« 2010日本シリーズ 第1・2戦雑感と今後のプチ展望 | トップページ | これだから野球は面白い 勝利を分けた30cmと数cm 2010日本シリーズ第4戦 マリーンズ3−4ドラゴンズ »

2010年11月 3日 (水)

ラッキボーイ誕生! 2010日本シリーズ第3戦 マリーンズ7−1ドラゴンズ

1勝1敗のイーブンで迎えた第3戦、マリーンズが一ヶ月ぶりのマリンスタジアムで最高の勝利を飾りました!
Img_4282
ニッカン式スコア

両チーム先発は予想通り俊介と山井でした。第2戦が俊介でなくマーフィーで失敗した事で西村監督の起用法が判断が分かれていましたが、今日俊介が結果を出した事でとりあえずはこの選択は正しかったと言えるでしょう。

ドラゴンズの各打者は今ひとつボールが絞りきれていなかったというか・・・データは最大限取っているはずなのに、今ひとつ打ちあぐねていましたね。俊介の出来がそれほど良かったと考えても良いのでしょうか。ニッカン紙上で小宮山が初回先頭荒木がシンカーを自打球とした事で「イケる」と考えたのではないか、と言っていましたが、なるほど〜!です。各打者からするとシンカーが思いのほか厄介だったのかも知れません。それに加え、カーブが制球良く、緩急が実に効いていました。カーブでストライクが取れるとやはり良いピッチングになります。

落合監督はDHに”ブーちゃん”中田亮を起用し、私も注目していたのですが機能しませんでした。完全実力主義の落合監督でしたから余程の根拠があるのかと思いましたが・・・。

ドラゴンズ打線最大のキーマンであるベンちゃんを完璧に封じたのも大きかったですね。ドラゴンズからすると、同点に追いつかれた直後4回ノーアウト1塁でベンちゃんが併殺に倒れたのが一番のポイントだったかと思います。

俊介は危なげのない好投で、97球1失点完投とこれ以上はないくらいのピッチングを披露してくれました。一度ファーム落ちして、ポストシーズンで上がってからは素晴らしい投球が続いています。来季にも大きな期待を抱かせてくれる好投でした。

マリーンズ打線はといえば、先制されたあとにすぐ同点に追いついたサブローのタイムリーが一番のポイントだったかと思います。初戦もそうですけれど、逆転(先制)された後にすぐ追いつけるというのは流れでも雰囲気の意味でも大きいです。しかもコンパクトにセンター返しと理想的なタイムリーでした。
そして何と行っても清田ですね。第一打席でセンター前ヒット。ゆるいスライダーを待って待って、充分引きつけた上でセンター返しという、まさに金森バッティング。普通変化球を惹引っ張っちゃうんですが。このバッティングが4回の逆転3塁打につながったと思います。素晴らしい。
これで清田はシリーズ11打数4安打4打点、打率.364となりました。短期決戦ではラッキーボーイの出現が不可欠ですが、清田がラッキーボーイになりそうな予感がします。
早くもMVPとの声も上がり、さすがにまだ2勝ですからそのあたりの話は先走りすぎにしても、シーズン終盤から続く清田の好調は頼もしい限りです。
清田と仲の良い荻野貴は祝福しつつも、内心悔しい思いもしているでしょうね。来季は良きライバルとして切磋琢磨して欲しいです。伊志嶺も入りますし。

打線は清田サブロー以外にもセンター返しを心がける姿勢が強く感じられ、今後も期待できる内容でした。8回先頭の里崎がどういうバッティングをするか興味を持って観ていたのですが、3Bー0Sからやはりというかブン回しましたね〜まあ里崎らしいというか・・・一発を狙ってもいい所ですが、ここもグッと堪えてコンパクトに行って欲しかったのですが。まあ、4回大量点につながる超貴重なナイス送りバントを決めてますから、相殺かなあ。

岡田のバッティングが心配ですね。今日は2度低めのボールになる変化球に手を出してしまいました。今日もスタメンだとは思いますが、西村監督が本当に厳しい姿勢で望むとすると、スタメン南もありえます。今だけではなくて来季も1軍を掴む為に、岡田は自分のスタイルを良く考えて欲しいです。応援しているだけに、ちょっと残念でした。

さて、第4戦の先発はドラゴンズは大方の予想は山本昌。一部中田か、という話もあります。対するマリーンズはペンがほとんどですが、唐川という予想もあります。ペンだとしたら、第5戦は唐川、6戦が成瀬。唐川だとしたら、5戦は中四日で成瀬。
なんとも予想は難しい所ですが、私個人の希望としては7戦あるシリーズですし、ペンー唐川ー成瀬ー俊介(中四日)の形で行って欲しいです。さて、どうなるでしょうか。予告先発がないとこういう面白さはありますね。

山本昌はスクリューが決め球。マリンの風がどう影響するか、そのあたりも含め興味深く第4戦を待ちたいと思います。

☆ドラゴンズは大島が今日も躍動。本当にいい選手。駒大時代、清田とは東都で凌ぎを削ったのですね〜
☆ドラゴンズ、2番井端をいじってくるか、DHに誰を持ってくるか興味津々。DHは藤井か・・個人的に堂上剛を観たいけど、スタメンはないかな。
☆ヒーローインタビューの後、清田と俊介がライトスタンド前でCS優勝の時のように応援に合わせて肩を組む。球団主導でやらされているのがミエミエでちょっと白けた。あのシーンを見て球団は「いただき!」と思ったのだろうなあ、と。CS優勝の時は選手たちが自発的にやってたからとても嬉しかったのに・・・。こんなとこに不満持つのってヒネクレ過ぎてますかね・・・・。

では、今日の画像です(クリックで拡大します)

マリンスタジアム。やっぱり綺麗な球場・・大好きです
Img_4204

スコアボードに掲げられた球団旗って好きなんです。これを見るとわくわくしてきます
Img_4206

球場正面
Img_4213

やっぱりドアラは外せない
Img_4237

井口タイムリーでがっくりする谷繁
Img_4252

中田亮。2年生ながら明徳義塾で甲子園出場していたのを思い出す。実は足も速い
Img_4254

俊介!!
Img_4269

西村監督 一年目という事を考えるとやっぱり良くやっているなあ〜と
Img_4278

今日のバンザイ
Img_4293


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 2010日本シリーズ 第1・2戦雑感と今後のプチ展望 | トップページ | これだから野球は面白い 勝利を分けた30cmと数cm 2010日本シリーズ第4戦 マリーンズ3−4ドラゴンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/37514055

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキボーイ誕生! 2010日本シリーズ第3戦 マリーンズ7−1ドラゴンズ:

» 俊介会心の完投勝利!清田もナイスバッティング! [いすみマリーンズ]
ドラゴンズ  001000000 1 マリーンズ 00140020X 7 D:● [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 18時52分

» 【日本シリーズ】渡辺俊介の力投&清田の活躍でロッテ2勝目! [FUKUHIROのブログ・其の弐]
(千葉マリン) 中 日001 000 000=1 ロッテ001 400 20×=7 <投手> (中)山井−鈴木−清水 (ロ)渡辺俊 ○渡辺俊1勝 ●山井1敗 ナゴヤドームから千葉マリンに舞台が移った 日本シリーズ第3戦。ロッテが渡辺俊介の 力投と打線がうまくかみ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 21時51分

» 419 11/2:ラッキーボーイだ、清田選手! [まりんずちゃん2010]
今日の結果です。 ロッテ(2勝) 7−1 中日(1勝) 勝利投手 渡辺俊 ヒーロー 渡辺俊、清田 観衆 26923人 まずは清田選手でしょう。満塁から見事な三塁打! 先日も本塁打を打ち、今絶好調ですね。本当に新人ですか? 日に日に成長している感じを受けています。シリーズのラッキーボーイですね。 そして、渡辺俊介投手も素晴らしかった! 97球、無四球での完投でした。以前インタビューでありましたね。「打たれているときが別の僕です。今日は本当の僕です」。今日は本当の俊介投手でしたね。97球完投という... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 00時02分

» 奇数戦重視のM、偶数戦重視のD!この流れを破った方がシリーズを制す! 11/2日シリ第3戦結果 [PLAY THE GAME!]
マリンでの日本シリーズ3戦連続生観戦という幸運に恵まれ、思い立った3泊4日の千葉遠征♪ この時期に千葉に出向くとあってはトライせずにいられないのが、船橋東武でのプロデュース選手権! という事で、まずは満面の笑みのこの選手のビビンバを食す事にしました! 金... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 16時03分

« 2010日本シリーズ 第1・2戦雑感と今後のプチ展望 | トップページ | これだから野球は面白い 勝利を分けた30cmと数cm 2010日本シリーズ第4戦 マリーンズ3−4ドラゴンズ »