンプからのテーマは力強い直球を取り戻すこと。この日は最速144キロを計測するなど、徐々に成果として出始めた。ただ、本人は「理想までもうちょっと。バックネットにファウルを打たせられたら、自分の求めている直球になる」と満足していなかった。

ロッテの大嶺、5回1失点!先発6人目へ前進(サンスポ)

 (中略)
 立ち上がりは「力任せで投げていた部分があった」と一回1死二塁から、松中に右前適時打を許した。その後は「バランスを意識して投げた」と変化球が低めに決まりだし、三回以降は完璧(かんぺき)に抑えた。

 西村監督は「球の切れも一番良かったんじゃないかな。今日みたいな内容を見せられたら考えないと」と、大嶺の開幕ローテ入りの可能性を示唆した。

 ロッテの先発は成瀬、渡辺俊らすでに5人が当確。大嶺が6人目に入れば、4月17日に先発濃厚の同じ学年の日本ハムのドラフト1位、斎藤(早大)と投げ合う可能性が高い。大嶺は「自分が対戦するわけではないけど、同級生なので投げる試合は負けたくない」と闘争心を燃やした。(産経新聞)

いや~、嬉しいですね。スピードはともかく、大事なのは「キレ」です。これが出てきたというのは何より。また、この日は5回を無四球67球だったようです。この無四球というのが私は一番嬉しいです。タイプ的に四球はいくつか出す投手ですが、とにかく失点に繋がる四球が多いだけに、この結果にはちょっと安心です。
これで先発6番手にぐっと近づきましたね。晋吾の起用法が気になりますが・・。

他、マリーンズ投手は大嶺(5回)-吉見(1回)-大谷(1回)-山本一(1回)-薮田(1回)とつなぎ、6回以降は全員無失点。失礼ながら大谷がまだ1軍スタッフにいたのが意外でした。上野と中のポジションを争う形でしょうかね。
今日もニッポン放送ショウアップナイターtwitterアカウントにお世話になりました。本当にありがたいです。

さて、実は今出張で大阪にいますので、明日は選抜を観戦して来ようかと思います。
九州国際大学付属の強力打線対久しぶり躍進の北海、ひそかに私が一番注目している2試合連続完封中の加古川北・井上投手とこれまた強打の日大三打線、好投手の吉永君との対決。どちらも楽しみです!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

唐川微妙なるも伊藤は万全!

今日はなんとも珍しく、ファイターズ鎌ヶ谷球場でマリーンズ-ホークス戦が行われ、2対8でマリーンズが敗れました。
球場を貸してくれたファイターズに感謝ですね。

今日もまたニッポン放送ショウアップナイターのtwitterアカウントでの速報にお世話になりました。

先発はM唐川、H和田。唐川は多村のホームランと小久保の3点二塁打で4失点したようです。


【ロッテ】唐川反省の5回4失点


 ロッテ唐川侑己投手(21)が29日、ソフトバンクとの練習試合(千葉・鎌ケ谷)に先発し、5回を投げ6安打4失点(自責点1)だった。「今日は全体的に球が高かったし、フォームも安定していなかった」と反省した。

開幕まで後2週間です。唐川には柱となって貰わないと困りますから、修正して欲しい。彼ならやってくれるでしょう。
マリーンズの2点はテギュンのタイムリーと大松の森福から放ったソロホームラン。
投手は唐川-上野-古谷-川越-伊藤と繋ぎ、川越は福田にソロ、長谷川にセンターへ3ランを浴びたようです。伊藤は最終イニングをピシャリ抑えたようです。

西村監督コメント
「唐川はボールは悪くないのに打たれたのは高めに浮いた。考えて投げて欲しい。伊藤は良かったね。どこで投げるかは決めてないが、前半戦の抑えは状態が良い人を使います」

このコメントからすると当面は伊藤で抑えになりそうです。期待しましょう。
少し気になるのが、清田が足の張りを訴え、途中交代したとの事。西村監督によると「お客さんもいないし無理をさせることはない」との事で、軽症なら良いのですが。しかし今日は伊志嶺が二塁打を放っていますし、清田もうかうかしていられません。

27日に戻ってきたテギュンですが、なかなか骨のある事を言ってくれています。

テギュン合流、主砲の自覚「チームで練習を」

 東日本大震災の影響で一時帰国していたロッテの金泰均(キム・テギュン)が、QVCマリンの全体練習に11日ぶりに合流。

 韓国ロッテ2軍で調整を続けていたといい、投内連係では軽快な動きを見せた。他の外国人選手は4月上旬に合流予定だが「(震災は)向こうでも大きく報道されているけど、チームで練習した方が効率がいいし、(チームを)離れるのはいい気がしなかったので」と主砲の自覚を見せた。29日のソフトバンクとの練習試合(鎌ケ谷)から復帰する。

さすが儒教の国、韓国の人!嬉しい、心強い事を言ってくれますね。この言葉だけで、今年の飛躍を期待したくなってしまいます。

確か明日も鎌ヶ谷でホークス戦。成瀬、唐川と投げているので明日は俊介ですかね?


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

マリーンズ選手が千葉県の小中学校慰問へ。 ほか、つらつらと・・・

今日はとりたててマリーンズネタも無く、なんか私の頭はぼ〜としています。花粉症という訳でもないのですが。
東京では桜が開花したようですね。
未曽有の震災が起きて、桜の開花などすっかり頭から無くなっていました。被災地、特に東北の方で桜が咲くのはいつごろになるのでしょうか。桜が咲けば「色彩」が生まれます。まだまだ冬の名残りが続く東北では無かったであろう鮮やかな桜の色・・それが少しでも心に潤いをもたらすことが出来ればなあ、と思います・・・。

被災地と言えば、あまり具体的な動きの見えていなかったマリーンズに震災支援の記事がありました。

ロッテ選手が被災地の小中学校慰問へ(サンスポ)

 ロッテは28日、東日本大震災で被災した千葉県旭市などの小中学校を慰問する方針を明らかにした。選手会が発案し、4月12日の開幕前に実施する方向で調整している。
 県内は津波や液状化現象などにより、多大な被害が出ている。サブロー選手会長は「(被災した地域の)給食がパン1本、牛乳1本だけというニュースを見た。地元球団として、何かお手伝いできればいいと考えた」と経緯を説明。選手だけでなく、首脳陣も慰問する予定で「短期間で終わらせず、時間を見つけて年間を通してやっていきたい」と話した。(産経新聞)

マリーンズは関西遠征が続いた事もあり、なかなか具体的に震災に関してのアクションが取りにくかったと思うのですが、これは良いですね。
やっぱり千葉県の球団ですし、地元に対して行動してくれるのは嬉しいです。千葉も被災地ですし・・。何より子供たちが喜ぶと思います。
開幕に向けての調整もありますし、なかなかいろいろな所に出向いたりはしずらいでしょうけれど、少しでも力になれたら良いですね。

一方、浦和マリーンズはまだまだ冬から目覚めていないようです。開幕6連敗となってしまいました。ファームは勝ち負けが第一ではありませんが、勝利の味を知ることも大事な事・・・。1番生山、2番角の新打線も始まったばかりです。焦る必要はありませんが、早く「開花」して欲しいなあ。
投手では晋吾と那須野が2回ずつ先発しているのが目を引きますね。晋吾は1軍先発に向けての意味合いもあるでしょう。意外なのが那須野。今年は厳しい立場です。見方によっては最後のチャンスを貰っているのかも知れません。2度とも失敗していますし、正念場ですね。去年先発していた西野は開幕戦では後ろに回りました。ファームでの投手起用は1軍の起用法に繋がりますし、注目です。

甲子園、センバツでは東北高校が登場しましたが、惜しくも敗戦しました。やっぱり調整出来ていませんでしたし、気持ちの問題もありましたから難しかったでしょう。
この甲子園はあまり良い思い出にはならなかったのかも知れません。けれど、今回の状況の中でも甲子園でプレー出来たという事は、今はわからなくても必ず財産になるかと思います。
東北に戻ったらまた厳しい被災地の現実が待っていますが、夏に向けて頑張って欲しいなあ。

今日はとりとめもなくダラダラと書いてしまいました・・・・。
たまにはいいかな。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

抑え候補の新外国人獲得か?支配下枠は埋まってしまう・・・

前々から話の出ていた抑え候補の新外国人投手。獲得の話が現実味を帯びてきました。

【ロッテ】Dバックスのロサ投手を獲得へ(ニッカン)

 ロッテがダイヤモンドバックスのカルロス・ロサ投手の獲得に乗り出していることが27日、分かった。石川晃球団運営本部長は「どういう状況か調査しているところ。候補はもう1人いる。早急に進めたい」と説明した。

 ロサは2008年にロイヤルズでメジャーに昇格し、昨年からダイヤモンドバックスでプレー。3年間で主に中継ぎとして31試合に登板し、0勝2敗1セーブ、防御率3・97だった。今春のオープン戦では、勝敗は付いていないが、10試合に投げて防御率3・00の数字を残している。

この記事は共同通信の配信らしく、他誌でも同じ内容で「候補はもう一人」とありますが、マリーンズの御用新聞スポニチでは獲得、という流れのようです。

待望「ポスト小林宏」!Dバックス153キロ右腕獲得へ

スポニチがそう書くという事はロサで決まりの可能性が高いですね。しかし、どうなんでしょうね・・・この時期に獲得って、それほどの選手ならばテストのマクローリーでなくて最初から獲得すれば良いのに、と思います。メジャーの開幕ロースターから外れたのかな。去年のペンはウェーバーにかかってからの獲得でしたし、状況が違います。どうなんでしょう、今までの日本プロ野球の歴史からするとそういう選手は外れる事が多いのですが・・・最近のマリーンズ編成は私の考えと違って最近はいい仕事してますし、「見る目」はあると信じたいところですが。

しかし、前のエントリー「育成選手の目標を奪うな 〜現有戦力で抑えを!」で書きましたように、もし支配下枠を埋めてしまうとなると、育成選手の昇格枠が無くなります。これは・・・どうなんでしょう?
一つ考えられるのは何もせずとっとと帰国したマクローリーの解雇ですね。契約形態がわからないので、違約金が発生するのかわかりませんが(テスト入団という経緯を考えると無さそうですが)払ってでも解雇すべきかと思います。
枠がいっぱいで育成の上がる余地がないとなると、それでも育成選手を抱える球団の姿勢が問われることになります。前の記事では「本末転倒」との指摘をコメントでいただきましたが、私はこのいびつな形は認めることが出来ません。もう一度私の考えを言いますと、現状からカバーするか、もしくはマクローリーの解雇で枠をあけるべきです。
もちろんトレード(金銭もしくは2対1とか)もありえますが、このタイミングで枠を空けるためのトレードというのはそれこそ本末転倒だと思います。

まあ、まだ獲得も決まっていない中での話ですが、枠の問題を含めた球団の姿勢を注意して見ていきたいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

先発6人目は誰になる? 密かに火花を散らす先発争い

QVCマリンフィールドの修繕工事は12日開幕に向け急ピッチで進められているようですね。有り難いことです。

さて、マリーンズの先発は今のところ成瀬、俊介、マーフィー、唐川、ペンはほぼ確定でしょう。
残るは後1枠なのですが、大嶺、光原がその座を目指して凌ぎを削っています。

【ロッテ】大嶺、久々実戦5回1失点(ニッカン)

 ロッテ大嶺祐太投手(22)が23日、楽天との実戦形式の合同練習に先発した。5回を投げて5安打1失点(自責点0)。11日の2軍戦以来の実戦登板で粘りの投球を見せた。「久しぶりの試合だったので、いろいろな球種を試してみた。いい球と悪い球の差が大きかったので修正していきたいが、走者を出してから粘ることができたのは収穫」と振り返った。

ちょっと前になりますが、23日の楽天との練習試合で大嶺が好投したようです。本人のコメントしか情報はありませんが、走者を出してから粘れた、というのは朗報ですね。今までは余計な四球が傷口を広げる原因になっていました。四球の数が気になるところです。

そして26日、ファイターズとの練習試合では光原が好投しました。

ロッテ・光原、開幕ローテを猛アピール(スポナビ・デイリー)

 「試合形式練習、日本ハム3‐3ロッテ」(26日、札幌ド)
 オリックスからトレード移籍したロッテ・光原が開幕ローテ入りへ猛アピールした。三回を三者凡退とするなど、5回5安打ながら2失点の粘投。「シュートが良かったので続けていきたい。こうやってずっと1軍にいることは少なかった。感謝です。一生懸命頑張りたい」と必死さがうかがえた。


オープン戦、キャンプ紅白戦で投げたのを観た限りではもう少し一つ一つのボールに力とキレが欲しいな、と思ったのですが、シュートを使っているのですね〜打たせて取るピッチングと言う事かな?
1軍にずっといられることに感謝、というコメントはちょっとグッと来ますね。
大嶺大好きな私としては大嶺に先発の座を掴んで欲しいという気持ちが正直な所ですが、競争に勝って掴み取らないと。ショート、外野も競争です。もちろん先発枠も競争です。
マーフィー、ペンの一時帰国で調整がどうなるのか少〜しだけ不安ですが、大嶺なり光原なりが先発を伺うことでバックアップにもなりますし、良いことだと思います。

・・・ところで、晋吾の今年の起用法はどうなるのでしょうね?中継ぎなのか・・・。
晋吾にはやっぱり先発して欲しいのですが、後ろに伊藤か薮田が回るとすると中が手薄になりますからね。晋吾の起用法も注目です。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

週刊「プロ野球データファイル」を毎週買う!って人はどのくらいいるのか?

