« 球団担当者の苦悩 〜公式戦日程と球団戦略 | トップページ | 【野球本・1】「都市対抗野球に明日はあるか」 »

2011年2月 7日 (月)

マリーンズ新戦力投手陣は順調のようですね

今日はマリーンズ新戦力投手のニュースが目白押し。
いくつかピックアップしてみます。

【ロッテ】マクローリーがルーキー手玉(ニッカン)

ロッテの新外国人右腕ボブ・マクローリー投手(28=オリオールズ傘下2A)が7日、フリー打撃に初登板。クローザー奪取に向けて、首脳陣に猛アピールした。得意のツーシームで伊志嶺、小池のルーキーを手玉にとり「手元で動くボールが自分の持ち味。石垣でいいキャンプが送れているよ」と笑った。守護神候補の好投に西村徳文監督(51)も「この時期にフリーに登板できるということは、順調にきているということ。細かいコントロールとかはこれから。実戦に入ってからですよ」と満足そうな表情だった。

守護神候補の一人、マクローリー。まずまずのピッチングのようですね。しかし、ルーキー二人が相手ですし、「細かいコントロールとかはこれから」という監督コメントからするとコントロールは良くなかった、とも読めます。まだまだわかりませんが、順調に越した事はありません。


【ロッテ】光原意欲の「おかわり登板」(ニッカン)

 ロッテ光原逸裕投手(30)が7日、意欲の「おかわり登板」を行った。フリー打撃で20分間、打者相手に投球。終了後にそのままブルペンに直行すると、さらに31球を投げ込んだ。「フリーでは力んでしまいましたからね。ゲージの後ろでいろいろな人が見ていたので…」。オリックスからキャンプ直前に移籍してきた。新戦力ならではの注目度の高さに、やや恐縮気味だった。

トレードは誰がなんと言おうとチャンスであることは間違いないです。ここ最近成績を残していない光原ですが、トレードを転機に実力を発揮して欲しいですね。


ドラ3小林「7、8割の」直球でバット真っ二つ(スポニチ)

 ロッテの新人右腕もバットをへし折って、首脳陣に猛アピールした。

 ドラフト3位の小林(七十七銀行)がフリー打撃に初登板。大松、清田らを相手にオール直球で70球を投じ、内角直球で竹原のバットを真っ二つにした。「7、8割の力で投げた。いいところも悪いところもあったし、次に生かしたい」と手応えを口にした。

 阪神にFA移籍した小林宏から背番号41を受け継いだ。昨年のアジア大会では、日本代表の抑えとして銅メダルに貢献。西村監督は「直球に力があった。早く実戦で見てみたい。(将来的に)先発か救援かは分からないけど、最初は長い回」と話し、オープン戦初戦となる2月26日の日本ハム戦(名護)の先発を示唆した。社会人時代は、宮城県庁支店の窓口担当の銀行員だった右腕。堅実なプレートさばきで信頼を勝ち取り、チームの「貯金」に貢献する。

ルーキー、小林も順調のようです。私は小林の投球を全く観たことが無いので、楽しみです。先発であれ、中継ぎであれ現投手陣をどんどん刺激して欲しいですね。

もっとも、今の時期では打者より投手の方が遥かに仕上がってますから、このような報道も話半分に捉えておく必要はあるのですが、順調に調整出来ている事に勝るものはありません。
新戦力は早めのアピールが必要ですし、くれぐれもオーバーワークには気をつけながら頑張って欲しいですね。


一方、バファローズではエース金子千尋が開幕絶望とのこと・・・

【オリックス】開幕絶望…金子千ひじ手術(スポニチ)

 オリックス金子千尋投手(27)が7日、神戸市内の病院で検査を受け、右ひじ遊離軟骨除去手術を9日に受けることが決定した。全治は3カ月で開幕は絶望になった。

 井筒明裕チーフトレーナー(47)によると6日のブルペン投球でひじがロックするような症状が出た。自主トレ中の1月にもなっており、7日午前に緊急帰阪していた。同トレーナーは「関節鏡で遊離軟骨を取り除くが、とげがあれば削ったりする。中を見てみないことには分からない。一般的には1カ月でボールを握れて、2~3カ月で戻れる。ただそれ以上になることもあり、手術の状況を見てから」と説明した。
〜(略)〜

うーむ・・・他球団ではありながら、怪我は残念ですね。幸いにも(?)遊離軟骨除去と言うことで、通常なら完治するものですし、早く元気になって戻って来て欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 球団担当者の苦悩 〜公式戦日程と球団戦略 | トップページ | 【野球本・1】「都市対抗野球に明日はあるか」 »

コメント

この時期の投手の話は話半分で聞いた方がいいとはわかっているものの、どうしても期待値は上がってしまいますね。特にマクローリーは最初の期待値があまり高くなかっただけに、早く実戦を見たいという気持ちです。
金子は初めて知りました・・・。好きな選手だけに残念です。しっかり治して、マリーンズ戦以外の奮闘を期待します。

投稿: tomten | 2011年2月 8日 (火) 08時03分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

・・・この時期はマスコミもなんとかネタを作ろうと(提供してくれようと)大げさにも書きますからね・・・でもおっしゃるとおりやっぱり期待しちゃいます(笑)
マクローリーはいったいどうなんでしょうね。去年のマーフィーの様に嬉しい誤算(失礼!)になってくれると良いのですが。
小林にしろマクローリーにしろ、早く観てみたいです!

投稿: BJ | 2011年2月 8日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/38780567

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズ新戦力投手陣は順調のようですね:

« 球団担当者の苦悩 〜公式戦日程と球団戦略 | トップページ | 【野球本・1】「都市対抗野球に明日はあるか」 »