« 裏方さんあってこそ! 〜マリーンズ、長崎打撃投手兼任用具担当 | トップページ | 球団担当者の苦悩 〜公式戦日程と球団戦略 »

2011年2月 5日 (土)

大松、今年こそ・・今年こそ!

どうにも期待が大きい割になかなか大爆発してくれない大松。

大松、波のない1年を 対処法探りに奮闘(スポナビ、配信元は共同通信)

 昨季は夏場以降の不調で、最後は8番まで打順が下がった。長距離砲にはふさわしくない。ロッテの大松は熱を帯びた口調で「波のないシーズンにしたい」と話した。
 レギュラーに定着して3年。年間を通して成績が安定したことがない。昨季は軸足に体重を残すことを意識するあまり、下半身を使えなかった。オフに打撃フォームを細かく分析し「ぐーっと力をためて、一気に回転で打ち返せていない。開きが早い。一昨年にはできていた。もう一回、呼び戻したい」。
 全体練習後の特打が日課だ。ただ、姿は少し奇妙。普段とは逆で、左手を下にしてバットを握る。ノーステップで振る時もあれば、背筋を伸ばすために背中にバットを差し込むことも。練習法はすべて自ら苦心し、編み出した。「毎日、試合がある。調子が悪いから、では駄目。どうやって直すかを覚えておかないと。引き出しを増やしたい」。不調を長引かせない対処法を探っている。
 目標は中軸の座を取り戻し、100打点以上。「強い気持ちを持って臨む」と自らを厳しく叱咤(しった)した。(浅山)

入団以来、ずっと長距離砲としての期待を(勝手に)して来ました。
ずっとずっと待ち続けて2008年、打率は.262と低いもののホームラン24本・91打点とやっと開眼したか!と思ったら、翌年からまた沈み。
去年はレギュラー固定されたのにも関わらず終わってみれば.260、16本、68打点。
3〜6月
70試合 .285 13本 47打点
だったのが、
7〜10月
72試合 .235 3本 21打点
でしたからね〜〜。

私の中では、今季は「レギュラー剥奪」です。だって、サブローはもちろん清田も岡田だって結果残しましたし、南も神戸も怪我が癒えた早坂だって、ゴールデンルーキー伊志嶺だっています。
競争です、競争!
同じ左の長距離砲として、T-岡田にあっさり、それはもうあっさりと抜かれてしまったのが悔しくて歯がゆくて・・・。

実力でレギュラーを奪う活躍が出来れば、マリーンズの躍進に心強い存在となるでしょう。
今年こそ頼みます、やってくれないと困ります、大松!

一方、同じく期待の大嶺は

【ロッテ】大嶺が右薬指の張りで登板回避記(ニッカン)

 石垣キャンプ第2クール初日の5日、ロッテ大嶺祐太投手(22)が右手薬指に軽い張りを訴え、フリー打撃の登板を回避した。この日は別メニューでノースロー調整。「投げようと思えば投げられるのですが、今日はノースローにします。明日には大丈夫だと思います」と話した。

祐太ァァァァァァ!何をやってるか・・・。
・・・まさか、まさか昨日の休日のハーリーで船漕いだのが原因じゃないよね・・?いや、真面目にそんな気が。本当にそうだとしたら休日にあまり駆りだされるのもどうかと・・・石垣島出身だし、伊志嶺と同い年だししょうがないけど。
でもって、実のところ関係なかったりするんだよな・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 裏方さんあってこそ! 〜マリーンズ、長崎打撃投手兼任用具担当 | トップページ | 球団担当者の苦悩 〜公式戦日程と球団戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/38753604

この記事へのトラックバック一覧です: 大松、今年こそ・・今年こそ!:

« 裏方さんあってこそ! 〜マリーンズ、長崎打撃投手兼任用具担当 | トップページ | 球団担当者の苦悩 〜公式戦日程と球団戦略 »