« グダグダ合戦は僅差でマリーンズが勝利 マリーンズ3−2イーグルス | トップページ | 今江のサヨナラ弾で風が変わるか? マリーンズ6−3イーグルス »

2010年8月15日 (日)

甲子園大会 興南、横綱野球で明徳を破る 

さて、県大会から追ってきた高校野球沖縄代表・興南ですが、初戦は触れる時間がありませんでした。
今日の2回戦はゆっくり試合を観ることが出来ました。

初戦、鳴門高校を9−0と破った興南。今日は強豪明徳義塾とぶつかります。明徳、という事で不気味さはあるものの、明徳は6年ぶりの甲子園。昔程の強さはないと言っていいでしょう。
春の王者・興南は投打にバランスが取れており、普通に考えれば興南有利。

島袋君はストレートは良いものの、序盤は変化球が今ひとつ抜けたりと、本調子ではありません。
幸先良く興南は先制しましたが、明徳の足を絡めた攻撃もあり島袋君も2回、5回と1点ずつ失点します。
しかし、「ここぞ」で三振を奪うピッチングはさすがで、明徳打線を寄せ付けず9回を8安打12三振3四死球、自責点2で完投しました。中盤からは変化球を上手く使い出した捕手山川君のリードも良かったですね。
どうなんでしょうね、私的には65点くらいのピッチングかな?とは思いますが・・島袋君はまだまだこんなものじゃない、という期待も込めて辛めの採点。しかし、要所を締め流れを相手に渡さないエースらしい投球でした。

打線は中盤にややドアスイング気味になる部分が見受けられましたが、終盤はきっちりとセンター返しに修正してきました。盗塁、エンドラン、スクイズと攻めも多彩。明徳も馬渕監督らしくエンドランなどを上手く絡め、あの手この手で来ますが、島袋くんの前に結局力負けした感じでした。
伊禮君の甘い球を見逃さなかったホームランは見事でした。注目の我如古君、4番眞榮平君はらしくないバッティングでしたね。次戦でのバッティングに注目です。

興南は試合終了後も浮き足出つ様子はなく、目標は頂点とまだまだ高い所にある事を伺わせてくれる振る舞いで、頼もしい限りです。春夏連覇が具体的な姿を伴って現れてきました。

もちろん何が起こるのか判らないのが高校野球です。
次戦は2日後、17日に延岡学園ー仙台育英の勝者と対戦します。
控えの砂川くんを今日は登板させなかった興南。次戦は砂川君先発の可能性もありますね。砂川君は背番号こそ10ですが、春の九州大会をほぼ投げ抜きチームを優勝に導いたエース級の投手です。日程が詰まってくると投手が重要になってきますので、その当たりも含め我喜屋監督の采配に注目ですね!

☆興南ショート大城滉二君、春の甲子園エントリーで触れましたがとても守備センスのある選手で私一番注目です。今年は堂々の背番号6で登場。この日も良いプレーをみせてくれました。
☆明徳の背番号2、座覇君は兵庫県の中学出身ですが、その名前と顔つきから沖縄出自かなと思っていたら小学校4年まで沖縄にいたそうですね。甲子園で沖縄のチームと対戦することになると言うのも面白いですね。


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へランキング参加しています

人気ブログランキング

|

« グダグダ合戦は僅差でマリーンズが勝利 マリーンズ3−2イーグルス | トップページ | 今江のサヨナラ弾で風が変わるか? マリーンズ6−3イーグルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/36174827

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園大会 興南、横綱野球で明徳を破る :

« グダグダ合戦は僅差でマリーンズが勝利 マリーンズ3−2イーグルス | トップページ | 今江のサヨナラ弾で風が変わるか? マリーンズ6−3イーグルス »