ベースボールマガジン社から週刊「プロ野球データファイル」なる週刊誌が創刊されました。
http://www.sportsclick.jp/baseball-df/index.html
週刊ベースボールでも広告を打っていたので、ご存知の方、既に手に取った方もいらっしゃるでしょうね。
宣伝文句には
「日本プロ野球誕生から現在に至るまで、一度でも一軍で試合出場した約6000選手のデータを全100巻で網羅」
「球史に深く名を刻んだ1000選手はより詳細なデータを掲載」
他にも「名勝負ファイル」「都道府県別出身校ファイル」などとあります。
定価は580円、創刊号のみ380円です。ディア◯スティーニ商法ですね。

そんな訳で、とりあえず私も創刊号を買ってみました。

創刊号はバインダー付き
Dscf2366_2

何と言っても白眉は最大の売りである「全6000人選手名鑑」
これは凄いです。資料に当たるのが相当大変だったろうな、と想像。何しろ戦前の選手もいる訳で、顔写真、プロフィール、成績を調べるのは気の遠くなるような作業でしょうね。

例えば、「青木正一」さんという選手がいらして、「37年にタイガース(阪神)に入団するが、39年末に応召し、復帰せずそのまま引退」とあります。戦争から帰還されて、怪我をしたのか、家を継がなくてはならなかったのか、それとも戦争を経験した事で心境の変化があったのか、などといろいろと思いを馳せてしまいます。
2009年にジャイアンツを引退し現2軍コーチの「会田有志」は父親がプロ野球選手なのですが、その父「会田照夫」さんの名前がすぐ上にあったりします。かと思えば去年マリーンズを引退した「相原勝幸」の名前も並んでたり、カープの現役投手である「青木高広」の名前があったりもします。

プロ野球はその時代時代の選手から選手へと60年ずっと受け継がれて今のプロ野球があるのだなあ、と実感します。

Dscf2368

これ、全選手揃えたいな・・・。
でも、毎週580円。高い!痛い!他にも買う物あるし〜。でも月に2,320円と考えるとそうでもないのかな?と思ったり。しかし、全巻揃えると実に57,800円!こ、これは・・・。
しかも全巻刊行された後に、全選手名鑑が発売されたりしたら相当ショックですよ、これ。

私は「継続」っていう行動が全くダメなんです。連続週刊誌どころか連ドラすらしょっちゅう挫折する人間なのに・・・。
とりあえずしばらくは買うかも知れませんが、続かない予感がありありです。
果たして、世の野球好きはどのくらいの人が、どのくらいの意気込みで買うのだろう?興味ありますね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

さあ、仕切りなおしてパ、セ同時開幕だ!

すったもんだの果てに、パと同じ4月12日開幕を決めたセ・リーグ。

セ・リーグの発表(NPB公式)

 セントラル・リーグは24日、理事会を開催し、今季の連盟選手権試合について下記のように発表しました。
セ・リーグの開幕日を4月12日とする。

4月中の東京電力・東北電力管内でのナイトゲームを自粛。(東京ドームでは4月中、デーゲームも実施しない。)

延長戦は3時間30分を超えて新しい延長回には入らない。(最大12回まで。3月19日発表の「9回打ち切り」から変更。)

 本日の発表事項は、次回のオーナー会議での承認を経て正式決定となります。

これまでの経緯はもう、ほんとに呆れるばかりではありましたが、最終的に折れたと言う事でいろいろと言うことはもうやめましょう。いや、やめたい。もちろん個人的には水に流せるかコノヤロウという思いはまだまだありますが、あんまりブログでネガティブな事を言うのも嫌ですしね。

某球団某役員、オーナー、代表の数々の発言は絶対に忘れませんし、特に交流戦にまつわるパ・リーグを恫喝するかのような発言、またパ・リーグを見下すような発言にはいつまでセが上だと思ってんだ、というよりもまだそう思ってるの?と失望と失笑を覚えました。そんな意識を持ったままでは成長的発展は望めませんよ・・・。あれ、言ってしまった。

ともあれ、4月12日開幕で(ほぼ)決まりました。
選手たちはこれでようやく落ち着いて調整出来るでしょう。

パ・リーグの開幕は、ライオンズが西武ドームでのデーゲーム開幕を断念しファイターズ主催で札幌開幕を決めた為

◯バファローズーホークス 京セラドーム大阪 18:00(?)
◯ファイターズーライオンズ 札幌ドーム 18:00(?)
◯マリーンズーイーグルス QVCマリンフィールド デーゲーム
となりました。

残念ながらイーグルスとホークスは開幕権をゆずる形となりましたが、来年以降考慮されるでしょう。(平日開幕ですし「いいよ」となるかも知れませんが)

これからは12球団の互いの協力が不可欠になります。ジャイアンツは4月中本拠地東京ドームの使用が出来なくなった訳ですし、マリンを貸し出すにしろ、プロ野球界で横の連携・協力を密にして欲しいですね。そして球界全体で盛り上げ盛り立てて行きましょう。
(また、イーグルスはイースタンリーグの4月中の主催試合を他球団本拠とする事を決めました。こちらも各球団の協力が必要です)

今回の件でプロ野球界は間違いなく世間の反発を買い、株を落としましたが、これからのプレーで野球好きはもちろん興味の無い人でも「プロ野球ってやっぱり面白いね」とか「いい試合するじゃん」と思えるような試合を期待したいです。
最悪12月に野球していることになるかも知れませんが、勝ち進まないとそれもないでしょうから、12月のマリンなんて想像するだけで恐ろしいですがそこは喜んで我慢しますので、今年もマリーンズには一番長く野球をやって欲しいです。

そして、なによりも・・・被災された方々が野球を楽しむとまではいかないまでも・・・野球を観ている間は辛いことを忘れられたり、気分転換が出来たり、力が出てくる・・・野球がそんな存在になれるような、そんな時が一日でも早く来ることを本当に祈っています。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾プロ野球界からも日本にエール! 〜野球人の想いは国境を超える

こんな嬉しい記事がありました。

「加油(がんばれ)! 日本」 台湾プロ野球も被災地にエール(MSN産経ニュース、画像も)

Bbl11032319180046p1
台湾プロ野球の外野フェンスに掲げられた横断幕=20日の兄弟-統一戦(CPBL提供)

 19日に開幕した台湾プロ野球・中華職業棒球大連盟(CPBL)でも東日本大震災の被災地、被災者に向けた支援活動が行われている。

 開幕戦となった兄弟エレファンツ-興農ブルズ、翌20日の兄弟エレファンツ-統一ライオンズ戦では、バックネットや外野フェンスに「加油! 日本(がんばれ日本)」の横断幕が掲げられた。またダッグアウトには被災者への見舞いと復興を祈念した千羽鶴が飾られ、選手は自主的にヘルメットへ「加油! 日本」のシールを張ってプレーした。

 また楽天でプレーした経験のある兄弟の林恩宇投手らは試合前にファンへ募金を呼びかけた。横断幕は他の球場でもしばらく掲げられるという。

週刊ベースボールには、この他にも募金活動を行ったり親会社からの寄付、4球団全選手の1日分の給与額を寄付という記事もありました。

嬉しいですね・・・・何よりも気持ちが嬉しいです。台湾ではテレビのチャリティー番組で義援金20億超が集まったとも聞きますし、隣国の気持ちってやっぱり嬉しいですね。
台湾からこんなにエールが届いているのに日本のプロ野球界は何をやっているのか・・・・。

危ない、また愚痴になりそうでした。
今年はアジアシリーズ初の台湾開催も決まっていますし、マリーンズには林、蔡と台湾出身選手もいます。どんどん野球界でも交流を深めていければどんなに良いか。
台湾プロ野球も歴史的にいろいろあったり去年も八百長やらなにやらで激震が走っていますが、台湾プロ野球も「加油!」です。
野球人に国境はありません!お互いに発展して行きましょう〜!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

センバツが始まった!

第83回選抜高校野球大会が開幕しました。
一時は開幕も危ぶまれましたが、甲子園大会はプロの「興行」とは違って本来高校球児のためのものですし、開催したほうが良いと思っていました。
応援も鳴り物禁止にせずいつもどおりにして欲しいな、と思いますが、東北高校始め被災地域からの学校は応援もままならない状態ですから、「自粛」という意味の他にそちらへの配慮もあるのかも知れませんね。

第1試合では新潟代表の日本文理が初出場の香川西を8ー1で下しました。日本文理はご存知一昨年の夏準優勝校でもありますし、勝利にそんなに驚きはありませんが、よくよく考えると新潟勢が選抜初戦を勝つって言うのも凄いことです。選抜始まって以来ずっと勝てず、2006年だったかな?日本文理がやっと初勝利。今では当たり前とも思えるくらいですから・・時代は変わりますね。

第2試合では九州国際大学付属がこれも初出場の前橋育英を7ー1で下しました。九国大付はなんと2,3,4,5番がホームラン。しかも1イニングに3ホームラン・・・なんですかこれは。今時の高校生はもう・・・。
九国大付は以前東北高校の監督を務められていた若生さんが監督なのですが、東北高校時代のチームカラーとかなり違うので驚いています。現巨人育成の河野元貴が捕手だった2年前の夏の甲子園でも九国大付の選手のスイングスピードの速さには驚きましたが・・・みんな凄い。いやはや。

第3試合では史上最速、創部一年目で甲子園を決めた創志学園と、創部110年の北海高校の対戦という好対照チーム同士の対戦でした。締まった試合展開の中、北海が2−1と辛勝。創志学園初の甲子園、力及ばずでした。創志学園はとても興味があったので録画しておいてさらっと見たのですが、先発のエースの富田君が甲子園の雰囲気に呑まれてしまったのか、自分の投球が出来なかったですね。本人は悔しいなんてもんではないと思います。まだ夏が(それも2回!)ありますし、バネにして頑張って欲しいです。それにしても新2年生と言ったってまだ全員実質一年生ですからね・・・まだまだ先があります。
創志学園と言えば選手宣誓をした主将の野山君、落ち着いてはっきりと宣誓し、素晴らしい宣誓でした。メッセージがはっきりと伝わって来ました。
それにしても北海高校はいつも小柄な選手がレギュラーに入って頑張ってる印象があります。今日は身長161cmの磯田君がセンターで良いプレーをしていました。何年か前の夏は158cmくらいのセカンドがいたと思うのだけど・・・北海高校と言えば前ヤクルトの若松を代表に、小柄な好選手の伝統が連綿と続いているようで面白いですね。

今日は初出場校には厳しい甲子園となってしまいましたが、まだ夏があります。貴重な経験として糧にして再スタートして欲しいですね。

さあ、高校野球は開幕しました。選手たち、まず自分たちの為に全力プレーを!


