« ナイスゲームでマリン有終の美を飾った! 2010日本シリーズ第5戦 マリーンズ10−4ドラゴンズ | トップページ | 勝ちきれなかったドラゴンズと負けなかったマリーンズ。流れはマリーンズだ! 2010日本シリーズ第6戦 D2−2M »

2010年11月 6日 (土)

いよいよ最終決戦、舞台はナゴヤドームへ! 

いよいよ、日本シリーズも大詰め、舞台は最後の決戦の地、ナゴヤへと戻りました。
白状すると、このシリーズはドラゴンズに勝てる気持ちが全くなくて、1勝も出来るのだろうか、とすら思っていたのに、まさかマリーンズが王手で第6戦を迎えるとは・・・。

明日の先発投手は大方の予想通り、成瀬とチェンでしょうか?
成瀬はまたプレッシャーのかかる試合での登板となりますが、今季はそんな登板ばかりでしたし、シーズン終盤に素晴らしいピッチングが続いているので自信を持って望んでくれるのではないでしょうか?
落ち着いて自分のピッチングをしてくれれば充分抑えられると思います。

チェン・・・・を攻略するのはやっぱり難しいでしょうね。第2戦はニュースでしか観ていないのでわかりませんが、ニュースを見る限りは右打者の内角をかなり突いている様に感じました。マリーンズ打線は昨日の様に積極的に好球必打で迷いなく打ちに出て欲しいです。みんなセンター返しを心がけていましたし(里崎だけ微妙だった・・・)昨日は不調のサブロー、テギュンに当たりがでましたから、打「線」として眺めるとかなり切れ目のないラインナップになるのではないでしょうか?
ただ、DHが使えないので8番岡田、9番成瀬でしょう。1〜7番でどれだけ点が取れるか。
中継ぎに抜群の安定感がありますので、中盤でもチャンスで成瀬に打順が回れば代打もあるかも知れません。

ドラゴンズは相変わらず森野、ベンちゃん、大島しか打っている印象しかありません。
ブランコは昨日当たりが出ましたが、大勢が決した状態のバッティングでしたし、昨日のエントリーにも書きましたけれどマリーンズバッテリーはずっと外角で勝負してきたので、読んで思い切り踏み込んで打っているのですよね。
考えすぎかも知れませんが、里崎は布石として昨日は外角で打たれている、とも言えるかと。
成瀬がブランコの内角を恐れず突いて、なおかつ生命線のチェンジアップをきっちり外角低めいっぱいに制球出来ればまたブランコは止まると思います。・・・かなり願望が込められていますが。

初戦成瀬に対してスタメンを外れた大島は、明日はスタメンで来ると予想しています。
案外、注意しないといけないのが英智かも知れません。第4戦では体ごとライト前に持って行くようないいヒットを2本放っています。”伏兵”的存在なので、それが逆にちょっと嫌ですね。

ラッキーボーイと目される清田が明日も活躍するようであれば、マリーンズの胴上げが期待出来るでしょう。
明日落とすと7戦は俊介でしょうから、それはそれで計算しやすいですが、明日イーブンにされてしまうと嫌な流れで7戦を迎えることになってしまいます。

明日、成瀬の好投と、繋いで繋いでのマリンガン打線でチェン攻略、これで気持よく胴上げと行きたい所です。
期待しています!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« ナイスゲームでマリン有終の美を飾った! 2010日本シリーズ第5戦 マリーンズ10−4ドラゴンズ | トップページ | 勝ちきれなかったドラゴンズと負けなかったマリーンズ。流れはマリーンズだ! 2010日本シリーズ第6戦 D2−2M »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/37546594

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ最終決戦、舞台はナゴヤドームへ! :

« ナイスゲームでマリン有終の美を飾った! 2010日本シリーズ第5戦 マリーンズ10−4ドラゴンズ | トップページ | 勝ちきれなかったドラゴンズと負けなかったマリーンズ。流れはマリーンズだ! 2010日本シリーズ第6戦 D2−2M »