« 久々!勝利の方程式機能、今季6度目の1点差勝利! マリーンズ1−0バファローズ | トップページ | 完封返し!・・された マリーンズ0−5バファローズ »

2010年7月14日 (水)

無名の公立高校に突如現れたプロ注目左腕 高校野球埼玉大会 和光―朝霞

私は千葉育ちなので、高校野球地区予選はどうしても千葉県が気になってしまい、今住んでいる埼玉は千葉に比べると今ひとつの関心。しかし何年か住んでいるうちにそれなりに地元意識が湧いて来るもので。

そんな中、埼玉大会2回戦(とはいえ初戦同士)でとても気になる試合がありました。

第3シード朝霞高校対和光高校。

何の変哲もない公立高校同士の対戦なのですが、この2校、隣接する市同士にあり、結構うちのご近所さんなんですね。それだけでも既に面白い対戦なんですが、朝霞高校というのは最近結構力をつけてきておりまして、しかも好投手がこの所続けて現れています。2年前の夏にはその年の春の埼玉県王者・市立川越高校相手に1-1のまま延長再試合、翌日0-1で敗れるという惜しい試合もありました。
今年も尾崎亮君と言う好投手がおり、Max142kmの右の本格派。春の大会ベスト8の原動力となりました。ですが、言ってしまえば朝霞高校も普通の公立高校です。たぶんこのベスト8が過去最高成績。

・・が、今回とりあげるのは尾崎君ではなく、相手の和光高校のMax142km左腕、佐野泰雄投手なのです。
ここで和光高校を説明しておくと、失礼ながら典型的な無名校、過去の戦績も1、2回戦ボーイ。今年も部員は20人のみ、3年生は3人だけ。ごくフツーの公立校の野球部です。

私が佐野君を知ったのは、今年の6月頃偶然目にした、その道では有名な(笑)ドラフト系スポーツライター小関順二さんのコラム。
そこには注目選手を観に行った試合のリストが箇条書きされていたのですが、並みいる東都大学や甲子園常連チームの名前が並ぶ中に「和光高校」の文字が。
え?あの和光高校?なんで?と目を疑いました。それくらい和光高校というのは場違いで異質な存在だったのです。

気になって調べてみると、いくつかの雑誌などで佐野君の名前が。全然知らなかった・・・。

どうも、中学までは投手ではなくごくごく普通の野手で(控えという話もあり)、当然どこからも声も掛からず、高校も普通に選んで和光高校へ。しかしそこは部員も少なくみんなで複数ポジションをやらないといけないような野球部でした。そこで監督の勧めもあり、佐野君の投手への道が開けました。
それから投手一本。めきめきと隠れていた?才能が開花、練習試合でも20奪三振の完全試合を達成するなどそれなりに結果を出していたようなのですが、失礼ながら所詮無名校、名前が少しずつ知られてきても注目されていなかったようです。プロスカウトも半信半疑で、実際に複数球団のスカウトが観たのが今年の春(と言っても何人かは前から観ていたかと思いますが)。そこでスカウトの度肝を抜いたという。まさにシンデレラボーイの様な出現。

前述の小関さんはNumberWebの「絶対に見逃せない逸材を一挙紹介」というコラムで埼玉県からは二人だけ紹介しています。


◆埼玉県
和光/佐野泰雄(投手・左投左打・176/77)……無名校に突如として出現した奪三振マシーン。
・浦和学院/南貴樹(投手・右投右打・197/88)……粗削りだった未完の大器が完成度を増してドラフト候補に。

そんな訳で、佐野君はもちろん尾崎君も気になるしで、この2校の対戦を相当観たかったのですが、仕事の都合がつかず断念・・テレ玉(テレビ埼玉)で中継があるので、録画しておいて帰宅後に観ました。