にほんブログ村 野球ブログへランキング参加しています

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

DVD「千葉ロッテマリーンズ 20年史」が届きました

セの行動にいちいち腹が立ち・・・。それも嫌なので、ちょっと呑気な記事を。

注文していました、DVD「千葉ロッテマリーンズ 20年史」がこの連休中に届きました。軽くさわりだけのつもりが、気がついたら全部観てしまった・・・・。

Amazonmarines20_4
Amazon.co.jp(単純リンクです)
http://www.amazon.co.jp/dp/B004GGSTCA

これはタイトルどおり、1992年に千葉ロッテマリーンズが誕生してからの20年を紹介するものです。正確には19年、今年のシーズンが20年目ですね。

はっきり言ってしまうと内容は特に工夫も無く、一年一年のトピックをただ流すだけです。起伏もなく、たださらさらと水が流れるが如く淡々と映像は流れるのですが・・・それでも、堪能してしまいました。

私は1992年、ロッテオリオンズが千葉に来て、千葉ロッテマリーンズとなったと同時にファンになりました。そのころは千葉の実家にいたので、「オラが町にプロ野球球団が来るなんて!」(船橋なので正確にはオラが県、ですが)と本当にそれはそれは嬉しかった事を覚えています。

大リーグを連想させる千葉マリンスタジアムの威容。衝撃的なピンクユニフォーム(笑)。
一年目、ルーキー河本のとんでもないキレのあるストレートに象徴される新生ロッテ。
しかしロッテはやっぱりロッテ、いきなり最下位。
衝撃的だったボビー・バレンタインの来日と、確執。
地獄の18連敗。山本功児長期政権下での低迷・・・。
それでも小宮山が育ち、伊良部が育ち、ジョニーが育ち、小坂が育ち、西岡、今江が育ち・・・・。

懐かしい場面のオンパレードでした。
今はスカウトの松本尚樹(かなり好きな選手でした)、背番号70番時代の福浦、現広報の榎さんの初勝利などの映像も見逃せません。
(「川崎劇場」とあったので、当時のCMが見られるかと少し期待しましたがさすがにありませんでした。しかしこれ、他球団ファンの人が見ても楽しめるかも。野茂や近鉄、ほか懐かしい顔がばんばん出てきます)

ただ、私みたいにマリーンズの誕生と共に記憶のある人間にはこれでも楽しめましたが、途中からとか最近ファンになった方の事を考えると、もうちょっと親切な構成でも良いんじゃないのか〜と思います。
簡単な球団史でも、選手の移り変わりくらいでも良いので、小冊子とかもしくは映像の合間に出来事を節目節目に挟むとかしても良かったんじゃないかなと。
要は、映像以外でも変遷が分かるようにして欲しかったなあ。
ナレーションはもちろんありますが、字幕も何もないので、ちょっと全体像を掴みにくいかも知れません。

それでも、新・盗塁王小坂が出現し、同じ年に現監督の西村が引退したりとか世代交代も感じられますし、今のマリーンズにはこれだけの歴史とバックボーンがある、と知る事はとても有意義なことかと思います。
応援スタイルの変化を伺う事も出来ますし。
ボビーの出現はマリーンズにとって重要な、とても大きな出来事だった、とも改めて思いました。

ふと思ったのですが、ルーキーに毎年このようなDVDを見せて球団の歴史を知ってもらう、というのも一考かも。

観て損はないDVDだとは思います。
開幕までの「野球不足」を補うのに良いかも知れませんね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

どこまでもファンを馬鹿にするセの提案

様々な反響を及ぼしているセの延期問題。
悲しくまたささくれだった気持ちになってくるので控えていたのですが、時間が経ってちょっと落ち着いて来ましたので、野球ブログである以上やっぱり触れておきます。

セ・リーグ連盟は「ファンの皆様へ」という文書を発表しました。その中で「対処策」を箇条書きにしています。

1.セントラル・リーグの開幕は延期して、3月29日開催といたします。
2.開幕後4月3日までは、東京・東北電力管内のナイトゲームを取りやめ、デーゲームといたします。
3.4月5日から東京・東北電力管内のナイトゲームは「減灯ナイター」とし、大規模節電策を講じます。その他の球場においても節電対策を推進いたします。
4.節電策の一つとして、今季のレギュラーシーズンについて延長戦は行わず、9回で打ち切りといたします。
5.東京・東北電力管内では、夏場の試合開催にあたって、可能な限り、デーゲームとすることを検討いたします。
6.被災地対策、観客の皆様、選手、球場の安全確保や節電問題等に対処するため、震災対策会議を設置し、選手たちと連携してこの難局を乗り越えて参ります。

重箱の隅をつついたり揚げ足を取るつもりはありません。ですが、これだけは言いたいという事があります。

1,2の29日開催と3日までのナイター取りやめ
3日までナイターをしない、という事は5日からナイターはあり、という事ですが、日程を見てみると5〜7日まで東京ドームで巨人阪神戦があるのですよね。ジャイアンツとしてはかなりの集客が見込めますからこの3連戦はどうしてもやりたいのでしょうね。うがった見方かも知れませんが、どうしてもその辺りを邪推してしまいます。

3の減灯ナイター
ジャイアンツの発表ではグラウンドやスタンドの照明を落とし、外灯や周回通路の照明を消したり最小限まで落とす、という事のようです。
観客の安全が確保されるのであれば通路の照明を落とすなどは異存はありません。しかし、グラウンドの照明を落とすといいますが、今までの照明はプレーに必要な照度を綿密に計算した結果ではないのでしょうか。照度を落とす事によってこれで果たして選手が最高のプレーを発揮出来る環境になるのでしょうか?「最高のプレーで夢を与える」と言うのならば、照明を落とすという選択肢はありえないでしょう。また、照度が落ちることによって、バッターからすると投球が速く見える、という問題も出てきます。(ナイターはデーゲームより球が速く見えます)

の延長戦を行わず9回打ち切り
何より腹立たしいのはこれです。9回で終わり?なんですかそれは。ただでさえ現状の延長12回打ち切りだって本来の野球の姿とは違うものなのに・・・・9回引き分け終了という試合を観させられる方からするとたまったものではありません。9回で終了ならつぎ込む投手起用もシンプルになって来ますし、監督としては助かるでしょうねえ。でもそんな後ろが決まっているような試合、観たくありません。
延長戦に関してはパ・リーグも3時間半を超えて延長に入らない、と言う決定をしましたが、野球って言うのは時間でプレーする競技ではないと言う事は忘れて欲しくありません。パの肩を持つと、セが9回打ち切りという方策を打ち出した為に仕方なく対応策を出した、という感もあります。
まあ、今まで「Let's省time」と言いながらも試合の合間合間でのダラダラさは殆ど変わりませんでしたから、パはこれをキッカケにキビキビとした姿勢を見せて欲しいものです。

5の夏場のデーゲーム
去年猛暑で7月、9月のデーゲーム開催すら見直すって言っていたのにデーゲームにしてどうするのか。選手のコンディション、観客のコンディションはどうするのか?夏場の電力需要供給状況にも依って来ますので一律ナイターは難しいかも知れませんし、これに関してはまだ検討の余地はあるかと思いますが、せめて16時頃開始にするなど考えても良いかと思います。

要は、急いで開幕しようとするからこんなに無理が出てくるのだと思います。

たった4日ずらすなんて提案、小手先もいいところで、ファンをバカにするにも程があります。小賢しい浅知恵のついた子供を連想しますね。
結局の所、ファン不在、選手不在、存在するのは自らのエゴのみ。何よりも「被災者への思い」がちっとも伝わって来ません。

今更言っても何も変わらないでしょうが、例えばまるまる1ヶ月、西日本で「東北支援リーグ」として12球団総当りリーグ戦をし、その収益はNPBで一括管理して係る経費分などを差し引いて復興支援に充てる、とかするのはどうですか?調整の場にも成り得ますし。その代わり交流戦は今年に限っては廃止。公式戦が減る分、球団からすると選手給料、つまり人件費の割合が上がりますからこのカップ戦の収益で充当するか、もしくは選手会側も譲歩案として、一定期間1軍登録されたものは一定の減額を呑むなどを提案しても良いかと思います。

これはひとつの例ですが、そのような可能性も考えず、熟考した様子も伺えずまず自分たちの「経済活動」ありきで考えている感がしてなりません。

スポニチの報道にありましたが、セはジャイアンツがゴリ押しをしたようで、未だにこの球団の影響力が強いのか、と妙に感心してしまいました。他の5球団にはもう少し骨を持って貰いたいですね。
まあ、ジャイアンツは今までの歴史もありますし、その存在感ゆえに経済界始め(燦燦会という「復興支援のジャイアンツ激励会」と意味の分からない宴会が毎年行われている事からも経済界の後押しは感じられます)各界からのプレッシャーもキツイのでしょう。巷で言われていますように頂点に君臨するご老人や代表だけの一存だけで決めているものでもないとは思います。
が、そういう歴史ある球団だからこそ、もっと大局的な目でプロ野球界の発展を考えて欲しいと思います。

ファンとて開幕が待ち遠しいです。でも、時期が来てからで良いです。今はまだ早い。
明日22日、文科省にお伺いをたてるようですが、結局これで通ってしまうような気がします。監督官庁の強いリーダーシップを期待したいところです。ほんとはコミッショナーにその役をお願いしたかったところですが・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2011年3月20日 (日)

今江1軍合流へ! 久しぶりに明るいニュース

セ・リーグの開幕延長決定に関して言いたい事は山ほどあるんですが、考えると怒りがこみ上げてきて私の精神衛生上よろしくないので今は触れない事にしておきます。

という訳で、久しぶりに明るいマリーンズのニュースを。

サンケイスポーツtwitter公式アカウントによると、今江が明日21日から1軍に合流するそうです。やっとですね〜思ったより時間がかかりました。開幕が予定通りだったら微妙な所でした(その場合は多少早めたかも知れませんが)。
これでサードは今江で決まり。ショートは荻野貴で行きそうですし、すると根元、細谷、高濱が厳しくなってきますね。でもサブもとても大事です。大変だけどプロの宿命、気を抜かずに荻野貴も含めまだまだ競争して欲しい。

また、こんなニュースもありました。

元ロッテ・喜多氏、母校・智弁和歌山に赴任!コーチも

 センバツに出場する智弁和歌山(和歌山)で外野手として96年春に準優勝、97年夏に優勝した元ロッテの喜多隆志さん(31)が4月1日付で母校に教諭として赴任することが19日、分かった。高校野球指導者の認定を受け次第、コーチに就任する。

 喜多さんは慶大を経て01年にドラフト1巡目でロッテに入団。06年の現役引退後は、スポーツ店で働くかたわら教職免許を取得していた。09年からは朝日大で教壇に立ち、自身のブログで「野球でも人としても日本一と言われるチームにしたい」と抱負を語った。監督通算1位の59勝を誇る高嶋監督は「くたばらないうちに来てもらわないと」と歓迎。後継者として帝王学をたたき込む。

元マリーンズの喜多隆志、記事中にあるように引退後は指導者目指して頑張っていました。
ブログにその奮闘ぶりが詳しいです。
喜多 隆志オフィシャルサイト

ここ最近はブログを見ていなかったのですが、努力してここまで辿り着いたのですね。
智弁和歌山は実のところあまり好きではなかったりするのですが(すみません)、これから気になる存在になりそうです。名門校なので苦労することも多々あるかも知れませんが、喜多なら乗り越えるでしょう。

喜多と言えばやっぱりこれ

ルーキーながら2試合連続のサヨナラ打は鮮烈でした。
これからの道も頑張って下さい!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

浦和マリーンズ開幕! イースタンリーグ M1ー3S

1軍の開幕問題をヨソに、イースタンリーグは粛々と開幕しました。
ファームは殆ど電力を使いませんし、「夢を与える」立場ではなくて選手が「夢を掴む」立場です。ファームの公式戦開幕は問題ないと思います。

ではありますが・・・ちょっと出遅れて浦和球場に着いたのが試合開始15分くらい前。既にわずかな客席は一杯。浦和は座れないともう観戦が苦しいのですよね・・・なので投球のボールも打球もロクに見えず、「ピッチャー投げた」「バッター打った」くらいしかわかりませんでした。しかも前半はまだバッターが見えたのですが、不自然な姿勢だったため移動し、後半はもう「ピッチャー投げた」しか見えない状態に。
浦和は・・・その存在は好きなのですけど、やっぱり観戦には向いてないですね〜それもあって最近は足が遠のいています。中でも土日は混んでちょっと辛い。今日はこんな状況の中で、しかも開幕でしたから特に多かったのでしょうけれどね。スワローズの戸田の方が観戦にはいいなあ。

それでも、沢山の人が来ていて、やっぱりみんな野球観たいよねえ、と。
好天の下、のんびり野球を楽しむという事が如何に幸せか、と言うことを実感しました。被災された方には落ち着いたら野球をゆっくり見て欲しいです。そんな時が来る事を切に願います。

Dscf2341

(2011.03.20 00:31追記)
なお、試合開始前に黙祷が行われ、両軍の選手は袖に喪章を付けてプレーしました。スコアボード上の連盟旗、球団旗は半旗で掲げられました。試合後には募金が行われました。
(追記ここまで)

さて、試合の方は晋吾が先発。今江がサードスタメンでした。ちなみにオーダーはこんなかんじ。

スワローズ
1右 上田
2二 荒木
3DH 中尾
4一 宮出
5三 野口
6中 松井淳
7捕 衣川
8左 雄平
9遊 山田
P 山本斉

マリーンズ
1左 生山
2二 角
3中 角中
4三 今江
5右 宮本
6遊 正人
7DH 蔡
8一 青松
9捕 雅彦
P 晋吾
マリーンズ投手:晋吾→坪井→林→松本→西野

詳細は明日にでも公式サイトに出るでしょうからここでは省略します。
前述したとおり細かい部分は全く分からないので結果のみ・・・晋吾は3回を4安打2失点(たぶん)。満遍なく打たれましたが、晋吾は心配無いでしょうし、まずまともに投げられたというだけで良しですね。怪我からの回復は順調でしょうか。

晋吾
S0012312

今江は動きを見る限りでは問題なさそうでした。いつ1軍に合流するのでしょうかね?・・・・というか今江がいると翔太が出られないではないか。
雅彦は左越えにソロホームラン。小池も浦和でしたし、今のところ1軍第三の捕手は金澤ががっちり守ってますね。雅彦は去年から処遇がちょっと・・・な気がしますがどうでしょう。

