« 深紅の大優勝旗は遂に沖縄に! 〜決勝観戦記〜 | トップページ | マーフィー様の不思議な勝利 マリーンズ9−2ライオンズ »

2010年8月24日 (火)

決勝へ行って来た! 〜甲子園レポ〜

第92回全国高等学校野球選手権大会、決勝の興南ー東海大相模に行って来ました。
私自身、決勝観戦は初めてだったので勝手がわからずネット上で聞いてみたりしましたので、参考になればと思い、の甲子園レポです。
(画像はクリックで拡大します)
試合の様子はこちらのエントリーで触れています。

甲子園は余り観に行く機会がないので良く知らなかったのですが、決勝を含む先の試合の前売りは開幕してしばらくしてからなんですね。今年は21日に決勝、発売は5日前の16日でした。(参考:アサヒコム
しかも、発売する席種は一・三塁特別自由席のみで、バックネット裏の中央特別自由席、アルプス席は当日売りのみ、と(正確には中央特別自由席は「通し券」なるものが当日売り以外ではあるらしい・・)。

さて、ハタと困ったのは、前売り時点で決勝にどこが出るのか判らないのは当然として、例え目当てのチームが出るとしても果たして1塁側なのか3塁側なのかがわからない!という事。今回は仕事の都合もあるので、興南高校が決勝進出した時のみ観戦に行こう、というものでしたから悩みましたが、興南の優勝を予想していたこともあり、えいやっと賭けに出て1塁側を買いました。結果的には興南が見事1塁側に。ラッキー!しかも、10時発売だったのですがしばらくしてからチェックすると売り切れになってました。良かった!

本当は中央特別自由席で観たかったので、どうしても、の場合は前日入りして徹夜か早朝から並ぶという判断にしましたが、それは出来れば避けたかったのですね。

さて、決勝前日に無事興南の決勝進出が決まり、後はその日のうちに大阪・兵庫に向かうか、決勝当日の朝の東京発新幹線始発で向かうかでしたが(私は埼玉在住)、そのあたりの質問をネットに投げてみた所、当日移動でも「チケットがあれば大丈夫だろう」という声がいくつか。教えてくださった方々、感謝です。

なにしろ初の沖縄勢初優勝がかかってる上に土曜日ですから、相当の混雑が予想されるので悩みました。
が、前日移動は仕事との兼ね合いで時間的にも距離的にも無理をしなければならないので、中央特別の購入は諦め、最悪球場に入れればいいや、と当日朝の新幹線にしました。

甲子園に着いたのは朝の9時頃。向かう車中では、Twitterで「開門が8時35分に」といった情報が続々と入って来ます。気持ち的にちと焦りますが、電車は急いではくれないのでおとなしく向かいます。

さて、甲子園駅に着いてみると、既に駅前まで長打の列!一瞬ギクリとしましたが当日券の列だろうと思ったらそのようで。

駅前まで伸びる当日券を求める列
Img_2635

9時を少し過ぎた時点で、「1塁側アルプスは売り切れ」との案内。
翌日の新聞報道によると、徹夜組は94人。8時10分の時点で5650人が並んでいたそうです。午前9時には満員通知が出され、前述したように10時予定の開門が8時35分に早められました。9時半には中央特別が売り切れたそうですが、たぶん9時時点で並んでた人の後ろの方は買えなかったでしょうね。
関係者のコメントとして「ここ近年では最高」との事ですから、今日の様子を「最大値」として考えれば良いと思います。

さて、チケットを買っておいた事に心底安堵しながら入場門へ向かうと、列もなくあっさり入れました。
さらに拍子抜けしたことに、場内に入るとベンチ真上を別として、まだ全然お客さんが入っていない・・・席は選び放題に近い状態でした。

9時過ぎに入場した時の様子
Img_2641

ベンチ上の部分は傾斜がかなり緩く、グラウンドがかなり見にくいと思われ、上段とどちらにするかが問題でしたが、今回は選手の表情を間近に観たかったので、ベンチ上にしました。
しかし、試合をゆっくり観たいならやはりここは避けるべきです。前に人が座ると見えない・・・かなり見えません。私達の前にはたまたまデカいおじさんがずれて座っていて、子供だったので見えましたが、それでも見にくいです。デカいおじさんが前だったらもう完全アウトです。何故におじさんの後頭部を見なくてはならないのか・・・
余程の理由がない限り、上段を勧めますね。
さらに、ベンチ上付近は午前中はガンガン日が当たります!鬼の様に暑かった!通路に避難しましたが、長い時間もいられず。
それに対して上段はずっと日陰な上に、風が通って目茶苦茶快適ですね。今後は絶対上段にします。今日だけ特別。