いやあ、いかにも気が強そうで、フォームもかなり荒削り。しかし、投球フォームの基本はしっかり出来ています。身体の開きも無いしバランスも良いし。テイクバックで余計な動きが多いかな。特に目を引いたのは高めのストレートの威力と右打者の膝元に急角度で決まるカーブ。うーん、いいですね!プレーも元気いっぱい、主将でもある自分がチームを引っ張る!という気概に溢れていました。
スライダーの時は腕の振りが途端に緩くなって丸わかり、という可愛い面もあったり。おそらく、野球の名伯楽なら「俺が育ててみたい!」と思うでしょうね。ストレートとカーブだけで十分勝負出来ます。

試合は開始前からかなり強い雨が降り続くバッドコンディション。ともに本格派の両投手にはちょっと酷な状況となってしまいました。ほとんどの観客はバックネット上方の屋根の下に避難していましたが、バックネット裏に明らかな異質な集団が。ずらっとそろったスカウト陣でした。8球団19人が集結したようですね。

和光高校は硬さの見られる尾崎投手から初回に2点を奪い、朝霞高校も1点を返すも和光高校が1点追加。また朝霞高校が1点を返しますが及ばず、3-2で和光高校がシード校・朝霞高校を破りました。
スコアはこちら

朝霞の尾崎君も良い投手でした。やはり身体のバランスが良い。最初は足場も気になったのか腕が振れていない印象でしたが、中盤から腕が振れて来て、低めにキレのあるストレートが制球されるようになりました。打たれたヒットもわずか3本だけでしたが、うち2本がタイムリーとなってしまいました。
佐野投手もやはり足場が気になったか、全体に力みが見られ、7安打9三振7四球。
内容的には尾崎投手も佐野投手に全く引けを取らず、良い試合でした。
ただ、やっぱり最後の夏は良いコンディションで試合させてあげたいな~。試合開始直後の雨なんて中止にしてもいいくらいでしたよ。

和光高校は3年生3人が投手・捕手・ファーストを守り、打順も3・4・5番。和光高校の3安打はこの3人から生まれました。
セカンド、ライトが1年生、他は2年生。こういう無名校にありがちなダメダメ・グダグダ感は全くなく、良く鍛えられ、特にセカンドの米田君は非常に良い守備でセンスありますね。佐野君という突出した選手の存在がみんなの技術向上に繋がっているのでしょう。

朝霞高校も良いチームでした。初戦で負けるようなチームでは無かった。まさかの初戦でプロ注目投手を擁する、しかも隣の市の高校と当たるというのも何かのいたずらでしょうか。
ナイスゲームでした。

スポーツサイトでも一斉に佐野君の投球を報じていますね。一部抜粋します。

タイ生まれの和光・佐野、9K勝利に「よっしゃー!」…埼玉大会(スポーツ報知)

 プロ注目の最速142キロ左腕だ。この日も、国内8球団のスカウトが熱視線。6人態勢で視察した巨人の山下スカウト部長は、「腕を大きく振れるし、右打者の内角へ投げ込む直球が良い」。広島・苑田スカウト部長も「左腕であんなに良いカーブを見たのは工藤(現西武)以来」と目を丸くした。高校から本格的に投手転向した。部員20人の野球では無名の公立校。「ほかに投手はいない。完投するしかない」と熊井康二監督(27)。週末は多いときで計4試合に先発する佐野は「年間100試合くらいは投げていると思う」。実戦で1日約200球を投げるうちに、球速は17キロアップ、独学で習得したカーブも磨きあげた。

他にも
和光・佐野19人スカウト熱視戦/埼玉大会(ニッカン)
8球団スカウト熱視線 粗削りの魅力?9Kも7四球(スポニチ)
和光・佐野、熱投!9K完投勝ち/埼玉(サンスポ)
など。

これからも佐野君を注目して行きたいと思います。

(2010/07/22追加:後日、実際に佐野君のピッチングを観に行きました。エントリー「埼玉・和光高校 佐野泰雄投手を観に行って来ました」にて紹介しています。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
ランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 久々!勝利の方程式機能、今季6度目の1点差勝利! マリーンズ1−0バファローズ | トップページ | 完封返し!・・された マリーンズ0−5バファローズ »

コメント

いや〜いい記事をお書きになりますね!
それこそ小関さんかと思いましたよ(笑)
実は私も埼玉在住なので、大変興味深く拝見させて頂きました。
和光に好投手がいたのは知っていましたが、朝霞にもいたのですか!
勉強になります。また高校野球の記事を楽しみにしています!