育成選手では、生山は守備位置への行き帰りの全力疾走が観ていて本当に気持ち良いです。何しろこの2年は全くと言って良いほどスタメン出場ありませんでしたから、本人もやる気にみなぎっているでしょう。いつも代走くらいで不憫でしたもん。先頭打者として、一打席目にはフルカウントから粘って左2塁打と、良いところを見せました。岡田の例もありますし、頑張って欲しい。
角はセンター前に2安打。角も生山と同じくほとんどスタメン出場なんて無かったですし、気持ち入ってるだろうなあ。今年こそ支配下を勝ちとって欲しいです。

角 試合後、黙々と独りで壁当てをやってました
Dscf2347

吉田は最終回に代走で出ましたが牽制死してしまいました。やってはいけないミスですが、先の塁を伺っての積極的牽制死ってことに無理やりしましょう。
蔡は楽しみだったのですが、ほとんど観られず。ガタイが良くて、打席ではなんだか雰囲気あります。もっとちゃんと観たい・・・大化けしたら面白いな、と思わせてくれる選手。
投手では西野が登板、1安打されましたが3三振を奪いました。去年は先発でしたが今年は起用法が変わるのかな?
育成選手は支配下枠の空きがわずか1枠と厳しい現実が待っています。支配下目指してみんな頑張って欲しいなあ。

さあ、イースタンは開幕しました!こちらは球春到来です!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(練習試合 B vs M)成瀬5回1失点 高濱タイムリー、根元ホームラン

なんかすっきりしない話が多かったので、ここでマリーンズの練習試合の話を。
18日、横浜スタジアムでベイスターズとマリーンズの練習試合が行われました。
殆ど情報は無いのですが、唯一「ニッポン放送 ショウアップナイター」Twitterアカウント@showup1242
が試合内容をつぶやいてくれました。
それによるとベイスターズ1ー8マリーンズだったようです。
以下、ツイートをいくつか抜き出して転載します。(中略あり)

------------------------

横浜ーロッテ、無観客練習試合 先発 三浦-成瀬

初回、三浦は2安打も無失点。成瀬は村田犧飛で1失点。横浜は石川の盗塁でチャンスを拡げた。

三浦、低め直球を多投。2回は三者凡退に。成瀬は2回、筒香に左安、三浦大輔に中安許すもどうにか失点なし。 #npb

3回表ロッテ。2番荻野貴司のタイムリー2ベースで同点。5番金澤のタイムリー、6番高濱タイムリー2ベースで3対1、逆転に成功。

三浦3回1死から失策から4安打浴びる。コントロール甘くなったか、セットポジションがバランス崩すのか…。

ロッテ4回表。8番根元がソロホームラン。3連続死球で押し出し。金澤に2点適当時打などで7対1。

三浦が3回途中から急変。高めに抜けたボールを打たれ5四死球と大乱調。

三浦、5回を投げ、10安打2三振5四球1死球7失点...。立ち上がりの制球の良さ、3回以降、消失。

成瀬、5回を投げ、4安打5三振無四球、1回の村田犧飛の1失点のみ。尻上がりに安定感増す。

成瀬『間隔が開いても5回を投げられたのは、いいこと。狙い過ぎたり、力を入れ過ぎたりで、シュート回転して甘くなるところもあったが、要所でよかった。自分の中で収穫はありました』

試合終了 横浜1-8千葉ロッテ 筒香4の1、高濱2の1・1打点。

千葉ロッテ・西村監督『成瀬はまずまず。野手もいいモノを出してくれた。それぞれ、いろんな思いがある中で(開幕延期が)決まった以上は、しっかり準備するしかない。考えてやっていく』

------------------------

5番金澤が面白いですね。少なくとも、タイムリー2本。
6番高濱、8番根元・・・根元はセカンド、高濱サードって事ですかね?
それにしても、私の記憶が確かならば根元はオープン戦で1発、教育リーグで1発と合わせて3発。
ショート争いの中では一番年上の根元が意地を見せているという所ですね。細谷の出番はあったのでしょうか。
成瀬はさすがの投球だったのでしょうね。高濱のタイムリー観たかったなあ。
それにしても、3連続死球って・・・マリーンズの選手は大丈夫だったのか・・・?

選手たちは調整が大変でしょうけれど、なんとか集中して頑張って欲しいです。
それにしてもこういうtweetは非常に有り難いですね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セ・リーグは日程見直し必至 プロ野球ファンとして恥ずかしい・・・

呆れるほど強引、傲慢に事を進めたセントラルリーグ。
当ブログで何度も言いましたが、セの主張する事に一理はあるものの、計画停電下にありかつ交通機関の混乱がいまだ続く関東圏でナイターをするという意義に対して明確な説明がないままでは到底納得し難いものがありました。
しかもこのタイミングで長嶋さんに「手書きの東北応援メッセージ」を書かせ、公表するというあざとさにうんざりする程の嫌悪感を抱いていた折、とうとう監督官庁である文科省から通達が出ました。

文部科学省:社団法人日本野球機構協会に対する通知について

平成23年3月18日

 標記の件について、本日、社団法人日本野球機構協会に対して添付のとおり文書を発出いたしましたので、御連絡します。
文書名:東北地方太平洋沖地震に伴う協力の御願い
22文科ス第1060号
平成23年3月18日

社団法人 日本野球機構
会長  加藤 良三  殿

文部科学副大臣
鈴木  寛
(印影印刷)

東北地方太平洋沖地震に伴う協力のお願い

 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、相当の供給力不足が発生している中、予測できない大規模停電を回避するため、計画停電が実施されるとともに、国民や産業界等の協力による節電の努力が続いております。
 貴機構におかれては、このような状況を踏まえて、電力の安定供給が確保できるまでの間、下記の点について、特段のご理解・ご協力をいただくようお願いいたします。

厳しい電力需給事情を踏まえ、計画停電が行われている東京電力・東北電力管内以外の地域で試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします。
特に、東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします。


副大臣名による「お願い」とNPBの顔を立てて最大限の配慮を見せてはいますが、「厳に慎むよう」という言葉にはほぼ強制力があると考えて良く、セの方針転換は必至でしょう。

また、海江田万里経済産業相には「電力の需給が逼迫(ひっぱく)していない地域で開催して欲しい」と言われ、蓮舫節電啓発担当相、果ては石原東京都知事にまで異議を唱えられるとまではコミッショナー、セ連盟、セ球団は恐らく考えていなかったに違いなく、今頃大慌てでしょうね。
推進役の一つであった某球団の某代表役員は自民党と太いなんてもんじゃないパイプがありますが、民主党政権の今ではそのパイプが活かせるわけもなく見通しも甘かったと言わざるを得ません。

で、セの対応はと言うと
ナイター回避要請に、セが声明

 セ・リーグは18日夜、文部科学省の鈴木寛文科副大臣から東京電力と東北電力の管内でのナイター開催を慎むよう強く求められたことを受け、以下のコメントを発表した。
 「本日の文部科学副大臣の協力要請を受け、文部科学省と協議して速やかに対応を決定します」。

だそうです。当たり前ですね。

しかし事はセ・リーグの問題だけではなく、ナイター開催に関してはパ・リーグも熟慮する必要はあります。4月12日の開幕そのものは動かないと予想しますけれど、ナイターに関しては判断が難しいところですね。
しかし、これでセ・リーグはやっと世間の常識と言うものを思い知ったでしょうから、今度こそパ・リーグも含め協調姿勢を見せて欲しいと思っています。

それにしても、この騒動はプロ野球ファンとして本当に恥ずかしかったです。野球に興味ない人達に魅力を伝えるどころかより一層の軽蔑を植えつける事になってしまったのではないでしょうか?
今回の件でファンが減る事はあっても増える事はないでしょう。

それでも、プロ野球の力が必要になる時は必ず来ます。
選手たちは調整とモチベーションの維持が難しいでしょうけれど、その時に最高のパフォーマンスを発揮出来るように頑張って欲しいです、ほんとに。


<<追記:ブログを更新している間にニッカンで速報(?)記事がありました>>
セ一転!開幕延期も…19日に臨時理事会

 セ・リーグが公式戦の開幕日を予定通りの25日から一転、延期する可能性があることが18日、関係者への取材で分かった。文部科学省のナイター自粛要請を受けて、巨人、ヤクルト、横浜の代表者が協議し、19日に東京都内で臨時理事会を開いて日程を再検討することになった。

 [2011年3月19日0時21分]

やはり見直しですね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月17日 (木)

欲しかったプロ野球界の「一体感」

既定路線のようにセ・リーグは予定通り開幕。
パ・リーグは4月12日開幕となりました。
コミッショナー声明やセ・リーグ声明に関して言いたいこともありますが、今ここではやめておきます。

何度も当ブログで言っておりますが、私はこういう時だからこそ「プロ野球界の一体感」を見せて欲しかった。パ・セ、バラバラな方向を向いているのが悲しいです。
セの経営陣だって人の子、被災地の復興は願っているでしょう。「夢を与える」と言う気持ちも嘘ではないでしょう。であれば、尚の事一致団結して「被災された方々を応援しています!」という強いメッセージが欲しかったです。
復興を願うならば、被災された方々との連帯感や一体感が何より必要だと思います。「共に歩む」という気持ちが重要だと思います。
その大前提として、まずプロ野球界が一体とならないと。これではスワローズ宮本の言うように独りよがりな「思い上がり」になってしまいます。傲慢でさえある、と言ってしまっても良いでしょう。
このままでは極端に言えば「見捨てた」とも捉えられかねません。

熟慮に熟慮を重ねて行き着いた先の結論であれば、ここまで失望感、無力感も無かったと思います。内心忸怩たる思いがありながらもセ・リーグの開幕を少しは支持出来たかも知れません。
返す返すもセ・リーグの強引な姿勢が残念です。

このままでは、選手も被害者になってしまいます。
明日18日、選手達でヒアリングを行い対応を考えるようですね。
ストを!との声もありますが、私としてはストは良い方法とは思えません。2004年の時とは状況が違います(あの時はプロ野球界の構造問題から選手雇用の問題に繋がりましたが、今回は単に意見の相違)。労働争議としても有効なテーマなのか微妙だと思いますし、正直、これ以上の混乱を招いて野球界の醜態を見せてほしくありません。
本来は話し合いがベストなのですが、球団経営陣が選手の言う事に聞く耳持たないことはこの数日、いや2004年や今までの野球界を見ていても自明ですからね・・。
でもストは避けて欲しい。”最終手段”としてストしかない、となったら消極的ながら支持はしたいと思います。

いろいろな人の意見は参考になるかと思いますので、次の記事のリンクをご紹介しておきます。

識者も賛否両論…セ予定通り開幕「プラス大きい」「怒り感じる」(スポニチ)

また、昨日に引き続き、選手たちの声をピックアップしておきます。
とにかく、選手たちを悪者にすることだけはいけません。

【ロッテ】成瀬が球界の一致団結訴える(ニッカン)

 ロッテのエース成瀬善久投手(25)が17日、あらためて野球界の一致団結を訴えた。登板が確実視されていた3月25日の開幕戦が延期となったが「開幕も大事かも知れないが、みんなで何ができるかが大事。プロ野球界みんなが問われている。考えていかないといけない」と話した。

【巨人】亀井開幕日程「何もいえない」(ニッカン)

 (中略)東日本大震災の影響によるプロ野球の開幕日程については「(考えとして)個人的なことは何も言えないですね。みんなそれぞれ(意見が)あるだろうし」と、話した。

巨人の選手は発言しにくいでしょうね・・・・

ちょっと長いですが、全文。

25日開幕に選手複雑…新井会長「残念、悔しい」 

 一貫して、両リーグの開幕延期を訴えてきた。日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)は「要望が受け入れられず、残念。悔しい」と唇をかんだ。

 球団側が主張する野球で被災者を勇気づけるという考えは、選手も同じだ。ただ被害が拡大する中での開幕に対しては、時期尚早との意見が多かった。

 母親ら親族が宮城県石巻市で被災した横浜の新沼慎二選手「個人的には、何で(両リーグに)差があるのか分からない。プロ野球は12球団で、6球団だけではない」と足並みの乱れを嘆く。

 18日には各球団の選手会が再度話し合いの場を持ち、意見を集約する。新井は「ボイコットの可能性もゼロではない」と含みを持たせつつも「選手もファンも望んでいない。悲しむのはファン」ヤクルトの宮本慎也選手も「常識的に考えたら(ボイコットは)ない」と言う。複雑な思いを抱え、25日のグラウンドに立つ。

 ロッテのサブロー選手はセ・リーグの選手を思いやり「やるべきじゃないと思っている中で、無理やりやらされる感じになる。かわいそう」と声を落とした。

 ▼日本プロ野球選手会・新井貴浩会長(阪神)の話 残念。悔しい。被災された方、まだ今も安否不明の方、避難所で生活されている方のことを思うと、本当にいま開幕していいのかというのが、選手会の総意。時期が早すぎる。

 ソフトバンク・秋山幸二監督の話 チームとしてその開幕に合わせて調整し、万全な形でシーズンに入っていきたい。震災を受けられた方、ファンの方に少しでも元気と勇気を与えられるように頑張りたいと思います。

