« 私が一番注目する高校生投手は・・・ | トップページ | 2010日本シリーズ 第1・2戦雑感と今後のプチ展望 »

2010年10月28日 (木)

2010年ドラフト会議終了 マリーンズはショータ祭り

全国のプロ野球ファン注目のドラフト会議、2010年が終わりました。
マリーンズは早くから公言していた斎藤佑樹投手をクジで逃しました。
まあ、既定路線て気はします。だって、マリーンズにスター選手の入団ていまひとつ似合わないもん(笑)
万が一引き当ててしまったらこれから「斎藤狂騒曲」で大騒ぎになるのは目に見えてましたから、正直言ってホッとしてます、はい。
ファイターズが交渉権獲得という事で、マー君との対決がそのうちにあるでしょうね。なんにせよ、注目投手がパ・リーグに来るのは良い事です。

さて、マリーンズの指名選手です。

1巡目 伊志嶺翔大 外野手 東海大
2巡目 南  昌輝 投手 立正大
3巡目 小林  敦 投手 七十七銀行
4巡目 小池 翔大 捕手 青学大
5巡目 江村 直也 捕手 大阪桐蔭
6巡目 藤谷 周平 投手 南カリフォルニア大

育成枠指名
1巡目 黒沢 翔太 投手 城西国際大
2巡目 山口 祥吾 投手 立花学園
3巡目 石田 淳也 投手 NOMOベースボールクラブ

斎藤佑樹投手を外しての1位指名が伊志嶺選手、というのは驚きました。まず即戦力投手で行くものと思ってましたし、去年荻野貴司、清田育宏と右打ちの外野手を獲得していましたから。
察するに、荻野貴、早坂の足の状態がなんとも言えないという事なのかも知れません。あまり考えたくありませんが・・・・
伊志嶺選手は走攻守三拍子+強いリーダーシップも兼ね備えた四拍子揃った大学No.1外野手。きっと、スピードのある外野手を求める西村監督の意向が強く働いた指名だったのではないでしょうか。1位は斎藤佑樹投手でいいけど、その代わり外れたら俺の希望で、というような話でもあったかもわかりませんね。
しかし、サブローが来季はフル出場は無理であろうと言うこと、左投手でも固定し続けた大松が今年の成績でしたので来季は特権も剥奪と私は予想していますから、伊志嶺選手が加わるのは良いことだと思いますよ。場合によっては外野3人が荻野、清田、伊志嶺と実にフレッシュな布陣も見られるかもしれません。それに、大嶺祐太と同学年ですから、伊志嶺選手の持ち合わせたリーダーシップで大嶺に好影響を与えて欲しい、という私の願いもあります。なにより良い選手ですから、楽しみです。

2位以下で投手陣の指名となりました。南投手は怪我と、調子の波が激しいところがちと心配ですね。小林敦投手は私は良く知らないのでコメントは控えます。
そして、4位で小池捕手が獲れた事は良かったのではないでしょうか?これまた大学No1捕手と言われる素材、この選手が獲れた時点でドラフトは成功と言っていいと思います。
習志野高校の山下捕手がライバル球団のホークスに指名されてしまったのは複雑な所ですが、高卒捕手を育てるのは難しいですし、山下捕手は内野手へ、という話もあるくらいでしたから、仕方ないのかな。(個人的にはホークスで捕手として頑張って欲しいのですが)
江村捕手は私には全くノーマーク的存在でした。大学卒の捕手、下位で将来性を見越した高校卒の捕手指名という形は良いかと思います。

そして面白いのが6位、南カリフォルニア大学の藤谷投手ですね!ドラフト前にスポーツ紙などでその名前が出てきましたが、本当に指名するとは。バレバレではありましたけど、こういう「隠し球」的な、ベールに包まれた存在というのはとても面白いです。

育成枠の黒沢投手、山口投手、石田投手は失礼ながら全く知りません。ですが、どんな投手なのか、逆に楽しみでもあります。
なんとドラフト指名9選手に「しょうた」が3人、現在籍の翔太とあわせて「しょうた」が4人となりました。これってかなり珍しいような。

9選手は期待と不安とでいっぱいだと思います。プロの世界は厳しいと思いますが、マリンスタジアムで輝く日を胸にぜひ頑張って欲しいです。千葉ロッテマリーンズにようこそ!

