« 工藤登板が試合を決定づけたか ライオンズ4−9マリーンズ | トップページ | 昨日逃した勝ちはそのままどこかへ行ってしまった マリーンズ0−2ホークス »

2010年7月29日 (木)

オチもなんもないつまらん映画「大投壊」 ライオンズ12−6マリーンズ

「大投壊」。
伊丹十三の映画にありそうですね。しかし、内容はと言えばまるでくだらない映画を観させられたようでした。
どこで間違ってこうなってしまったのでしょうか。

マリーンズ打線は「裏ローテ」ナメるな、とばかりに今回は大沼をKOします。4回を終わって5−0。もちろん油断は禁物ですが、先発のコーリーは3回までライオンズを10人、1安打で抑えています。チェンジアップだらけでしたが、これがまた上手くハマりましたね。

・・・・が。「勝ち」がチラついたのか、突如としてコーリーが独りで相撲を始めるじゃありませんか!周りが唖然としている内にあれよあれよとフォアボールでランナーがたまり、フェルナンデスにドッカンと行かれてしまいます。

風雲急を告げる。

あわててハシケンがマウンドに走りますが、まあ正直行ってハシケンじゃ勝ち試合を任すにはかなり荷が重い。気がついたらハシケンも独りで相撲を取っています。

風雲どころか雷雨。

あわてて古谷がマウンドに走りますが(あれっおんなじ文章書いてる)、古谷も独りで相撲を取り始めました。

雷雨どころか台風?

あわてて大谷がマウンドに走りますが(コピペ?)、なんと言うことでしょう!大谷までが独りで相撲を取り始めました!

もう、クソ脚本ですね。やっつけ仕事。
2イニングで9四球なんて普通考えませんよ。ある意味才気走ってますね。

で、大谷が土俵から去った後にふとスコアボードを見上げると10−6の文字が・・・

今日の投手陣はもう野手に足を向けて寝られませんね。

継投に関していろいろ意見は出るとは思いますが、私的には仕方ないかなあ、と・・・。
コーリーは四球、四球、ドッカン、なので完全に魂をどこかに置いてきてしまってました。あれ以上投げても更に炎上するだけでしょう。
ではここで誰を投げさすか、というとまだ4回途中と言うことを考えると新勝利の方程式の4人は使いにくい。
そうすると残るはハシケン、根本、大谷。大谷は一軍復帰してから投げてませんから、そうするとキャリアから言ってもハシケンかな、と。
正直行ってハシケンがマリーンズに来てからもどうしても期待する気持ちが出てこないので、擁護するつもりはないのですが、ハシケンからするとまさかこんなに早くから登板があるとは思っていなかったと思います。このままコーリーが6回まで投げて、後は新方程式で俺の出番はないな、くらいまで思っていたと思うのですよね。
秋親が元気だったら間違いなく秋親で、相手に流れを渡すことも無かったのでしょうが、たられば言っても仕方ないですね。

こういう展開になってしまうと、さすがに打撃陣に「追いつけ!」と言うのも無理な話で。
今日の打撃陣も良くやったと思います。2塁打2本以外は全部単打で、みんな目に見えてコンパクトに振っていましたね。とても美しいバッティングでした、いやほんとに。2塁打だってどちらも先頭バッター、チャンスメイクでしたからね。
最終回の西岡の内野ゴロ全力疾走もありました。

まあ、どうせ負けるなら、接戦で競り負けたけどどちらも頑張った、しょうがない、とか立ち上がりから打ち込まれて全く形にならなかった、という試合なら納得も出来るのですが、今日は「自滅」でしたしあまりにも勿体無かったですね。

明日からの3連戦に不安を残す試合となってしまいました。
今日観戦に行かれた方はかなり辛かったと思います。お疲れ様でしたとしか言いようがありません。
ニッカン式スコア

☆相手が右投手にかかわらずDH細谷起用。調子の良さを買っての事だと思います。細谷も期待に応え安打。こういう起用はいいですよ、右左関係なく行きましょう!
☆大松と里崎がいつもの調子に戻ってしまった。明日からが思いやられる・・・
☆ライオンズ工藤、今日はきっちり抑える。これで昨日はトラウマにならないでしょうし、本人にもチームにも大きい登板でしたでしょうね。
☆坂田、予想通りスタメン復帰。3回、外角低めに逃げていくシンカー(?チェンジアップかも)をセンター左に捉えたバッティングはとても上手く、感心した。かなりセンスを感じる。これはこの先数年で大きな脅威になりそうな予感がします。

★ホークス2−8イーグルス
ホークスの連勝、9で止まる。今日マリーンズ勝っておきたかったな・・
★バファローズ 1回裏途中雨天コールド ファイターズ
試合が始まってからの中止。特にダルで連敗を止めたかったファイターズからすると痛いですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 工藤登板が試合を決定づけたか ライオンズ4−9マリーンズ | トップページ | 昨日逃した勝ちはそのままどこかへ行ってしまった マリーンズ0−2ホークス »

コメント

いやあ、本当に自滅でしたね。コピペになってしまうのも仕方ないですね。全員同じような登場、投球内容でしたからね。
昨日は本来なら勝ちゲームでしたし、楽天も頑張っていましたから、0.5でマリンで決戦、というシナリオが良かったですね・・・。

なにはともあれ、今日、ゲーム差を縮めておきたいですね!

投稿: tomten | 2010年7月30日 (金) 10時02分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。
やっぱり今日思い出しても勿体ない試合でした・・3タテも久しく無かったですし。
と思って調べてみたら、交流戦の”2タテ”を除くと4月13~15日ファイターズ戦以来3タテは無いのですね。
3タテ「食らった」はありますが・・・

さすがにホークスに3タテを、とはとてもとても言えませんが勝ち越して欲しいです。

投稿: BJ | 2010年7月30日 (金) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/35949192

この記事へのトラックバック一覧です: オチもなんもないつまらん映画「大投壊」 ライオンズ12−6マリーンズ:

» ミスミス継投ミス [オリオン村]
どう考えても勝たなければならない、そして勝てたはずの試合でしたが、思い切りの良さと悪さが両方とも裏目に出た最悪の敗戦となってしまいました。ベンチの期待に応えられなかった選手にも当然のことながら責はあるのですが、やはりベンチの継投ミスが最大の敗因だったとしか考えられないのが私の評価です。 先発のコーリーは得意のカットボールとチェンジアップを駆使して3回までを1安打無失点と好投をしましたが、4回に突如として崩れました。味方が5点という大量援護をしてくれた直後に四球を連発した挙げ句にフェルナンデスに被弾... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 00時33分

» 痛い負けかた…(20100729vsL) [ライトヒッティングな生活]
普通に負けたんだったら別に平気だったんだけど… [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 00時35分

» 4回表5点リードも・・・コーリー&ハシケン&古谷に喝!! [いすみマリーンズ]
マリーンズ 010401000 6 ライオンズ 00063102X 12 M:コ [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 01時14分

» 劇的な大逆転でロッテに圧勝し連敗ストップ。小野寺今季初勝利、フェルナンデス追撃の3ラン。 [地平を駆ける猫を見た on So-net]
今季初の6連敗と泥沼にはまり込んでしまったライオンズ。今日も屋敷でロッテと対戦します。 今日もロッテに先手を取られてしまいました。2回表に1点、4回表に4点。4回表を終って0-5と、今日も連敗を止められないのかと嫌な空気が流れます。 その嫌な空気を変えてくれたのは、加入したばかりの助っ人フェルナンデスでした。4回裏、1死1塁から中島が四球を選ぶと、フェルナンデスがレフトスタンド最上段に3号3ランを打ってロッテの先発コーリーをKO。さらに代った橋本が1アウトも取れずに石井義人、高山、坂田と連続出塁... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 04時02分

« 工藤登板が試合を決定づけたか ライオンズ4−9マリーンズ | トップページ | 昨日逃した勝ちはそのままどこかへ行ってしまった マリーンズ0−2ホークス »