 ▼広島・石原慶幸選手会長の話 今の状況でやるというのは複雑。(選手は)みんな同じ気持ちだと思う。気持ち的に整理がつかない。

 ▼オリックス・岸田護選手会長の話 選手間でも話しましたが、被災地の様子を見ていると、予定通り開幕というのは、適当ではないと思っています。

 ▼楽天・嶋基宏選手会長の話 被災された方のことを考えると何を申し上げていいか分かりません。いまは野球に集中するのが難しい。ただ開幕が決まったことで、それに向けて一つにまとまらないと。

 ▼ソフトバンク・川崎宗則選手会長の話 「パ・リーグが開幕してよかったな」と思っていただけるような全力プレーをお見せできるよう、しっかりと準備していきたい。また被災者の皆さんへの支援も、われわれにできることを考え、しっかりと続けていきたい。

 ▼阪神・鳥谷敬選手会長の話 要望が受け入れられず残念。ほかの選手の意見も聞きながら、今後の対応を相談していきたい。ただ一方で、いつ開幕しても最高のパフォーマンスをファンの前でできるように、準備だけは選手一同しっかりとしたい。

 ▼横浜・新沼慎二選手会長の話 選手会の意見を聞いてから考えたいので、今はまだ何も言えない。個人的には、なんで(両リーグに)差があるのか分からない。日本のプロ野球は12球団で、6球団だけではないと思う。

 ▼中日・森野将彦選手会長の話 球団から25日の開幕で協力してくれということだったので快諾した。多くの人に来てもらえれば、募金にもつながると思う。野球を通じて力になれると信じている。

 ▼日本ハム・田中賢介選手会長の話 パ・リーグの開幕延期については、被災地の状況や選手の思いを十分理解していただいたと率直に思う。北海道から支援の輪を広げていけるような活動をできる限りやっていくつもりです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (2)

選手たちの想いは・・・

長くなってしまうので、連投しました。
この状況で選手たちはどう思っているのか?
記事やtwitterから拾ってみます。

プロ野球:開幕、結論先送り 選手、監督は否定的(毎日新聞)

 開幕延期か、予定通り実施か--。日本プロ野球組織(NPB)は東日本大震災を受け15日に臨時実行委員会を開いたが、今月25日に予定される開幕を延期するかについて継続協議とした。しかし、震災の影響が少なかったセ・リーグは予定通りに開幕する方針を固めており、一方、被災地・仙台を本拠地とする楽天が属するパ・リーグは延期の方針でまとまっている。NPBは17日にも結論を発表する見通し。16日には、セの各チームで球団側が「25日開幕」の方針を選手らに説明したが、選手たちからは「まだ、そういう段階ではない」と批判の声が上がった。【プロ野球取材班】

 「予定通り開幕」を強く主張する巨人は16日、清武英利球団代表が選手らと話し合い、25日開幕に理解を求めた。清武代表は「野球選手ができるのは野球。セ・リーグはできる可能性があるのだから、25日で準備しようということ」と説明。計画停電が実施されている中での開催については、「(停電の範囲外は)やってもいいということ。経済活動はやめるべきではない」と主張。「何でもかんでも自粛すればいいのか。条件が許せばスタートするしかない。それがスポーツマンの責務」と述べた。一方、選手会長の内海は「関東近辺も被災地。現状では、まだその段階(開幕)ではない」と否定的な考えを示した。

 ヤクルトも球団幹部が、選手会長の石川や労組日本プロ野球選手会の前会長、宮本らにリーグの方針を説明した。宮本は「『やりたい』というだけで納得する理由がなかった」とし、「復興が見えた時に(被災者を)勇気づけようというのはいいと思うが、いま野球で勇気づけようというのは思い上がり」と、強い言葉でリーグの姿勢を批判した。

 横浜でも加地隆雄球団社長が選手たちに説明したが、エースの三浦は「球界として一致団結するなら(延期方針の)パに合わせた方がいい」と反対。被災地の宮城県石巻市出身の選手会長、新沼も「行方不明者もいるし、放射能漏れの問題もある。選手側は延期を求めている」と語った。

 他の球団でも、セの25日開幕の方針に批判が相次いだ。仙台にある東北福祉大出身の阪神・金本は「勇気を与えるとか、勇気をもらうとかそういう状態ではないと思う。ゴルフもフィギュアもすべて中止になって、プロ野球だけがそこまで開幕にこだわる理由は何なのか」とコメント。本拠地のQVCマリンフィールド周辺が震災の影響で液状化を起こしたロッテは、選手会長のサブローが「千葉県でも死者や行方不明の方がいる。正直、野球どころじゃないと思う」。西村監督も「毎日、被害がどんどん拡大する中で開幕していいのかという選手の気持ちはわかる」と理解を示した。日本ハムでは田中選手会長がチームの意見を集約し、「開幕を延期した方がいいという意見でまとまっている。被災者を第一に考えることが大事だ。これだけ被災者のいる中では無理」と語った。

記事中でジャイアンツの清武代表が信じがたい発言をしていますが、ここでは触れません。というか、相手にしません。

twitterでも、

ダルビッシュ
http://twitter.com/#!/faridyu/status/47944317284782080

セ・パ両リーグともに開幕は遅らせるべき。 自分達は夢を与える仕事だが今はそういう時期じゃない。 これは今日選手全員から出た意見。 そして12球団全ての選手が思ってる。

ダルビッシュ程の認知度がある選手がコメントをするのはかなり危険がつきまといます。それでも、ダルビッシュはこう言っています。
http://twitter.com/#!/faridyu/status/47958315476586496

一選手としてこういう発言はかなりのリスクになります。 最悪選手生命にも関わってきます。 ただ自分は日本、野球が大好きだし、潰れて欲しくない。今だけを見ないで欲しい。 僕が野球を出来なくなったとしても将来の野球選手を守りたいし、1人でも多くファンを増やしたい。

選手がここまで言っているのに、斟酌する度量も余裕もセ球団首脳には無いんですかね?
もちろん、全部のセ・リーグ球団が同じだとは思いません。むしろ、強行しようと思っている人たちは一握りなのではないかと思います。だけど、その一握りが強すぎる。

田中賢介
http://twitter.com/#!/kensuke8888/status/47972177215102976

@faridyu 今日、選手全員集まりました!開幕については色々な意見があると思いますが、ファイターズの選手全員一致で遅らせた方がいい!です!

片岡易之
http://twitter.com/#!/otancoyasu/status/47966249585614848

遅らせるべき!ホントに選手たちが思ってます!RT @faridyu: セ・パ両リーグともに開幕は遅らせるべき。 自分達は夢を与える仕事だが今はそういう時期じゃない。 これは今日選手全員から出た意見。 そして12球団全ての選手が思ってる。

・・・これでもちろん全てではありません。
私の様ないちファンが言うのは無理があるかも知れませんが、「延期」は選手達の総意と言って良いでしょう。

そして、こんな状態で果たして選手たちは最高のパフォーマンスを見せる事が出来るのでしょうか?プロフェッショナルである以前に感情のある人間です。
それでも、選手たち、特にセ・リーグの選手達は決まった以上やらなければいけません。辛いでしょう。やりにくいでしょう。それでも、野球をしなければなりません。
球団首脳にはもう一度立ち止まって考えて欲しいです。

・・・それにしても、なんで日本のプロ野球界はこうなんでしょうね?特に今、一番必要な「一体感」が全くありません。
それでも私は野球が好きですし、プロ野球が始まれば観てしまうし応援もしてしまうでしょう。
自分たちの感情とは別に野球をしなくてはいけない選手たちの気持ちにも思いを馳せながら、応援したいと思います。
私は選手たちの味方です!

やるとなった以上、被災された方々の力に少しでもなれば、と本当に願います。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

セ・リーグは選手たちの意向など顧みず開幕へ

19日の山梨でのジャイアンツーマリーンズのオープン戦が中止になりました。
最初は「お、やっとジャイアンツも考えを変えたか」と思ったのですが、開催地区が計画停電の対象になってるからだって・・・・ふーん。

で、昨日継続審議となっていた開幕問題、セ・リーグは予定通り開幕で「決定」らしいです。

セ・リーグ、予定通り25日に開幕

 東日本大震災で公式戦開幕が懸念されているプロ野球でセ・リーグが予定通り25日に開催することが16日、関係者の話で分かった。パ・リーグは楽天の本拠地球場の被災などで、4月中旬に延期する方針を固めている。17日に発表される。

 震災で甚大な被害を受けた仙台市が本拠地の楽天や計画停電などで影響を受けるロッテ、西武が所属するパに対し、セは所属球団が受けた影響は比較的小さいため、既に発表されている公式戦日程を消化することに踏み切った。

 リーグとして意図的に開幕日を変更するのは両リーグを通じて、2リーグ分立後初めてとなる。

 巨人の渡辺恒雄球団会長は16日、東京都内のホテルで「この前の戦争に負けた後、3カ月で選手、監督から試合をやりたいと声が出て、プロ野球をやった歴史がある」とし、清武英利球団代表も「プロ野球には人を鼓舞する力がある」とプロ野球が復興の一助になることの意義を強調した。

 15日に行われた実行委員会の席で、日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)はセの開催案に対し「(被害は)現実に進行している状況。果たして25日に開幕していいのか」と延期を訴えるなど、選手側から開催に疑問の声も挙がっている。

やはりセ・リーグはゴリ押しですか。何度もいいますが(ごめんなさい)「出来ることをやる」事、「日常生活を送る」事はとても大事な事です。その意味ではわからないこともありません。
ですが、繰り返しますが、関東圏はまだ震災の影響下にあるのですよ。特に東京ドームの消費電力は神宮、横浜スタジアムとはモノが違うでしょう。例えデーゲームだって相当な消費の筈です。
それに、鉄道等交通インフラがまだまともに動いていない状態で観客はどうなりますか?そのあたりの配慮が全くない。
第一、「継続協議」だったのが何故今の時点で「決定」しているのか。
挙句の果てにナベツネは戦争後と一緒にしてますが、戦争は人災、今回の震災は天災ですよ?人間の愚かしい行為と天災を一緒にするのですか!しかも今回は地震があってからわずか2週間じゃないですか!
もう、なんて言うか・・・と、ここまで書いた所で報道ステーションにてとても、とても信じられないナベツネの発言が入ってきました。
延期を決めたパ・リーグに対して

「こういう時には何もやらない方が良いと言うのなら、勝手にしろ!」

・・・・もう言葉が出ません。ナベツネは巨人軍代表取締役会長であると同時に、大新聞社(あえてこう言う)、読売新聞社の代表取締役ですよね?言論機関ですよ?新聞社ですよ?社会の木鐸たる新聞社のトップに立つ人物がこういう言葉を使うのですね・・・・しかもこの人「主筆」でしたよね・・・。はあ・・・。

結局、プロ野球は公共”文化”財という意識がないのでしょうね。

球団にとって選手は財産の筈。その選手達の総意として「延期」と言っているのに、それすら聞かない。
なんか、もう・・・・言葉が出ません。
気分が悪くなってきました。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年3月15日 (火)

パ・セ分離開催へ・・・・感じる温度差

今日のマリーンズーファイターズの練習試合は中止になりました。今の状況では仕方ないですね。
また、マリーンズ選手会は被災地へ義援金とカイロを送ることを決めたそうです。
一方ではひっそりとマクローリーが右肩検査で帰国と、正直もはやどうでもいいといったニュースもありました。マクローリーには悪いけど。まあ、でも本人は日本にいるのがちょっと怖いかも知れませんね。

さて、注目されたプロ野球の開幕ですが、やはりといいますか・・・。

パは開幕延期の方針 プロ野球、セは25日開幕へ(スポーツナビ、共同通信)

 プロ野球は15日、東京都内でセ、パ両リーグの臨時理事会を開き、25日に開幕する予定の公式戦日程の対応について、パ・リーグは東日本大震災で楽天の本拠地、仙台市が被害を受けたことから公式戦開幕を遅らせる方針を固めた。2、3週間程度とみられる。セ・リーグは予定通りに25日に開幕する意向で、12球団の代表者による実行委員会での協議に入った。
 楽天は本拠地、日本製紙クリネックススタジアム宮城でロッテとの開幕戦を予定していたが、大震災の被害を受け、開幕を迎えるのが困難とみられていた。セの公式戦開幕について、中日の西脇紀人球団代表は「セは延期する理由はない」と話した。
 開幕日が変更されれば、プロ野球が2リーグ制となった1950年以降で初めて。

以下、昨日のエントリーと内容が被る事をご容赦願います。

セの予定通り開幕・・・・これの是非は難しいです。確かに、被災しなかった人々は日常通りに生活をするということもとても大事な事で、その延長としてプロ野球開幕があると言うこともわかります。
だけど・・・ですが・・・
名古屋以西はいつもと全く変わらず開催は出来るでしょうけれど、関東圏は震災の影響はまだまだ続いていますし、横浜スタジアムだって(最寄りの関内駅だって)無傷だった訳ではありません。
ましてや東京ドームは消費電力も大きいでしょうし。
西はともかく、果たして関東圏での開催は支持が得られるのでしょうか?
また、この状況で選手たちが最高のパフォーマンスを発揮出来るのか?という思いもあります。