投稿: 羽夢 | 2010年7月15日 (木) 12時47分

>羽夢さん
コメントありがとうございます。

もちろん強豪校の好投手好選手も好きですけど、佐野君尾崎君のように「原石」のような選手やエピソードも好きです。

朝霞高校のこの所の躍進は指導者の影響だったりするのですかね(そこまで詳しいことは知らないのですが)

普段は千葉ロッテマリーンズの記事がほとんどなので高校野球の話はあまり登場しないかも知れませんが、良かったらまた覗きに来て下さい!

投稿: BJ | 2010年7月15日 (木) 14時42分

こんばんは~
BJさんは本当に解説がおうまい!
まさか小関さんではないですよね(笑)
佐野君はタイ生まれなんですか?
名前は普通なんでしょうか・・
昔アンとかいうピッチャーが東洋大姫路にいました。
彼は今何やっているんでしょうか・・
和光高校良い試合だったみたいですね?
しかし長く追いかけてきたスカウトとしたら、
いきなり負けてくれた方が良かったと思っていることでしょうね。

投稿: 知念 | 2010年7月15日 (木) 21時10分

>知念さん
ありがとうございます(笑)
ちなみに私は小関さんは・・(汗
まあ嫌いという訳でもないんですが。

佐野くんは名前はブログにあるままですね。
東洋大姫路のアン君は両親ともヴェトナムでしたね。社会人の東芝に進んだ筈ですが、今は辞めてしまったようですよ。私も好きだっただけに残念です。

知念さんお住まいの沖縄出身の運天・ジョン・クレイトン、ダース・ローマシュ匡、そしてダルビッシュ有。さらにプロ注目の浦和学院南君、とこのところ野球界はハーフ流行りですね。

投稿: BJ | 2010年7月15日 (木) 23時46分

はじめまして、こんにちは。
私は朝霞高校卒業生で、卒業してから20年が経つ今でも母校の甲子園出場を夢見る者です
(別に野球部OBでも何でもなく、私自身はラグビー部に所属していたのですが…)。

仕事休みの昼下がり、「朝霞高校 甲子園」をキーワードに何気なく検索していたところ、
こちらのブログに辿り着きました。
母校のチームについて触れられていたので興味深く読ませて頂きましたが、
ニュートラルな視点でとても丁寧に解説されていて、読み応えがありました。
また、他の記事も幾つか読ませて頂きましたが、文章からBJさんの野球に対する愛着と愛情が感じられますね。

ここ数年私は埼玉を離れて生活している為、埼玉まで観戦に行くことはなかなか難しいですが、
BJさんは埼玉の野球も楽しんで下さいね。

投稿: hagetaka | 2011年8月14日 (日) 18時03分

>hagetakaさん
はじめまして、コメントありがとうございます!

朝霞高校卒業生の方からコメントが頂けるとは、とても嬉しいです。
我が家に近い朝霞高校の野球部は気になる存在で・・・今年も5回戦まで進んでいますから、既に立派な「強豪」ですよね。いつか甲子園に出られたら・・・ああ、想像するだけでもうなんだかいいですね!埼玉の高校野球は私学天国ですし。

はい、埼玉の野球をもっともっと楽しみます。それでも、埼玉出身の選手を自然と応援するくらいには立派な埼玉県民になっていますよ〜(笑)

・・・私にとって野球はもう人生の一部みたいなもので。
千葉ロッテマリーンズを中心としたブログなので時にアツくなりすぎるときもありますけど・・・・。根本は「野球が好き」、ただこれだけです。

またお時間がある時に、是非遊びに来て下さいね!


投稿: BJ | 2011年8月14日 (日) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/35749618

この記事へのトラックバック一覧です: 無名の公立高校に突如現れたプロ注目左腕 高校野球埼玉大会 和光―朝霞:

« 久々!勝利の方程式機能、今季6度目の1点差勝利! マリーンズ1−0バファローズ | トップページ | 完封返し!・・された マリーンズ0−5バファローズ »