« どこまでもファンを馬鹿にするセの提案 | トップページ | センバツが始まった! »

2011年3月22日 (火)

DVD「千葉ロッテマリーンズ 20年史」が届きました

セの行動にいちいち腹が立ち・・・。それも嫌なので、ちょっと呑気な記事を。

注文していました、DVD「千葉ロッテマリーンズ 20年史」がこの連休中に届きました。軽くさわりだけのつもりが、気がついたら全部観てしまった・・・・。

Amazonmarines20_4
Amazon.co.jp(単純リンクです)
http://www.amazon.co.jp/dp/B004GGSTCA

これはタイトルどおり、1992年に千葉ロッテマリーンズが誕生してからの20年を紹介するものです。正確には19年、今年のシーズンが20年目ですね。

はっきり言ってしまうと内容は特に工夫も無く、一年一年のトピックをただ流すだけです。起伏もなく、たださらさらと水が流れるが如く淡々と映像は流れるのですが・・・それでも、堪能してしまいました。

私は1992年、ロッテオリオンズが千葉に来て、千葉ロッテマリーンズとなったと同時にファンになりました。そのころは千葉の実家にいたので、「オラが町にプロ野球球団が来るなんて!」(船橋なので正確にはオラが県、ですが)と本当にそれはそれは嬉しかった事を覚えています。

大リーグを連想させる千葉マリンスタジアムの威容。衝撃的なピンクユニフォーム(笑)。
一年目、ルーキー河本のとんでもないキレのあるストレートに象徴される新生ロッテ。
しかしロッテはやっぱりロッテ、いきなり最下位。
衝撃的だったボビー・バレンタインの来日と、確執。
地獄の18連敗。山本功児長期政権下での低迷・・・。
それでも小宮山が育ち、伊良部が育ち、ジョニーが育ち、小坂が育ち、西岡、今江が育ち・・・・。

懐かしい場面のオンパレードでした。
今はスカウトの松本尚樹(かなり好きな選手でした)、背番号70番時代の福浦、現広報の榎さんの初勝利などの映像も見逃せません。
(「川崎劇場」とあったので、当時のCMが見られるかと少し期待しましたがさすがにありませんでした。しかしこれ、他球団ファンの人が見ても楽しめるかも。野茂や近鉄、ほか懐かしい顔がばんばん出てきます)

ただ、私みたいにマリーンズの誕生と共に記憶のある人間にはこれでも楽しめましたが、途中からとか最近ファンになった方の事を考えると、もうちょっと親切な構成でも良いんじゃないのか〜と思います。
簡単な球団史でも、選手の移り変わりくらいでも良いので、小冊子とかもしくは映像の合間に出来事を節目節目に挟むとかしても良かったんじゃないかなと。
要は、映像以外でも変遷が分かるようにして欲しかったなあ。
ナレーションはもちろんありますが、字幕も何もないので、ちょっと全体像を掴みにくいかも知れません。

それでも、新・盗塁王小坂が出現し、同じ年に現監督の西村が引退したりとか世代交代も感じられますし、今のマリーンズにはこれだけの歴史とバックボーンがある、と知る事はとても有意義なことかと思います。
応援スタイルの変化を伺う事も出来ますし。
ボビーの出現はマリーンズにとって重要な、とても大きな出来事だった、とも改めて思いました。

ふと思ったのですが、ルーキーに毎年このようなDVDを見せて球団の歴史を知ってもらう、というのも一考かも。

観て損はないDVDだとは思います。
開幕までの「野球不足」を補うのに良いかも知れませんね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« どこまでもファンを馬鹿にするセの提案 | トップページ | センバツが始まった! »

コメント

BJさん、楽しい話題ありがとうございます!癒されました(笑)。千葉マリンができた当時、東京に観光に来ていたことがあったのですが、ある日の空いた時間に観戦にふと来た思い出が蘇りました。当時は今みたいなロッテに対し筋金入りではなく、生でプロ野球が観たいというレベルでしたが(笑)。今は海浜幕張に在住することになり、ご縁を感じる次第です。私事で失礼しました〜

投稿: トマト | 2011年3月23日 (水) 02時17分

ナレーターの言い方が、「マリーンズ」ではなく、ときおり「マリンズ」と聞こえるのがとても気になりました。「お前は吉井理人か!」と、突っ込みを入れたくなりました(笑)。

投稿: ちえま | 2011年3月23日 (水) 21時33分

>トマトさん
コメントありがとうございます。

イライラするのは書いてて楽しくないので、読んでくださる方はもっと楽しくないですよね。
昔にそんなことがあったのですね。今思うとふらりと寄ったのは将来を暗示していたのでは??人生わからんもんですね。でもきっとなるべくしてなったのだと思いますよ(笑)
我が家は西武ドームは近所感覚です。そんな立地に住むなんて、これまた考えても見なかった・・・。

投稿: BJ | 2011年3月23日 (水) 22時31分

>ちえまさん
コメントありがとうございます。

ナレーターはおじさんでしたから・・・そういう方って読み方にクセがあったりしますね。
吉井は・・・私は本場の発音だとそうなるのかな?と思ってたのですが、「マリンズでなくてマリーンズだと教えられて初めて知った」とか言ってましたね。おい。
関係無いですが、私はGAORAの某おじさんアナがオーティズをひたすら「オーティーズ」と言い続けるのに少々イラッとします(笑

投稿: BJ | 2011年3月23日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/39329606

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「千葉ロッテマリーンズ 20年史」が届きました:

« どこまでもファンを馬鹿にするセの提案 | トップページ | センバツが始まった! »