なによりも驚いたのは「セは延期する理由はない」という発言。前後の文脈がわかりませんし、この言葉だけが独り歩きしているのかも知れず真意はわかりませんけれど、それでもこういう言い方は無いのではないでしょうか?
ならば「今、予定通りやらなくてはいけない理由はどこにあるのか」と逆に聞いてみたいです。
セの「予定通り開幕」は好意的にとらえたいし、そうであってくれという気持ちもありますが、このような発言を聞いてしまうとどうしても温度差を感じます。抱いている危機感情がやっぱり違うのではないかと。

「プロ野球は一体となって被災された方々を応援しています!」という気持ちが残念ながら伝わってきません。
被災された方々と共に歩んで生きます(実際はとてもそんな事はないのですが)、絶対に忘れていませんよ、というメッセージが重要だと思うんです。
プロ野球界だけではなく、国民を巻き込んだ一体感が生まれてこそのプロスポーツの貢献なのだと思います。

理解したいという気持ちをなんとか持とうと思いつつ、やはり分離開催に寂しさを覚えます。
プロ野球界の「和」を見せたかったし、感じたかった。ただただ、残念です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

アスリート達の想い

陸上の為末大選手が自身のブログでこのような記事を発信されていました。
少し長いですが、全文引用します。

侍ハードラー為末大:アスリートにできる事

 未曾有の災害が日本を襲っています。歴史上これまでにないほどの災害を前にして、今日本が必死で一つになり戦おうとしています。被災者の方の無事を願いながら、自分自身がサンディエゴにいて日本に何もできない事をもどかしい思いでいます。

 こちらでも日本の信じられないほどの冷静な対応が報道されています。一日都内で夜を過ごしたにもかかわらずホームで整列する人々、略奪もなく淡々と商品にお金を支払う人々、お互いに助け合い信頼し合う人々。世界中が驚愕の思いで日本を見ています。

 私の印象を一言で言いまして、日本は本当に一つなんだという事です。平時にはこの他人と違う事を恐れる日本人の性質は様々な問題を起こします。ですが、こういう非常事態になるとまるでリハーサルでもされていたかのように日本人の行動が全体でそろっているようで、見ていてまるで日本という一人の人格が対応しているようにすら見えます。そして決して崩れないモラル。平時では浮き出ない本当の日本人の底力が発揮されていると思います。


 アスリートの皆さん。今すぐ現場に駆けつけて何かをしたい。せめて今いるところから何かできないか。そういう思いに駆られているかと思います。けれども災害発生直後数日の間、私たちが現場にできる事は遠方からの支援しかありません。個人で物資を送る事も混乱を生むとの情報から、現状では寄付行為が一番役に立ちます。

 アスリートにできる事はまず人を励ます事、影響力を発揮して支援の輪を広げる事、そして大切なのは毎日のトレーニングを淡々と行う事です。
 現場には必要なだけのプロフェッショナルが駆けつけているようです。こちらのニュースでも世界中のエキスパートたちが続々と日本に向かっていると報道しています。世界中のプロフェッショナルが被災地を救うべく向かっています。残念ですが素人が出ていってできる事はありません。

 国民の日常の行いが破綻してしまえば国家も破綻します。どんなに混乱しても日々の営みは行われてないといけません。今まで自分が毎日やってきていた役割をこういう災害時でもかわらず淡々と行う事が大切だと思います。自分の本職が何かという事を落ち着いて改めて見つめて、その本職を淡々とこなしてください。

 災害は一瞬では終わりません。この危機を乗り越えても、これから長い間続く戦いが待っています。それは相当長い戦いになるはずです。

 災害時のプロはまさに今活躍してくれています。輸送のプロは今必死で物資を現場に届けてくれています。報道のプロはできうる限り確かな情報を報道しようとしています。
 私たちアスリートは希望をもたらすプロフェッショナルです。私たちがこれまで国から社会から支援を受けたのは人々に希望をもたらす存在だからです。苦しいときに人々の力になり得る存在だからです。

 どうかアスリートの皆さん、自分にできる範囲で人々を励まし、そして自分の本業のトレーニングを続けてください。きっと私たちでないと対峙できない問題が日本に訪れます。その時が私たちアスリートが本領を発揮するときではないでしょうか。

 おそらく皆さんが感じられているように、私は私の人生で今日ほど日本人である事を誇らしく思った事はありません。日本は決して屈しない。私はそう確信しています。


野球界ではダルビッシュのこのような記事がありました。

ダル「ボール投げてる場合じゃない」(スポーツナビ・デイリー)

 日本ハムのダルビッシュ有投手は14日、東日本大震災の影響を考慮し、「ボールを投げてバットを振り回している場合じゃないでしょう」と改めて開幕延期を希望した。宮城・東北高出身の右腕には、連絡がつかない友人もいる。「野球をやって励ますとかそういうレベルじゃない。上が決めたらそれに従うだけですけど」と心境を語った。

しかし、そしてダルビッシュは自身のtwitterでこんな発言をしています。


(2011.03.14 10:00頃)
今日も練習いってきます。 今までも日々全力でやってきましたが、さらにやろうと思った。 今は出来る事少ないけど、その時が来たら元気を与えられるように!

為末、ダルビッシュともに何と言いますか・・・「プロフェッショナル」ですね。
為末選手の発言は震災発生からまだ間もない段階でのものなのですが、このような考えを即座に形にして発信出来ることに驚き、感激しました。

人にはそれぞれのやるべき事があるかと思います。被災で救助にあたってくださっている方、報道をする人間、私を含め生活の為に仕事を持っている人間・・・・アスリートはそれぞれのプレーが確実に人に力を与えてくれます。
特にダルビッシュくらいの知名度になると、twitterを見ていると訳のわからん言いがかりをつける人間もいるようですが、野球選手だって何も考えず野球をやっている訳ではありません。(そんなのはダルビッシュ始めいろいろな選手の発言、twitterを見ていればわかることなのにね)当たり前ですが被災された方々への思いを強く抱いたまま、トレーニングをしています。
それは一般人含め、誰だって同じです。

ダルビッシュ始め様々なアスリート、特に野球選手の全力のプロフェッショナルなプレーを、皆で楽しく観られる時が早く来ることを本当に、本当に願っています。

最後に、元ジェフ千葉・日本代表監督、イビチャ・オシム氏の力強いメッセージのリンク先を紹介しておきます。オシム、ありがとう。

via Number イビチャ・オシムの「オシム問答」 オシムから震災へのメッセージ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球開幕は果たして・・・?

今日の出張は紆余曲折を経て中止、自宅待機となりました。
日中にも携帯に頻繁に緊急地震速報が届く状態では家族を置いて出張に行くのもやはり不安があり、これはこれで良かったのかも知れません。
今は「日常の生活」を送ると言うことが何よりも必要との思いはあるものの、どうしてもニュース以外を見る気にはなれませんし、普段の生活を送るのもなかなか簡単ではありません。

我が家の近くでは数あるスーパーが見事に軒並み品薄になっており、閉店する店も多いです。
間の悪いことにウチでは車のガソリン、暖房の灯油、コメが丁度無くなる頃で、備蓄するのではなく普通の行為として単に手に入れたかったのですが相当苦労しました。コメだけが手に入らず、さてどうしたもんかと。

予定されていた停電はたまたま回避されましたが、明日は朝から実施の可能性が高いとの事で、これから停電との付き合い方も上手くならないといけませんね。
今回の東電の対応を批判する向きも多い様ですが、批判は落ち着いてからにしましょう。恐らくここまで停電回避が出来ているのは裏で相当な努力が必要だったと思いますし、何しろ今日はまだ計画停電初日です。
批判するよりは、鉄道会社始め一般家庭に到るまで、一致団結しての節電で回避に至ったという事をもっと評価しましょう。
ただ一つだけ残念だったのは結局最終的に千葉・茨城のまさに被災地を停電してしまったようで、被災地を停電するなら我が地域を停電して欲しかったと、それだけは思います。東電としては痛恨の極みだったでしょうが。

さて、前置きが長くなりました。
いろいろと思うことは本当に多々あるのですが、当ブログは野球ブログであり、やっぱり野球の話をしようかと思います。

心配される開幕ですが、いろいろな記事が出ていますね。

宿舎の確保困難か 楽天との開幕戦に不安…ロッテ(スポーツ報知)

 開幕カードが楽天戦(Kスタ)のロッテは、震災被害の影響に不安の色を浮かべた。石川球団運営本部長は13日、「仙台がああいう状況で、Kスタが問題なくても、我々が泊まるホテルとかに問題が出てきている状況」とチーム宿舎の確保が困難な見通しを示した。

 東日本大震災で震度6強の揺れに襲われた仙台市内は、電力などのインフラ被害を含めて街全体が大きなダメージを受けた。仙台市宮城野区にあるKスタも、施設の一部のひび割れ、水漏れなどの破損、グラウンドの一部へこみなどが確認されている状況だ。開催の可否などについては、パ・リーグが15日に緊急で開く理事会で検討される見込みとなっている。

 瀬戸山球団社長は「(各球団が)近々話し合うことになるだろう。今のところは(開幕戦は)仙台になっているし、次善の策は我々もいろいろ考えている」と話した。

 ロッテの本拠地・QVCマリンフィールドは下水道の一部に被害があった程度で、リーグからの使用球場変更の要請があった場合には、25日に試合の開催は可能とみられる。


仙台開幕は困難と…臨時理事会延期も想定(ニッカン)

 日本野球機構(NPB)の下田邦夫事務局長は14日、東日本大震災の被害を受けた仙台市で25日に予定されている楽天主催の開幕戦について「12球団の誰もが3月25日に仙台でやれるとは思っていないでしょう」との見解を示した。楽天は25日から本拠地、Kスタ宮城でロッテと開幕3連戦を行う予定となっている。

 15日にセ、パ各リーグが開く臨時の理事会では、延期も想定される開幕日程が協議される。パについては仙台での開幕戦開催の可否などリーグとしての方針を決め、その後の実行委員会に諮る予定。下田事務局長は「セ、パで違う結論が出ることもあり得る」と話し、同時開幕とならない可能性も示唆した。

仙さん、秋山監督ら「開幕延期すべき」(サンスポ)

 楽天の星野仙一監督は14日、25日に迫っている本拠地、Kスタ宮城でのロッテとの今季開幕戦について私見とした上で「やろうと思うから結論が難しくなる。やめて、新しくスケジュールを組み替えるという方が前向きだ」と述べた。12球団は15日に臨時の実行委員会を開き、今後の対応を協議する。
 東日本大震災の影響で球場が損傷を受けているが、星野監督は「それは小さなこと」とし、東北地方を中心に広がっている甚大な被害を考慮すべきだという考えを示した。楽天の米田純球団代表は「物理的にどうなんだというのもあるし、物理的にできればいいのかというのもある」と口にした。
 ロッテの石川晃球団運営本部長は仙台への移動が難しいことなどを挙げ「間違いなく試合数は減るだろうが(開幕を)2、3週間遅らせてもいい」と球団としての考えを示した。
 ソフトバンクの秋山幸二監督は「遅らせてもやむを得ない。(選手も)体調を整える以外に、精神的に不安を抱えている部分も多い。そういったことも考慮して。いずれにしても決定に従う」と開幕延期に理解を示した。


巨人「勇気を伝えることも必要」開幕へ前向き、広島も延期に反対

 巨人の清武英利球団代表は14日、東日本大震災の影響で25日の公式戦開幕が危ぶまれていることについて「いろいろな考え方があるが、野球をやって勇気を伝えることも必要」と述べ、予定通り開催したいとの意向を示した。

 巨人は今後、東京ドームなどでオープン戦3試合を行う予定で、開幕カードも東京ドームで組まれている。清武代表は「たとえお客さんがたくさん来なくても、野球人として責務を果たしたい」と開催に前向きな姿勢を見せた。計画停電の影響には「今は『こう』と言えない」と状況が変化しているとの認識を示し「計画停電があれば、従うしかない」と話した。

 広島の鈴木清明球団本部長は被災地の仙台に本拠地球場があるパ・リーグとセ・リーグとでは事情が違うとの考えを示し「セ、パ別々で考えないと。開幕を遅らせるのは日程的に無理。賛否両論はあると思うが、できるところはしたほうがいい」と持論を述べた。


難しい所です。仙台、千葉に本拠地を持つ球団があるパ・リーグに比べ、どうしてもセ・リーグは温度差が出てしまうかも知れません。一部ではこのような考えに異論を唱えたり批判する人たちもいる様ですけれど、一概にこれが悪いとは私は思えません。「開幕を遅らせるのは日程的に無理」という発言の根拠は知りたいところではありますが。
ウラに大人の事情があるのかどうかわかりませんが、予定通りに野球を開催するという事で被災された方を、国民を勇気づける事は出来るかも知れません。
セ・リーグの先行開幕もありうる話ですけれど、被災された方々にエールを送るならプロ野球界全体で団結して欲しいという想いもありますし、やはり個人的には同時開幕して欲しいです。

しかし、仙台駅の新幹線ホーム映像を見ましたが復旧には相当な時間がかかるだろうなあ、という印象を抱かざるをえない損傷でした。
コトは駅だけではなく、通常の線路区間も被災している訳ですし、被災地の救助復興が第一であることを考えると新幹線の復旧はかなり先になるでしょう。
仙台市内での状態を考えると、論理的な話は別にしても物理的にも交通手段ほか含め、インフラ整備が間に合わない状態ではちょっと厳しいなあと言うのが私の思いです。

「野球が力になる」というのは「力を与えたい」(と考えている)対象の方々が、あくまでも娯楽である野球を受け入れる状態になって初めて可能だと思います。開幕までは後10日しかありません。
正直言って、まだ早いなと思います。まずは「最低限の落ち着いた生活」が出来るようになってからでも遅くないのでは、というのが個人的な想いです。
ですので、星野監督の言う事がもっともだな、と感じます。
わずか10日後に開幕することによって、被災された方が「私たちは置いていかれた」という感情を抱かないか?とも思います。
何よりも「一体感」が必要だと思います。まさに「和」の精神で野球界には望んで欲しい。

正直に言えば開幕は観たいです。楽天球団創設以来初の仙台の開幕を何よりも楽しみにしていましたし、チケットだって購入してあります。でも、今で無くても良い・・。なによりも被災された方々が
心に少しだけでも余裕が出来るまで、それまでどのくらいかかるのかわかりませんが、それまで待つべきかなあ、と思います。
開幕のQVCマリン代替開催も東北開幕する事の意義を考えると殆ど意味が無いなあとも思いますし。

とにかく、今は被災された方々が一刻でも早く落ち着けるよう、一人でも多くの方が救われるよう、お祈りしています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

輪番停電実施 節電と停電の対処方法(Yahoo!)

