« ホークスへの挑戦権はマリーンズに ライオンズ4−5マリーンズ | トップページ | 成瀬今季最高の投球!頭を取ってイーブンに ホークス1-3マリーンズ »

2010年10月14日 (木)

いよいよCSファイナルステージ!~複雑な気持ちとともに~

いよいよファイナルステージが明日に迫ってきました。
そんな中、久しぶりにブログ更新・・・と思ったらMacが立ち上がらない・・・
今はサブPCで更新です。更新が遅くなってしまった上になんでこんな時間からリカバリしないといけないのか。

さて、先発は中四日で成瀬と発表になりましたね。
しかも勝ち上がればまたしても中四日で第6戦先発予定とタフな日々が続きます。
今季の成瀬は大舞台をすべて任され、負担がとても大きいですがこれも「エース」の宿命・・・
来年以降、真のエースになるための必要なステップだと思います。
今季の経験は大きな、大きな財産となるはずです。
身体はキツいでしょうが、がんばってほしい。絶対に来期の成瀬は大きく成長した姿を見せてくれるはずです。

先発の第2戦以降は、ホークスがまだ微妙ですが

     M      H
第2戦 ペン     和田
第3戦 マーフィー  ホールトン
第4戦 俊介     大隣
第5戦 大嶺     陽
第6戦 成瀬    杉内 

ということになりそうです。ホークスは3~5戦が順番含め流動的ですね。山田もあるかも知れません。

マーフィーも中四日で第2戦でいいんじゃ?とも思ったりもしますが・・・休養たっぷりのペンがいますし、無理する必要はないのかもしれません。
ペンの信頼感もあるでしょうし、左、右、左と続くので目先を変える意図もあるのかも知れません。ペンはなんだかんだで試合を作ってくれそうですしね。
マーフィーはシーズン終盤、ファーストステージと不安定でしたし、俊介、大嶺はどう転ぶか計算できないところがあります。
しかし、朗報が入って来ました!マーフィーの奥さんが来日だそうで!これは非常にでかいですね。マーフィーはこれで計算が立ったかもしれません。

打順は今江2番という話もありますね。今岡DHという話も出ていますし、里崎先発復帰という話も。
そうなると打順はどうなるのでしょう?

1 遊 西岡
2 三 今江
3 二 井口
4 右 サブロー
5 一 テギュン
6 捕 里崎
7 DH 今岡
8 左 大松
9 中 清田

ちょっと大胆に5番テギュンとしてみました(笑)実際は7番あたりですかね。今江を2番にしてしまうと5番がいないんですよね。福浦がベストだとは思いますが、足の状態もありますし。
しかし、個人的には2番清田、5番今江でいってほしいという気持ちがあります。
里崎のラッキーボーイ的活躍は驚愕ものでしたが、カードが変わるとそういうのもガラッと変わってしまうのが野球の怖さです。他にラッキーボーイが出てきて欲しいです。今江とか清田あたりに期待したい。

マリーンズはとてもよい形でファーストステージを勝ち上がってきましたし、確かに状態は良いですが、
実際のところホークス有利は動かないでしょう。
SBM48ちょの安定感は相当なものがあります。
対して、マリーンズはコバヒロの状態がかなり良くない・・具体的な情報があるわけではありませんが、ファーストステージを見ている限りでは厳しいと思います。
それに、内もやはり不安定ではあるし、伊藤は良いですが薮田も微妙、古谷はファーストステージでは登録をはずれ、晋吾は全く投げていません。

マリーンズが勝ち抜けるには当たり前ですが4勝が必要な訳ですが、マリーンズ打線が爆発し、コバヒロを使うことなく先発がすいすい投げて勝利・・というのはあまり望めません。
レギュラーシーズンを通して完投が望めるのははっきり言って成瀬だけですし、中四日ということを考えると、そこまで望むのは酷というものでしょう。他の4人は当初から継投を余儀なくされるでしょうね。
また、俊介が先発するとなると、ファーストステージ第戦のように、「流れを渡さないロングリリーフ」ができる投手がいない・・・晋吾くらいしかいません。その意味でも苦しいです。
その状態で4勝するというのは・・・うーん、難しいなあ。

とにかく、初戦を取りたいですね。取ればイーブンです。落として0勝2敗となると相当厳しい。

とはいえ、ファーストステージのマリーンズの戦いぶりは想像以上の底力を見せてくれましたし、夢を見させてくれるに充分でした。今回もまた予想を上回る力を見せてくれるに違いない、と期待しています。

********************************************

しかし、私には勝負とは別に複雑な心境があるのでした・・
マリーンズファンの皆様をしらけさせるような事を言いますが、私はやっぱり「レギュラーシーズン優勝」ということは本当に価値があることだと思っています。日本シリーズに出るチームはやはり優勝チームであって欲しい。

・・・これはCSの存在意義をもろに否定する考えなのですが、その一方、CSがもたらしたもの、シーズン終盤にもレギュラーシーズンンとまた違った緊張感のある試合が観られるというメリットは想像を超えたものがありました。マリーンズが関わっていない試合でも、毎年すばらしい試合を楽しむことができています。

もちろんマリーンズに負けて欲しい、と思っているわけではないのですが、「CSを勝ち上がって日本シリーズ出場、優勝だ!」と声高に言う気持ちにもなれず、とは言いながらもすばらしい試合を見せてくれるであろう楽しみはそれはもう本当にワクワクしていますし・・・となんともいえないジレンマを抱えて明日を待つ心境です。
「じゃあお前はいったいどうして欲しいのだ」と問われると「わからん!とにかくすばらしい試合が観たい」としか言いようがありません。

細かいことにこだわらずに楽しめばいいのに、自分でも損な性格だな・・とは思いますが、レギュラーシーズン優勝に価値を感じるという考えは譲れませんし、しょうがないですね。
いっそのこと、マリーンズが勝ち抜け初の3位からのシリーズ出場となったときに果たしてどんな物議をかもすのか見てみたい、というカワイクないヒネた気持ちもすこーしあったりします。

しかし、この時期にまだマリーンズの試合を、しかもピリピリした緊張感の中で観ることができるというのはやっぱり楽しみですし、幸せなことです。
とにかく、野球を楽しみたいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« ホークスへの挑戦権はマリーンズに ライオンズ4−5マリーンズ | トップページ | 成瀬今季最高の投球!頭を取ってイーブンに ホークス1-3マリーンズ »

コメント

打順に関してはわかりませんが、蓋を開ければ2番清田5番今江な気もしないでもないです。先発といい打順といい、予想があまりつきませんね。
確かに複雑な部分もありますし、シーズン優勝はソフトバンクです。私も同意見ですが、3位から上がって物議を醸し出すというのは、非常に面白いと思ってますよ。
素晴らしい、負けてもいいから歴史の1ページを切り開くゲームを期待しています。

投稿: tomten | 2010年10月14日 (木) 07時37分

はじめてコメントします。興味深く拝見させていただいています。とりわけ、3位のかかった終盤のわがロッテ、ハム、オリの三つどもえの争いの頃は、BaseBall Journeyさんが日々更新されていた、星取り表がとても役に立ちました。この機会に御礼を申し上げます。

さて、今日からのCS2、失うもののない3位チームには本当にありがたい制度で、ファンも一攫千金の思いで盛り上がってしまいますが(私もご多分に漏れませんが)、「勝って当然」の1位チームにとっては、負けてしまうと、選手にもファンにもどこか割り切れない気持ちが残ってしまうでしょうね(それがこれまでのソフトバンクですが)。

アメリカのように、各リーグに3地区あって、それぞれの1位チーム+ワイルドカード(勝率1位の2位チーム)によるプレーオフはとても妥当に思えますが、日本の場合は、プレーオフ=CSを組むには、やはり球団数が元々少なすぎる、ということに尽きるのではないでしょうか。

というわけで、CSのためには、将来的にチーム数の裾野が広がっていくことが理想ですが、その点では先んじているJリーグも収益面での問題を抱えているようですし、ましてや横浜売却騒動の渦中にあるNPBにとっては、夢のまた夢、かもしれませんが。

と、CSの将来を憂いつつも、わたくし、今日からまたしばし夢の続きが見られることに単純に幸せを感じてしまう、そんな一ファンに過ぎません。今後ともよろしく。

投稿: ちえま | 2010年10月14日 (木) 15時56分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、フタを開けてみれば2番清田5番今江でした。この方がしっくりきますね。
なんとマリーンズが先勝しました。これで星勘定の上ではイーブンです。明日からいよいよ両チームのしのぎを削る好試合が観られるのではないかと期待しています!

投稿: BJ | 2010年10月15日 (金) 00時37分

>ちえまさん
初めまして、コメントありがとうございます!
星取表、そう言っていただけるととても嬉しいです。手作業なので(もちろん表計算ソフト使用ですけれど)ミスがあったりと、その意味ではご迷惑をおかけしたこともあったかと思います。

CS開始直後はホークスが連続で1位通過しながら敗退し、2位以下で望んだ時もやはり敗退と鬼門化してますもんね。選手やファン、関係者の心中を思うと複雑なものがありました。今回はその意味でリベンジのチャンスですから、ホークスにも頑張って欲しいです。

CSの形、悩ましいですよね。3地区制にして、プラスワイルドカードの4チームで組むという案も考えられますけれど、長年セとパに親しんだ日本では抵抗感があるかも知れませんし、おっしゃるように球団数が12の日本ではなかなか難しい。
CSのもたらすメリットを考えると良い制度だと思いますし、私もいろいろ考えてはいるのですが。(いつか機会があればエントリーしたいと思います)

とか言いながら、やはりこの時期に真剣勝負が観られるのは幸せですよね!選手たちに感謝したいと思います。CS制度にも感謝しないといけないのですよね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!

投稿: BJ | 2010年10月15日 (金) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/37222699

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよCSファイナルステージ!~複雑な気持ちとともに~:

« ホークスへの挑戦権はマリーンズに ライオンズ4−5マリーンズ | トップページ | 成瀬今季最高の投球!頭を取ってイーブンに ホークス1-3マリーンズ »