ちなみに午前中は3塁側はほとんどの部分が日陰です。しかし、時間が進むにつれ、3塁側は次第に日に照らされ、焼かれてました・・・。試合開始前時点にはスタンドの下半分程は既に日に当たってました。
私のいたベンチ上、下段部分は試合開始とともに後ろから影が忍び寄り、13時半頃に待望の日陰に。
席の選択はいろいろと難しいですね。
もちろん、アルプスはずっと日が当たります!

そんなこんなで試合前かなり早い時点でスタンドは超満員に。
画像は11:36の時点。
Img_2657

結局、決勝を見ようと思ったらチケットを持っていれば普通に行っても大丈夫。しかし、ほとんどのファンは当日券だと思われるので、その場合は早朝から行ってないと難しい、と言う事ですね。
まあ、今回のは極端な例だとは思います。
いろいろと勉強になった決勝でした。

さて、ここからはいろいろな画像です。

こ、このカーネルおじさんはあの・・・道頓堀に・・・の彼?
Img_2645

一番酒瓶持込みそうな人に言われると説得力があるのか、ないのか
Img_2646

3Fコンコースにて。こういう時はタイガースの本拠地なんだなあ、と思わされる。味は・・どうなんだろ
Img_2648

お約束のカチワリ
Img_2652

甲子園はペットボトル持ち込み可、なので、次の観戦の時はいろいろ用意したい。凍らせたペットボトルを持ち込むのが一番いいのかな。球場でも至る所で凍ったペットボトルを売っていて、かなり重宝します。(二人で500mlを6本かな。それにカチワリ2つ、それだけ水分を摂りました)

一度撤去された甲子園のツタは今このくらい。早く外壁を覆って欲しい!
Img_3007

ツタがどうやって外壁にくっついているか知っていましたか?こんなんでガッシリひっついてます。私は知らなかった!
Img_3008
これは植物学的になんて言うのかな?調べてみないと。

レフト後方にある「甲子園歴史館」へ。大人500円、子ども300円ナリ。
Img_3014
詳しくは甲子園歴史館のサイト

タイガースものも当然ありました
Img_3021

昔手書きスコアボードに使われていたプレートも
Img_3025

そして面白かったのが、バックスクリーンに行ける「バックスクリーンビュー」。
まず行けない所なので、非常に面白かったです。
こんな感じ。バックスクリーンの下の所はこんなに広いスペースになっているんですね
Img_3031

ここがこんなアングルで見られたりします
Img_3033

闘いすんで
Img_3032

高校野球コーナーでは代表校のユニフォームなどがふんだんに飾られていて、ユニフォームのデザイン好きな私としてはかなり楽しかったですね。

うわあああ、池田のユニフォームだ!
Img_3051

私が育った千葉で一番好きな学校、習志野高校
Img_3048
昔、練習試合の予定があって楽しみにしてたのに雨で流れた。
一度だけ当たった公式戦ではコテンパにやられた。

私の中で、高校野球と言ったら星稜高校なのです。この2校の組み合わせはたまらん・・・ヤバすぎる
Img_3053

マリーンズファンとしては最後にマリーンズネタを。
西岡のユニフォームが飾られてました!
Img_3042
Img_3043

この甲子園歴史館、名勝負映像もありますし、じっくりみたらかなり時間かかります。私は1時間半くらいいましたが、それでも足りないくらいでした。なかなか面白かったです。

さよなら、甲子園
Img_3062

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ

人気ブログランキング

|

« 深紅の大優勝旗は遂に沖縄に! 〜決勝観戦記〜 | トップページ | マーフィー様の不思議な勝利 マリーンズ9−2ライオンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/36328517

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝へ行って来た! 〜甲子園レポ〜:

« 深紅の大優勝旗は遂に沖縄に! 〜決勝観戦記〜 | トップページ | マーフィー様の不思議な勝利 マリーンズ9−2ライオンズ »