被災地の様子を見ていると本当に心が痛みます。
一刻も早く落ち着いた心持ちを取り戻せますようお祈りします。

私の住んでいる埼玉ではガソリンスタンドは軒並み売り切れとなり、スーパーは品薄、水やラーメン類もすっかり無くなり、非常時という事を強く意識します。
関東圏では輪番停電の実施が決まりました。
輪番停電に全く異存はないのですが、我が家は第1,3,4グループに属しているので最悪の場合は朝06:20〜10:00と12:20〜20:30まで停電することになり、今のうちに出来ることを、と大わらわです。
でもこんなことは被災地の方に比べれば何でもないことですからね・・・。

こんな状況の中明日から関西に出張に行かなければならず、被災地では仕事どころではないのに西では普通に仕事が出来ることの理不尽さと現実を噛みしめつつ準備を終えた所です。

とりあえず、私のブログなんかでも少しでもみなさんの参考になれば、と思い、Yahoo!にありました
「東京電力、東北電力管轄の地域の方へ 効果的な節電と停電の対処方法をご案内します」
のリンクと記事内容を挙げておきます。
被災地の方や、該当地域以外の方には全く役立たない情報ですけれど・・。
このくらいしか出来ない事が非常に情けないのですが。

以下、記事内容です。

-------------------------------

東京電力、東北電力管轄の地域の方へ
効果的な節電と停電の対処方法をご案内します

東北地方太平洋沖地震の影響で、電気の供給能力が不足しています。政府や電力会社でも節電を呼び掛けています。また政府より、3/14から輪番停電(あらかじめ時間と場所を決めた計画的な停電)の実施が発表されています。このページでは、今すぐ利用できる節電方法と停電の対処方法をご案内します。
輪番停電(計画的な停電)の対象区域になったら

■まずはご自身の居住エリアが対象になっているかを確認しましょう。
東京電力ホームページ(外部リンク)
想定される14日の主な停電エリア…東電発表:Yahoo!ニュース
輪番停電の町名別詳細リスト:イザ!(外部リンク)

・停電になる前には、念のために電化製品のコンセントをぬきましょう。

・通常の家電製品は通常の停電は問題が生じることがないように設計されていますが、パソコンなどはハードディスクをいためてデータが消失するといった可能性があります。

・コンセントを抜かずに、モーターを使った製品などが停電復旧後に一斉に稼働すると、ヒューズやブレーカーが飛んだり、ほかの製品に影響が出る場合があります。

・オール電化の場合は給湯などもできなくなります。また集合住宅などで水のくみあげを電力で行っている場合もあります。確認の上で必要な量の水を水筒や浴槽などに準備しておきましょう。

・冷蔵庫は数時間程度は保冷効果を維持しますが、冷凍庫にある保冷材や、水を袋で凍らせたものを冷蔵室に移すだけでも保冷効果が高まります。特に保存しなければいけないものはこれらのもので包んでおきましょう。

・携帯電話などは十分に充電し、ラジオなど電池で稼働する情報端末を用意しましょう。また夜間や未明の場合は懐中電灯などもご用意ください。

・対象地域によっては学校や会社などへの移動手段に影響が出る方もいらっしゃいます。早めに所属組織への確認をとっておきましょう。

・食事の時間に重なることもあります。ご飯は事前に用意しておきましょう。しかし、温め直す際にカセットコンロ、ガスコンロなどを使用する場合は、換気扇も使えませんのでご注意ください。

節電:まず大事なこと

■電力消費のピークタイムに向けて効果的な節電を
気温の低いこの時期は、18時~19時前後の時間帯が最も電力消費が高くなります。このピークタイムを避けて電気を使うようにしましょう。

■東京電力、東北電力管轄の方以外が節電しても効果は出ません
現在、関西電力管轄の地域の方に、節電をお願いするチェーンメールが出回っています。下記の関西電力ホームページでも記載されていますように、その必要は今のところありません。東日本と西日本では電気の周波数が違い、東日本に周波数を変換して送る際の容量にも上限があるためです。
※関西電力ホームページ(外部リンク)(中段に案内記事)

■過度な節電による火災や健康被害に注意ください
関東地区ではまだ大きな余震が予想されます。ろうそく等の火を使った照明は火災などの二次災害の危険がありますので十分にご注意ください。また、必要以上に暖房の電力を切るなどして体調を崩されるといったことがないようにしましょう。

節電:個人の方へのお願い

■震災の情報はひとつの機器から得るようにしましょう
・テレビやパソコンなどの利用はできるだけまとめましょう。テレビの放送はインターネット経由でもリアルタイムに受信できます。
・テレビよりもラジオのほうが消費電力は低くなります。

■消費電力を抑える工夫を知りましょう
・必要のない電気製品はコンセントをぬいておきましょう。機器によってはそれだけで待機電力を消費していることがあります。
・冷蔵庫の設定温度を弱めにしましょう。また中身を詰め込みすぎないようにしましょう。
・白熱電球よりも蛍光灯、LED電球のほうが消費電力が低くなります。
・洗濯機、炊飯器、電子レンジなどは消費電力が高いため、ピークタイムをずらして使用するようにしましょう。

■効果的に寒さをしのぎましょう
・温かい格好をして暖房機器を使う時間を減らしましょう。
・カーテンを閉めると断熱効果が高くなります。

■節電実施中の事業者の方に理解を
・看板の電気がついていない、店内の照明が暗いなど、通常の営業とは異なる場合がありえます。個人として利用される際にもご理解をお願いします。

節電:事業者の方へのお願い

■過度な屋外広告、電飾看板などがあれば消灯しましょう
営業に支障のない範囲で節電が可能な場合はぜひご協力ください。また節電を行っていることを告知するポスターを有志の方々が配布されていますのでご活用ください。
※節電ポスター

■電力消費の高い機器をご確認ください
空調機器や電気給湯器などは多くの電力を消費します。電源を入れっぱなしにせずに、必要に応じた使用にするなどこまめな調整をお願いします。

関連リンク

 ・東京電力のホームページ(外部リンク)

 ・東北電力のホームページ(外部リンク)

 ・地震・津波被害に関する最新情報- Yahoo!天気情報

 ・緊急災害募金- Yahoo!ボランティア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

みなさまは大丈夫でしたでしょうか

大変な事になりました。
全国にいらっしゃると思われるマリーンズファンの皆様、もちろんそれ以外のあらゆる方々、大丈夫でしたでしょうか。
私の方は家族、友人など含め幸いにも無事でしたが、被災された方には心よりお見舞いを申し上げます。

明日のQVCマリンフィールドお披露目オープン戦など軒並み中止になったのは当然の事で、引退試合の予定だった幸一が唯一不憫ではありますが、幸一の引退が先に延びたという風にとらえましょう。
QVCマリンも球場外周に水が押し寄せ、液状化現象でブロックが持ち上がったりもしているようでもありそのあたりも心配ではありますが、プロ野球は日本がなにより落ち着いてからで良いですし。

とりあえず今はファンの皆様、チーム関係者、全ての方の無事を祈るのみで、私のブログでもさすがに呑気な記事を更新するような心境でもなく、また機を見てにしようかと思います。

プロ野球は国民を元気づける意味でも必要になる時が必ず来るかと思いますので、その時まで待ちましょう。
とにかく今は私に何か出来ることがないかと言う事を考えながらも、被害が少しでもこれ以上広がりませんよう、また被災された方々が一刻も早く立ち直れるよう、祈っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

【今さらながら】2011石垣キャンプ画像+動画集 ~野手編~

さて、いささか旬を過ぎた感もありますが石垣キャンプの画像+動画です。
石垣から帰ってすぐに長期出張に出てしまい、なかなか更新がはかどらず。

現地から石垣レポート()はしてましたが、テキストだけでしたので画像編と言う事で。

全ての選手を取り上げたかったのですが、画像が多すぎて重くなっても困りますし、バランスが難しい・・。登場しない選手にはごめんなさいです。
携帯やスマートフォンの方、重すぎたら申し訳ないです。

(球場の雰囲気などは以前のエントリー「石垣よりキャンプ画像が届きました」「石垣よりキャンプ画像が届きました【第二弾】」にて)

まずは野手編です。(画像はクリックで拡大します)

荻野貴ー清田 この二人でいつもキャッチボール
Kiyotaogino

ティーバッティング かぶりつきで見物
Teebat_3

今岡
Imaoka

神戸
Koube_2

テギュンだってバント練習
Taekyunbant

竹原だって
Takehara

お前に教えることは何もないよ
Fukuura_2

塀内
Heiuchi

清田 背中にバット差しての練習
Kiyotabat

青野、南はいつもチューブを巻いて地道に打撃練習していました
Aono
Minami

福浦の右打ち
Fukuuramigi

金澤
Kanazawa

小池も負けじと
Koike

高口 高い守備力を確認出来たことは最大の成果のひとつかも
Takaguchi

岡田 このキャンプで技術・気力共に最も充実を感じた一人
Okada2

紅白戦はとんでもないことに
Kouhaku_2

満塁弾打ったった
Saburograndslam_2

2塁打打っちゃいました!
Iguchihosoya

荻野貴、9ヶ月振りの盗塁!
Oginosteel

全体練習後、根元、荻野貴司、細谷は連日の特守
Hosoyaoginotokushu

特守の合間に
Tokushu

特守の横では俊足軍団・岡田、清田、伊志嶺がビデオを撮りながらスタートの練習
Shunsokutrio

動画 特守

http://www.youtube.com/watch?v=VZHD9acsxGk

伊志嶺は青山コーチとスローイングの練習
Aoyama_ishimine

大松は連日居残りバッティング練習 背中にバットを挿し、バットを逆手に握ってワンバウンドを黙々と打つOhmatsuinokori


動画 大松、青野、南

http://www.youtube.com/watch?v=FcdDoiwIn50

とある日の荻野 一人居残ってひたすら壁当て
Oginoinokori

伊志嶺スマイル
Ishiminesmile


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

育成選手の目標を奪うな 〜現有戦力で抑えを!

マリーンズが抑えとして新外国人投手調査に乗り出すそうですね。

助っ人守護神探す!マクローリーら故障で緊急補強(スポーツ報知)

 ロッテが、抑えを任せられる新外国人選手の緊急補強に乗り出すことが7日、明らかになった。阪神へFA移籍した小林宏に代わる新守護神と期待されたマクローリーや内は故障で開幕2軍が濃厚。石川球団運営本部長は「抑えは待っていられないから探している。(支配下選手の)最後の1枠で外国人を獲りにいく」と方針を説明した。

 誤算続きだった。最速161キロを誇る本格派右腕・マクローリーは、右肩の違和感を訴えて春季キャンプ中盤から別メニュー調整で2軍落ち。右足首を故障した内も、開幕前の復帰は厳しい状況だ。石川本部長は「マクローリーは素材はいいけど、まだ時間がかかる」と判断。なるべく早い時期に編成担当者を調査のため米国に派遣する。

 昨季の開幕時は、右肘痛で出遅れた小林宏に代わり、薮田が抑えを務めていた。遠征先の大阪市内のホテルで西村監督は、「そこ(補強)は球団にお願いしていかないといけない。ただ、いなければ誰かがカバーする。代わりの選手が、絶対にやってくれると思う」とやりくりに自信をみせた。


うむー。内の怪我が一番の誤算なのですが(内、こういうチャンスをモノにしないと!)、抑え不在は当初から判っていた事で・・・個人的に全く期待していなかった(外国人は投げてみないとわかりませんから)マクローリーは未知数でしたし、内の手術だってオフから判っていたこと。
何故今になって新外国人を?