他球団の指名選手で気になっている選手を少し。

まず昨日のエントリーで触れた、気になる高校生投手3人。
糸満の宮國君はなんとジャイアンツへ・・・・大変失礼ですが、ジャイアンツには行って欲しくなかったな・・・カープとか、高校生をじっくり育ててくれる球団が良かった・・。松本工業の柿田君は指名がありませんでした。今後の進路を気にしたいと思います。北照の又野君はスワローズへ。当初から外野手指名ですね。

タイガース4巡目、南陽工業の岩本投手も気になります。
カープ3巡目の岩見優輝投手(大阪ガス)は熊本工時代の活躍が印象に残っています。
ライオンズ5巡目の林崎遼内野手(東洋大)は東洋大姫路で、6巡目の熊代聖人外野手(王子製紙)は今治西での甲子園の活躍が鮮明です。
ファイターズ4巡目の榎下陽大投手(九産大)は鹿児島工で甲子園で活躍、
バファローズの1巡目、後藤駿太外野手(前橋商)も甲子園での活躍が記憶に新しく、とにかく華があって野球選手らしい野球選手になるのではないかと。

そんな中、密かにマリーンズに来て欲しいと思っていたのが
イーグルス2巡目の美馬学投手(東京ガス)。168cmの身体から名前の通り?素晴らしい馬力を発揮。なんかこういう投手も好きなんですよね〜。
イーグルスは5巡目に勧野甲輝内野手(PL学園)を指名しました。"清原以来の1年生4番”の勧野君は怪我にも泣かされ、実力を完全に発揮出来ないままでしたが、素材に期待してでしょうか、育成枠という話もありましたがイーグルスが指名しました。

どうしても私の場合はアマチュアは高校野球がメインなので、特に甲子園で活躍した選手の印象が強いですね。
それと、今回は独立リーグ系から多く指名されました。本当はこういう”雑草”系の選手が好きなんです。
ともあれ、今日指名された選手はみなもちろん素晴らしい素質を持っています。一人でも多く、プロの世界で輝ける事を期待します。

指名された選手も、指名されなかった選手も悲喜こもごも・・。今年のドラフト会議、数多くのドラマがあったのでしょうね。

☆育成指名になってから、マリーンズのテーブルに新里、下敷領が。下敷領は初仕事、と言ってもいいのかな?二人とも頑張ってほしいなあ。新里、すぽるとで特集があったようで・・見逃したのが本当に残念(泣
☆選手名を読み上げる司会の人、最初はゆっくりしていたのに、巻いてきたのかだんだん画像に名前が表示される前に読みあげるようになってしまった。視覚がまず先に来るから、耳でそれより前に名前が入ってくるのはちょっとヤメテ欲しかった。
☆岡田監督の3度続けてのクジ外しはなんともはや・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 私が一番注目する高校生投手は・・・ | トップページ | 2010日本シリーズ 第1・2戦雑感と今後のプチ展望 »

コメント

斉藤は取れなかったものの、非常にいい、バランスの取れた指名だと思います。支配下を6名取ったのは意外でした。内野手が1枚欲しかった気はしますが・・・。
伊志嶺はサブローや荻野・清田と同じような好きそうなキャラですね。打撃でチームを引っ張って欲しいと思います。小林や小池を取れたのも何気に大きいですし、来年が早くも楽しみです!

投稿: tomten | 2010年10月29日 (金) 07時18分

tomtenさん>
コメントありがとうございます。

地味かもしれませんが(笑)良いドラフトでしたよね!
確かに内野手を一人は欲しかったかな〜。若手はもう細谷と翔太しかいませんし。
本当に来年がすでに楽しみです。一人でも多く活躍して欲しいですね!

投稿: BJ | 2010年10月29日 (金) 13時16分

千葉ロッテ、僕もバランスいい指名結果だと思いました。
そして1位の伊志嶺選手の指名はやっぱり驚き。
逆に今いる選手の足の状態が・・・。こちらも同じ感想です。
それにしても近い将来のパの外野のゴールデングラブはロッテ独占になってしまうかも?なんていう面々になってきましたね。

投稿: maddog31 | 2010年10月29日 (金) 22時27分

>maddogさん
コメントありがとうございます。返信遅れまして申し訳ないです。

伊志嶺選手は評判やインタビューなどは結構目にしているのですけれど、実際に観たのはプロアマ交流の時だけなんですよね。その時は目立った活躍は無かったのですが、とにかく評判が良いので楽しみです。荻野貴、清田とはまた違った期待があります。

maddogさんが応援されてますライオンズは、今年もナベQのゴッドハンドが炸裂しましたね。凄過ぎる!私は早大の3人では一番大石投手を評価していますので、敵チームながら楽しみです。
記事中にも書きましたが、林崎選手、熊代両選手をしかも下位で獲ったのはやるなあ、と唸りました。この2選手も楽しみで、来年はよりファーム観戦の頻度が高まると思います(笑)

今から来年が楽しみですね!

