« TEAM26のパーカーがジャストサイズ過ぎた | トップページ | 今季前半の遠征計画 今年もマリーンズ貧乏やぁ〜 »

2011年2月12日 (土)

大嶺祐太に一喜一憂しながらはや5年

何度か当ブログでも言及しているのですが、私は八重山商工時代からずっと大嶺祐太を応援しています。
てっきりホークスかと思っていたらマリーンズに入団なんかしちゃって、それはそれはもう加速度的に応援しています。とにかく応援しています。・・ここまで来ると理屈じゃありません。うん。

今日は大嶺ニュース祭りです。

【ロッテ】大嶺が声出しで2ケタ勝利宣言(ニッカン)


 5年目のロッテ大嶺祐太投手(22)が、朝の声出しで「開幕から1年間ローテを守り、2ケタ勝てるように頑張ります」と宣言した。同級生には日本ハム斎藤を始め、楽天田中、巨人坂本ら逸材がズラリ。石垣島出身でおっとりした性格だが、内に秘めた闘志に火が付いたようだ。「同級生には負けたくないですね」と初の2ケタ勝利へ意気込んだ。


大嶺は記事中にもあるようにおっとりした性格が良いのか悪いのか。いや、もちろん良いんですが、プロでやっていくにはちょっとこう、物足りないものがあるのもまた事実。

大嶺 剛球復活へノーワインドアップ投球(スポニチ)


 ロッテの大嶺が、新フォームで150キロの剛球復活を目指している。

 今キャンプからノーワインドアップで投球。この日はブルペンでフォームを確認しながら35球を投げた。テーマはスムーズな体重移動で「今まではコントロールを気にして小さくなりすぎていた。プロ入り直後の、躍動感のあるフォームで本来の直球を取り戻したい」。

 プロでは課題の制球難克服へセットポジションからの投球を続けていたが、ワインドアップだった高校時代に最速151キロを計測した直球は140キロ前後。ワインドアップにした昨季は右足にタメをつくる意識が強すぎて2段モーション騒動も起こり、3勝に終わった。制球も球威も向上させるために導き出した答えがノーワインドアップ。「同じ年齢の選手がプロ入りしてくるけど、僕は先に入っているし負けたくない」。勝負の5年目はフォームだけでなく目の色が違う。


プロ入り一年目はノーワインドアップだったのですよね。でも一年目秋に怪我をきっかけにセットポジションになったと。
確かに小さくまとまった感があったので、ノーワインドアップにするのは良いかも知れません。
(個人的には去年のようにワインドアップの方が好きなのですが・・・あのモーションは嫌ですけど)
毎年コロコロ変わるのもどうかとは思いますが、キャンプでモノにして欲しいです。


フォーム改造中…課題口にする大嶺「いい球と悪い球がはっきり」(スポニチ)


 ロッテの大嶺がシート打撃に登板。打者7人に対し、3安打2四球の内容に「いい球と悪い球がはっきりしていた」と課題を口にした。

 入団当初のように、直球で押せる投球を取り戻そうとしている。体幹を意識し、躍動感のあるフォームを模索中。昨季途中から常時セットポジションで投げていたのを、ノーワインドアップに変更した。「監督、コーチにも、もう一回(本格派に)挑戦しろと言われている。自分自身で重圧をかけ、危機感を感じながらやりたい」と力を込めた。


お!いいですね〜自分に重圧をかけるのも大事です。
・・・でも大嶺の場合は他の人にどんどん重圧をかけてもらった方が良い気もしますね。
しかし、去年も直球を取り戻すのが第一だったと記憶してますが・・・記憶・・・違い・・・かな・・・うん。


【ロッテ】大嶺「ストライクが…」(ニッカン)


 今年5年目の大嶺祐太投手(22)が、キャンプ初の実戦形式となるシート打撃に登板した。打者7人に対し3安打2四球。降板後はブルペンへ直行し、フォームを確認するように52球を投げた。「強いボールでストライクが入らなかった。同じリズムで投げられるようにしたいが、難しい」と焦りの表情を見せた。プロ入り5年目で先発ローテ入りが期待されている。同い年の日本ハム斎藤を引き合いに出し、「佑ちゃんはマイペースでやっているみたいだけど、僕はそんな暇ないです」と、次回登板へ巻き返しを誓った。


大嶺の、ほわ〜っぼわ〜っとした性格好きなんですけど(しかし監督に「死んだマグロの目をしている」と言われてしまう高校生ってどんなやねん)、投球以外でユルユル〜でいてくれれば良いです。
今年こそはどっしりとしたマウンドさばきで、落ち着いた大人のピッチングをしてくれることを願っていますし、そうしてもらわないと困ります。・・・・そういう大嶺が想像出来ないのも事実なんですが・・・
一昨年はせっかくホークス和田と一緒に自主トレしたのに、去年は黒滝、山徹、翔太と「自分たち自主トレ」だったので危惧してたら案の定の成績・・・でも今年はまた和田にお世話になりました。ひと安心です。大嶺は絶対年上の人に目をかけて、いや、目をつけて貰った方がいいような気がします。いえ、その方が良いに決まってます。
そんな祐太(祐太呼ばわり)にひと安心したかと思えば今年から寮を出て一人暮らしを始めたことに心配してみたり。
・・嗚呼、なんで人様の子のする事にこう一喜一憂しなければならないのでしょうか。

なかなか安定した投球が出来なくても、大器晩成だし、マー君や唐川みたいなほっといてもきっちり出来るタイプとはどこをどう見ても違うし、大嶺は大嶺らしくゆっくりじっくり成長してくれ〜!
と思って来ましたが、もう5年目になってしまいました。
同期のマー君は一年目から、いまやマエケンもチームの大黒柱です。
もちろん斎藤佑樹や大石もプロの世界に入って来ました。
さすがに、今年は飛躍しないといけません。
なによりなんか悔しいです。

今までのイメージを良い意味で裏切って欲しいですね!
本当に、切にそう思います。
今年は勝負です!
・・勝負しないとまずいです!
頑張ってくれ〜!

・・・・・・伊志嶺、大嶺をよろしく頼む・・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« TEAM26のパーカーがジャストサイズ過ぎた | トップページ | 今季前半の遠征計画 今年もマリーンズ貧乏やぁ〜 »

コメント

こんにちは。
大嶺投手も今年で5年目。そろそろ活躍しなければならない年でしょう。日ハムの斎藤投手に日本中の注目が集まっていますが、彼と同じ年であり、4年長くプロでやってきた力を見せて欲しいですね。
もう一度本格派に挑戦する、いいですね。期待を持って見ていたいと思っています。

投稿: まりんずちゃん | 2011年2月12日 (土) 23時46分

>まりんずちゃんさん
コメントありがとうございます。

高卒5年目ともなればさすがに結果を出さないといけませんよね。
おっしゃるように、既にプロで4年もやってきました。その意地も見せて欲しいです。
今年は、大嶺にとって飛躍のきっかけになって欲しいと願っています。

投稿: BJ | 2011年2月13日 (日) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/38845391

この記事へのトラックバック一覧です: 大嶺祐太に一喜一憂しながらはや5年:

« TEAM26のパーカーがジャストサイズ過ぎた | トップページ | 今季前半の遠征計画 今年もマリーンズ貧乏やぁ〜 »