私が一番懸念するのは、支配下枠が埋まるという事イコール育成選手の支配下登録がなくなる、という事。
もちろん金銭トレードによって枠が空く事は可能性として無いわけではありませんが、もし支配下枠が埋まってしまうと、今期中の育成選手の支配下登録はありえない事になってしまいます。
育成選手の最大の目標はもちろん1軍で活躍することでしょうけれど、それには支配下登録されないことには始まりません。
その可能性が無いとなったら、この1年をどうやって過ごせばいいのか?
ひいては支配下登録の可能性がゼロなのに育成制度で選手を抱えている球団の意義すら問われる事になります。育成1年目の選手が多いならともかく、3年目を迎える選手が6人もいる状況なのですよ。

西村監督のコメントからは編成に対する配慮も感じられ、監督の真意は「(現状の選手の)誰かがカバー」と言うところにあると受け取ることも出来ますし、そう信じたい所ですが、石川球団運営本部長のコメントからは枠をフルに埋めるという意思がはっきりと感じられます。
まだ獲得も決まっていない段階ではありますが、私はこれ以上の補強は断固として反対します。

・・では、どうしたら良いのか。現有戦力でカバー、それ意外にありません。
候補としては良く言われていますように、薮田、伊藤が適任かと思います。
そこで去年の二人の成績を抜粋すると、意外な事に非常に似通っています。(WHIP:1イニングで何人の走者を出したか)

薮田 投球回数65回2/3 被安打59 被本塁打9 与四死球25 奪三振57 暴投2 WHIP1.23
伊藤 投球回数64回2/3 被安打55 被本塁打2 与四死球28 奪三振65 暴投2 WHIP1.25

あれ、殆ど同じですね。(なお、中継ぎはショートイニングしか投げないので結果が動きやすい防御率は除外しました)
薮田の方が安定感がやや上回るイメージがあったので、意外でした。
こうなると薮田の被本塁打が多いのが気になります。
抑えは三振を奪えるか、四球を出さないか、余計な走者を出さないか(つまりバットに当てられないか)が重要だと私は思っているのですが、ここまで似通うと被本塁打の差で伊藤でしょうか。年齢の問題もありますし(連投という観点を含めて)。
ここはこの二人でカバー、内の状態が上向いてきたら+内、というのが理想かなと思います。

他に候補はいないのか?
投手陣を見渡して見ると、私としてはペンを推したい。
ストレートは早いですし、ナックルカーブが決まればかなり有効ではないかと。
ペンの成績は

ペン 投球回数46回1/3 被安打45 被本塁打6 与四死球18 奪三振27 暴投0 WHIP1.32

ここで、抑えの話なので、奪三振率、与四死球率、被本塁打率を1イニングあたりに換算し、もう一度WHIPを併掲してみます。

薮田 奪三振率0.87 与四死球率0.38 被本塁打率0.14 WHIP1.23
伊藤 奪三振率1.01 与四死球律0.43 被本塁打率0.03 WHIP1.25
ペン 奪三振率0.58 与四死球率0.39 被本塁打率0.13 WHIP1.32

こうしてみると伊藤が一番適任に感じます。少なくとも三振を取れる。
空いた中継ぎはヤマテツの台頭に期待したいですし、上野、そして復活を是非期待したい荻野忠にも担って欲しいです。
個人的にはペンの抑えを観てみたい気もします。ハマると面白いと思うのですが。去年は途中加入でしたし、成績の向上を期待出来ます。ペンが抑えだとしたら、先発を大嶺や香月、吉見、晋吾達で埋めて欲しい。結果がどうも出ていない坪井、木村らにも奮起を期待したいです。

要は、新外国人を取りに行くくらいなら、現有戦力でカバーした方が良いのではないか、と言う事。新外国人の方が未知数ではないか?と思うのは素人考えでしょうか。
これからのマリーンズの将来を見据えた上でも、今いる選手達の可能性に賭けた方が得策だとも思います。

間違っても一部報道で可能性が指摘されているクルーン獲得、なんて愚は犯して欲しくありません。

もう一度いいます、育成選手の目標を奪うな。
抑え不在はチームでカバーを!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

マリーンズが誇る俊足軍団、走る! ~3/3オープン戦 B vs M

今日は平塚にてベイスターズとマリーンズのオープン戦が行われました。いよいよ関東圏までやって来ましたね!
・・・すぐ広島に行ってしまうのですが・・・。

先発の唐川、マーフィー、俊介が好投したようですね。
唐川は特筆すべきはイニングの先頭を全て三振に奪っていること。本人のコメントでも「課題の立ち上がりはクリア」とあるように、先頭を切る、しかも三振で・・となるとリズムが出てきます。シュートも良い所に決まったとのことで、唐川は心配ないでしょう。
マーフィーはストレートは良かったようで、統一球も問題ないとのこと。俊介は年によって出来が変わる困った投手ですが、今日はいろいろ試せたようですね。

後を継いだ伊藤が失点していますが、スコアだけだと何とも・・・まあ、心配はしていないです。何気に山本一にセーブついているのが面白いですね。抑え候補という訳ではなくおそらく順番とか出番の問題でしょうけれど、左腕の中継ぎor抑えは必要ですから、面白い存在となってくれれば。

ニッカン式スコア

ほかにもうれしいニュースが。
マリーンズが誇る俊足軍団、荻野、岡田、伊志嶺がそれぞれ盗塁を決めました!

荻野貴 オープン戦3試合目で初盗塁

 昨年の右膝手術から復活を期すロッテの荻野貴が、オープン戦3試合目で初盗塁。これまでに2度試みたが、いずれも失敗で「早く1個決めたかった」と安堵した。

 三回無死二塁から左前打で出塁。続く清田の初球でスタートを切り、二盗を成功させた。ただ、まだまだ本来のスピードではなく「スタートのところがもうちょっと。試合に出る中で感覚を取り戻したい」と言った。

 遊撃の守備など、課題を残す。「(オープン戦は)全部、出るつもりでやる」と意欲的に語った。


盗塁の映像を観ましたが、今日の盗塁や紅白戦、今までのオープン戦を観ていても確かに正直言ってしまうと去年の爆発的な速さは感じません。
でも・・・でも、今は走ることが出来た、盗塁することが出来たという事で充分です。偽りのない気持ちとしては寂しさもありますし、あの盗塁は戻ってくるのだろうか、というどうしようもない不安もありますが、一番不安なのは本人だと思います。ファンとしてはただただ完全復活を信じて応援するしかありません。ファンが焦ったらダメですよね。
(それに今日はニュースでちらっとですが荻野貴司応援が聞こえました・・・久しぶり!嬉しいなあ)

岡田は3安打、2盗塁!キャンプを観ていても岡田の好調ぶりと気持ちの充実ぶりには眼を見張るものがありましたから、本当に期待しています。センター争いは熾烈!
伊志嶺はランニングスコアを見ると、どうやら代走に出て盗塁を決めたようですね。代走で出て決めてくれるというのはこれまた期待しちゃいます。映像で観たいなあ!

本当は俊足軍団の中に清田を入れたい(というか入ってる)のですが、ホームラン2発以外は鳴りを潜めており、出塁しないと盗塁のしようがなく。

荻野貴司は別にして、岡田、清田、伊志嶺の3人はキャンプでもずっと英才教育(?)を受けていたので、監督も期待していると思います。「走るマリーンズ!」の象徴となって欲しいですね。

ショート争いでどーも影に隠れがちな根元も一発でアピールしてますし、何故か?争いにも加わっていないマリーンズの誇る地味なユーティリティープレーヤー塀内も安打を放ち打率10割とやはり地味~にアピールしてます。

5日には高濱も合流するようですし、内野争いも眼を離せなくなって来ました!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

選手同士の「私語」と「八百長」を結びつける人っているのかなあ?

大相撲は野球賭博と八百長で揺れておりますが・・・いささか過剰じゃないか、と思われる通達がプロ野球実行委員会から出されました。

相手との私語禁止徹底…全選手に通達へ

 プロ野球の実行委員会は1日、東京都内で開かれ、ファンの前で相手チームの選手との私語や談笑を慎むよう、12球団の全選手に通達することを決めた。
 野球規則は相手チームの選手と親睦的態度をとることを禁じている。しかし実際には試合前に観客が入場後にもグラウンド上であいさつしたり、試合中も守備に就く選手と走者が塁上で会話を交わす場面が多く見受けられている。セ・リーグがパ・リーグに呼び掛け、ルール順守を徹底することになった。
 大相撲が八百長問題で揺れる中、たがが緩んでいるとも受け取られかねない状況を最初に指摘した横浜の笹川博史球団取締役は「(大相撲が)きっかけになる。いらぬ勘繰りをされないように」と話した。

実際の所、セ・リーグのアグリーメントにはその旨の記載が既にあるそうで、それをより徹底しましょうと。さらに記事中にもあるようにパ・リーグにも呼び掛けて・・と言うことらしいのですが。
気持ちはわかるけど・・・・いささか過剰反応しすぎじゃないでしょうかねえ?

私は塁上での選手同士の会話とか見てて逆に面白いですけどね〜。
あ、あの選手とこの選手は仲良いのかな?とかたぶんあんなこんな会話してんだろな〜とか想像したり。
そんな光景に「いらぬ勘ぐり」をする人っているのかな・・・。
もちろん、例えば大差のグダグダ試合でダラダラっと談笑してたら良い気持ちはしませんし(特にお金払って現地にいるときなんかはね)、勝負事である以上は厳密には敵味方当該者同士が会話するのって本来はいけないのでしょうけど。
要は行きすぎていなければ良いと思うのですが。
中学校の校則じゃあるまいし、こんなことわざわざ通達しなきゃならんのか、って思います。
口火を切った横浜の笹川氏ってきっと真面目な人なのだろうなあ・・・(バカにしたり、揶揄する意味ではないですよ。本当に真面目なんだろうなあ、と思うだけです)。

で、最大の疑問は、もし私語があったとして「誰が注意するのか?」と言う事・・・普通に考えたら審判なんでしょうが・・・審判の責任範囲を超えてるとおも思うし(知るかって思うでしょうね)審判だってただでさえ大変なのに余計な仕事が増えるだけって気もします。

まあ、通達したところで、15秒ルール(20秒だっけ?)とか2段モーションみたいになし崩し的になって、「なんかそんなのあったね」みたいになってしまう気もします。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

偶然が重なった高濱獲得 〜高濱の野球人生を想う

今日はQVCマリンフィールドで選手が初の練習とか、大嶺が練習試合で直球に好感触とか、炎上中だった若手が好投したとか、ジャイアンツと中大が試合したりとか、ニュースはいろいろあったのですがやはり高濱マリーンズ獲得のニュースを取り上げたいと思います。

注目されていたコバヒロのFA移籍にまつわる騒動・・・金銭だの投手だの野手だの外国人獲るだの紆余曲折がありましたが、タイガースの内野手、高濱の獲得となりました。

私は金銭でも人的でも、どちらでも受け入れるつもりでしたし、異存はありません。
(強いていえば、角や生山、吉田ら育成の昇格とか現有戦力の底上げを期待する願いはありましたが)

高濱は横浜で1年時からレギュラーを奪うなどセンス溢れる好選手。中学時代にかなり注目されていたのですよね。横浜時代の印象は私個人はそんなにありませんが、そういえば大嶺のいた八重山商工がセンバツで横浜を追い詰めながらも惜敗したのですが、その時に2年ショートでいたのだよなあ・・・。
時は過ぎ、すっかり忘れていました。

怪我で何も出来なかった分、今季に賭ける想いは強かったようですね。それで目立ってしまってマリーンズに引っ張られるのだから、人生どこでどう動くか・・・。
そもそも、今江の故障が長引かなければおそらく高濱の獲得は無かったでしょう。コバヒロもメジャー移籍をぎりぎりまで待ってからの移籍だったので補償が今の時期になり、マリーンズからして見れば実戦で観察する時間が出来た、というのもまた人生の綾です。

そういう「偶然」が積み重なってマリーンズ入団となった高濱の野球人生を思います。
これをチャンスと取るか、タイガースで活躍する機会を奪われたと取るか、それは高濱次第。
野球選手にはその野球人生を歩んでいく過程で「ポイント」があると思います。
それはレギュラー選手の怪我であったり、信頼出来るコーチとの出会いだったり、いろいろです。
今回の高濱獲得、「偶然」が重なったのですがそれは「必然」だったと言えるような、そんな活躍を期待します。
ただ言えるのはマリーンズに請われ、評価されて入団すると言う事。それを胸に頑張って欲しいですね。

しかし、外野だけじゃなくて内野も競争が激しくなりましたね。選手たちは大変ですが、良い事だと思います。思う存分競争して欲しい!


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »