« 凡戦。 ホークス1−0マリーンズ | トップページ | いよいよ決戦の舞台は最終戦へ!良くぞここまで来た・・ ホークス2−5マリーンズ »

2010年10月17日 (日)

ここへ来て1番の勝ち方が出来た! ホークス2−4マリーンズ

野球って言うのはほんとに面白く不思議なもので・・・昨日あんな負け方をしたのに、今日は最高の形で勝ちました。
何と言うか、涙が出るような勝利・・・良く勝ちました、ほんとに。
ニッカン式スコア

まず、なんと言っても俊介。
ファーストステージでの中継ぎ好投のイメージをそのまま持って来ました。カーブでストライクが取れると本当に安定します。いつものようにコントロールはアバウトながら、四球を1つしか出さなかったのが大きいです。右打者のインコースを攻めるシュートも素晴らしかったし、一転外角いっぱいにカーブ。緩急のお手本のようなピッチングで、ホークスの打者にタイミングを合わさせませんでした。まさに「手玉に取った」という感じで、ここまで打者を翻弄したのは久しぶりな気がします。

ファーム落ちしている間、想像するに多分相当考え悩んだと思うのですよね。真面目な俊介のこと、大げさかもしれませんが、来シーズン以降の自分の置かれる立場のみならず、この先やって行けるかどうかまで考えたと思うんです。でも、今日のピッチングなら大丈夫です。無風のドームでの好投というのも自信になったのではないでしょうか。日本シリーズに進出出来たときはもちろん、来季もやってくれると信じています。

ホークス打線は俊介に最後までタイミングが合いませんでした。9回を迎えるまで、安打は2、4、5回の4安打のみ。中盤からますます術中にはまって行った要因のひとつに、マリーンズ中継ぎの存在があったのかも知れません。2試合中継ぎ陣から点を取れていないという事実が焦りを招いたと思っています。マリーンズがホークス中継ぎ陣の存在を恐れているように。

最終回はコバヒロが登板、ファーストステージよりは多少良いかな?とは思ったものの、ストレートもフォークも本来ではありませんでしたし、俊介のランナーを還してしまいましたが、でも、コバヒロでセーブを挙げた、という事実が大きいですね。

マリーンズ打線。
2回の今岡の先制ソロがとても大きかったと思っています。ホームランでしか点が取れていなかったマリーンズですが、先制のソロというのは話が別。まず先制した事でチームが乗って行けました。今岡はこのホームランだけでも充分な仕事をしました。移籍後初ホームランが良い所で飛び出しました。
その後も、中押しに大松のタイムリー、ランナーを犠打できっちり3塁に送ってからの内野ゴロでの追加点、ダメ押しにタイムリーと理想的でした。3点目の内野ゴロは相手に与えるダメージも大きかったと思います。
タイムリーも出ましたし、バリエーションに富んだ点の取り方が出来たことはなんとも心強いです。

サブローがタイミングが全く合っていないこと、里崎にブン回し癖がまたぞろ顔を出してきたこと(8回3Bー0Sで難しいシュートをフルスイング・・3Bー0Sから打って出るのは結構好きなんですが、打つ球じゃなかった。最後はお約束の落ちる球で三振)がやや不安材料ですが、焦ってバッティングを崩しているように見えた西岡が2安打しましたし、バントも3つ決めましたし(西岡のバントで里崎が2塁封殺したけど悪いバントじゃなかった)今日の様につなぐ意識で望めば、ある程度の点は望めるのではないでしょうか?

今日改めて目を見張ったのは清田の潜在能力です。今日は2度試みたエンドランはファールになりましたけれど、バントもきっちりできるし、一番光ったのは9回西岡を1塁に置いて、追い込まれてからコンパクトにセンター返ししてショートゴロ進塁打を打った場面。非常にセンスを感じます。もちろんシーズン中からパンチ力や右打ちに光るものはありましたが、今日一段と感じ入りました。
入団時はドラフト4位の評価に複雑だったようですが、確かに上位で消えていてもおかしくなかったと思います。良く獲得してくれました。
ルーキーながらのこの存在感。来年はサブロー、大松も安泰ではないですね、ほんと。というかレギュラー取って欲しいし、取れる。荻野貴も内心ちょっと焦っているかも知れません。

以前も書きましたけれど陽兄弟はなぜか気になるのですよね。
ホークス陽の今日の登板もある意味かなり気にして観ていたのですが、ちょっと固かったかなあ。それでもそれなりに投げたと思います。ストレートは速いし、スライダーとカーブとのコンビネーションが決まるようになれば来年は結構やっかいかも知れません。今日はカウントを悪くすると明らかに置きに行ってしまう場面が見受けられて(大松のタイムリーはもろにそうでした)、そのあたりが来年への課題でしょうか。

ホークス打線は全体を通して湿っています。シーズン中から、湿っていたかと思えばやたら好調になっていたり、ちょっと掴めない打線なのですが・・・多村は状態はかなり良さそうです。松中に今日初ヒットが出ましたが、内容的には今ひとつ・・・小久保は普通の状態ですかね。今日は6番のペタorオーティズと7番の松田を入れ替えましたが、松田がかなり当たっていない・・・でもいきなり打つ今江タイプだしなあ。クリーンナップはもちろん、6、7番を抑えられるかどうかも大きいですね(って当たり前か)。

マリーンズで気になるのは清田と西岡が接触して一時昏倒したこと・・・西岡は左足、清田は右足を痛めた様子・・二人ともプレーに復帰しましたが、かなり痛いと思う。特に明日以降に痛みが出そうで、心配です。大した事がなければ良いのですが。

今日の試合で思ったのは、シーズン中も書きましたが、やっぱりマリーンズは先発が試合を作ってなんぼ、という事。そして先行逃げきり。
今日は失うものが無い者の強さが出たのかも知れません。うまく開き直っていた様に感じました。
明日勝つと互角になるでしょうね(星だけじゃなくて、ムード的に)。
ここまで来たら、日本シリーズ云々より純粋にマリーンズに勝って欲しいです。

そして明日。
いよいよ大嶺祐太先発です!
ああ、どうしよう・・・・私は大嶺の高校時代からずっと思い入れがあって、マリーンズで一番応援している投手。勝手に弟のような、身内のような思いを抱いている投手。
シーズン中盤に抹消になったまま、いきなりのポストシーズンゲーム、ただでさえメンタルが課題とも言われている大嶺にこの状況で登板機会が来るとは・・・。相当のプレッシャーだと思います。今までの登板の中で間違いなく一番の大試合です。
もう、開き直って、一世一代の投球を見せて欲しい。もちろんブルペンは総動員体制でしょうが、とにかく試合を作って欲しい!
明日の試合、祐太登板と言う事で私がなんだか凄い緊張しています。そして密かに7回くらいまで好投してくれることを期待しています。
みなさん、祐太という事で不安感満載だと思いますが、信じて応援してやって下さい!明日、好投出来れば、本人にも大きな大きな経験になる筈です。もし日本シリーズ進出したら、先発として計算も出来ます。
明日の大隣も祐太と完全に被るタイプで、力はあるのにメンタルが・・という投手。二人の投球が注目ですが、祐太、弱気は封印だ。今シーズンの想いを全て込めて、思い切り行ってくれ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 凡戦。 ホークス1−0マリーンズ | トップページ | いよいよ決戦の舞台は最終戦へ!良くぞここまで来た・・ ホークス2−5マリーンズ »

コメント

俊介はやはり里崎の好リードもあってのナイスピッチングでした。仰るとおり手玉に取ったとの投球が光りましたし、きっと悩んだんでしょうね。その結果の「原点回帰」これぞ俊介、持ち味を発揮しました。

そして大嶺、きましたね。マリーンズファンはみんな不安8割期待2割で見ていることでしょう。だからこそ明日、いい投球をしてくれれば、見る目も変わることと思います。期待しましょう!

投稿: tomten | 2010年10月17日 (日) 21時19分

今日は俊介投手、ナイスピッチングでした。
ホークス打線が当たっていないとはいえ
この状況であの内容の投球が出来るのはさすがです。

望みは繋がって明日は大嶺投手

他にいないのもありますが
(吉見投手あたりはホークスとの相性がボロボロですし)

ここは大嶺投手に期待して
良い意味で今後の野球人生のターニングポイントに
してもらいたいです!!

投稿: マットゥン | 2010年10月17日 (日) 23時34分

やっぱり勝機は低いかな?こんな時に唐川がいてくれたらなー

投稿: マリファン | 2010年10月18日 (月) 00時48分

>tomtenさん
おかえりなさい!福岡、お疲れ様でした。

今日の俊介は素晴らしかったですよね。ほんとうに「原点回帰」で、こういうピッチングを忘れずにいれば来季は安定した活躍をしてくれることでしょう。

大嶺へのファンの不安感はまったくとーぜん、なのですけれど、私からするとやっぱりちょっと悔しい気持ちもあってですね。1コ下の唐川があんなしっかりした子なので(笑)ますます大嶺の不甲斐なさが目についてしまうこともあり。
明日は「どうだ!」という投球をして欲しいです。
祐太、今晩寝られるのかなあ?

投稿: BJ | 2010年10月18日 (月) 00時50分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。

俊介はベテランの味でしたね!さすがのピッチングでした。最初、顔が硬いようにみえてちょっと不安でしたが、杞憂に終わりました(2005年、ファーストステージ初戦を思い出しました。いきなり栗山にスタンドにブチ込まれたんですよね・・・)

大嶺にはこれ以上ないプレッシャーの掛かる状況での登場ですが、自分を見失わず自信を持って攻めて欲しいです。
ああ、このCS、いろんな意味で明日が一番ドキドキしてるかもしれません(笑)

投稿: BJ | 2010年10月18日 (月) 00時57分

>マリファンさん
コメントありがとうございます。

まあ、そう言わないで大嶺応援しましょう!確かに唐川がいないのはめちゃくちゃ大きいですし、万全だったら唐川でしょうけれど(そして唐川なら堂々としたピッチングするのでしょうけど)。
来年以降も大嶺には先発に入って頑張ってもらわないといけませんし、明日がどう転んだとしても来季への糧になります。
私には珍しく、ポジティブです。

投稿: BJ | 2010年10月18日 (月) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/37275377

この記事へのトラックバック一覧です: ここへ来て1番の勝ち方が出来た! ホークス2−4マリーンズ:

» 404 10/17観戦:福岡向けて応援しよう [まりんずちゃん2010]
「ラララララララ ラララララララ 福岡向けて 応援しよう」 「上海万博」にあわせて歌ってください。新しい応援歌です! さて、今日の結果です。 ロッテ 4−2 ソフトバンク 勝利投手 渡辺俊 セーブ 小林宏 本塁打 今岡 今日はマリンへパブリックビューイングを見に行きました。3年前、日本ハムと札幌ドームで行われたときよりもはるかに多い観衆です。写真の様子からも分かるように、内野1階席はほぼ満員でした。2階席、外野席は開放していませんでした。 マリンビジョンに映る映像を見ながらの応援ですが、結構... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 19時35分

» 風はマリーンズにある [マリスタ劇場へ行こう]
前の試合は、勝利投手マーフィー、敗戦投手マーフィーとも言いたくなるようなひどい自作自演の試合を見せつけられたが、今日の試合はその悪い流れを断ち切ることができるようなよい試合であったと思う。... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 20時31分

» 粘るロッテ!無風という風を掴み、俊介、ドームで躍動! 10/17 CSファイナルSホークス戦結果 [PLAY THE GAME!]
負けるか引き分けでホークスの日本シリーズ進出が決まるという瀬戸際に立たされて迎えるクライマックス・パ・ファイナルステージ第4戦! 生き残れマリーンズ!(テレビ中継映像より) 試合から遠ざかっていたホークス打線がこの3試合眠り続けて4安打ずつしか打てていない... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 20時35分

» まだ終わらん!俊介好投&今岡初アーチで夢つなぐ [いすみマリーンズ]
M:○渡辺俊-S小林宏 H:●陽耀勲-金澤-甲藤-藤岡 [ホームラン]M:今岡[ [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 21時13分

» 息を吹き返した千葉のカモメ&トラの息の根を止めた東京のウサギ!! あるか?シーズン3位同士の日本一決定戦  【プロ野球 クライマックスシリーズ】 [不定期更新のスポーツニュース201X (ちょっと時事ネタも) ]
  プロ野球のクライマックスシリーズは17日、パ・リーグのファイナルステージ第4戦が福岡ドームで、セ・リーグのファーストステージ第2戦が甲子園球場で行われた。   まずパ・リーグの福岡ソフトバンク×千葉ロッテの試合は、先発した渡辺(俊)投手の好投に打線が…... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 22時57分

» いちにち、今季のマリーンズが永らえた(20101017vsH) [ライトヒッティングな生活]
そのいちにちのために、必死で戦った。 [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 00時40分

« 凡戦。 ホークス1−0マリーンズ | トップページ | いよいよ決戦の舞台は最終戦へ!良くぞここまで来た・・ ホークス2−5マリーンズ »