投稿: BJ | 2010年11月 2日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/37434428

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年ドラフト会議終了 マリーンズはショータ祭り:

» 414 2010年ドラフト結果コメント入り [まりんずちゃん2010]
今日行われたドラフト会議で、マリーンズが指名した選手一覧です。コメントはマリーンズ公式ホームページからの引用です。 1位 伊志嶺 翔大(いしみね しょうた) 外野手 東海大 脚力・守備力・反応の良さは既に一軍レベル。広角にシュアな打撃が出来、特に右方向に器用に打てる打者。近い将来、レギュラーを取り、ゴールデングラブの常連になれる外野手。 2位 南 昌輝(みなみ まさき) 投手 立正大 先発・リリーフに適正のある大型右腕。140キロ中盤の球速に加え、キレ・重さのある直球は魅力十分。カーブ・フォーク... [続きを読む]

受信: 2010年10月28日 (木) 23時10分

» どらふと! [マリスタ劇場へ行こう]
日本シリーズのチケット確保に汲々とした日の午後はドラフト会議でワクワクさせてもらいました。 基本的にはドラフトにはあまり興味はない。プロ野球以外に興味がないということもあり、ドラフトで上がってくる選手のイメージを持てないので、それであまり考えてもどうにもならないし、ドラフトの結果が出てくるのは数年後であるので、それまで選手が育ってくるのを楽しみにしようと思う。... [続きを読む]

受信: 2010年10月28日 (木) 23時37分

» ロッテのドラ1は驚きの伊志嶺 [オリオン村]
ドラフト会議の速報です。記事は後刻にまとめて別にアップをする予定ですので、それまでの繋ぎとしてお楽しみください。ロッテが1巡目で入札をした斎藤(早大)は4球団の抽選で日本ハム、そして6球団が重複をした大石は西武が交渉権を獲得しました。... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 00時04分

» マリーンズ・2010ドラフト指名選手 [いすみマリーンズ]
1位 伊志嶺翔大 外野手 東海大(←沖縄尚学高) 2位 南  昌輝 投手  立正 [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 00時05分

» 新人選手選択会議 (ドラフト会議) を開催 [やっさん日記]
2010/10/28 東京都内の新高輪プリンスホテルにて、新人選手選択会議 (ドラフト会議) が行われ、全68選手が指名を受けた。 また、同時に育成選手選択 (育成ドラフト) も行われ、こちらは8球団から29選手が指名された。 1巡目の指名では、大石投手 (早稲田大) に、横浜、東北楽天、広島東洋、オリックス、阪神、埼玉西武の6球団が重複し、抽選で埼玉西武が。 また、斎藤投手 (早稲田大) に、東京ヤクルト、千葉ロッテ、北海道日本ハム、..... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 02時21分

» 2010年ドラフト会議、マリーンズ全指名選手データ・寸評(週ベより)(育成ドラフト指名選手追記) [PLAY THE GAME!]
1巡目: 伊志嶺翔大(いしみね・しょうた)・外野手・178cm・78kg・右投右打・1988.5.12生 沖縄尚学高→東海大 大学選手権で首位打者(打率.600)、主将を務めた世界大学選手権でもチャンスメーカーとしてジャパン打線を牽引。柔らかいバットコントロールでどんな球種にも対... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 11時56分

» 6球団が競合!早大・大石は西武が交渉権獲得 [KINTYRE’SDIARY]
早大三羽ガラス、斎藤佑はハム・福井は広島プロ野球のドラフト(新人選択)会議が開かれ、4年前に夏の甲子園で優勝した斎藤佑樹投手(早大)の交渉権を北海道日本ハムが1位指名にハ... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 10時32分

« 私が一番注目する高校生投手は・・・ | トップページ | 2010日本シリーズ 第1・2戦雑感と今後のプチ展望 »