« 沖縄大会 準決勝・決勝 興南が優勝、春夏全国制覇へ! | トップページ | 埼玉・和光高校 佐野泰雄投手を観に行って来ました »

2010年7月20日 (火)

里崎は日々何を学んでいるのか? ファイターズ12−6マリーンズ

ひっどい試合でしたね。
もちろんこの滅茶苦茶な試合を作ったのは大嶺に大きな責任があるのは否定しませんが、大嶺がいつまでたっても同じ事の繰り返しなら里崎のリードもいつまでたっても同じ事の繰り返しです。

前々から言っているようになぜストレート主体で押さないのか。なぜチェンジアップ多投で逃げるのか。
前回的場がスライダーを上手く使ったのを観て何も思わなかったのか。今までも今日も中盤ストレート主体にしたらそれなりに抑えていることをどう思っているのか。

サンスポにこんな記事がありました。(「これぞマリンガン!ロッテ15安打全部単打」より抜粋)

 「練習の通りの打撃ができた。(捕手として)試合に出ていなくても、見ていて勉強になる面がありましたね」
 長きにわたってチームを支えてきた12年目の34歳が、リード面の迷いなどが原因で、今季はベンチを温める機会が多くなった。しかしこの日は、スタメンを続けていた的場が右上腕部を痛めたこともあり先発に復帰。好リードでマーフィーの完投勝利を導き、打撃でも貢献した。「腐らずに練習に取り組んだ結果」と指揮官も評価した。

一体何を勉強したのか?解説の光山が言いたいことを全部言ってくれていたので羅列すると、
○(コントロールが微妙に外れる事に)里崎の要求がきつすぎるんじゃないか
○大嶺のストレートは素晴らしいものがある。判っていてもなかなか打てないボール
○なぜストレートを軸に組み立てないのか
○若いのにチェンジアップでかわさなくて良い
○(右打者アウトローに決まったストレートに)トップクラスのストレート。もっとストレートを使うべき
○凄いピッチャーになる可能性がある

もちろん解説者の言っている事が正しい訳じゃない。でも、日頃私が思っている事とほんとに一致しています。
大嶺のストレートはほんとうに素晴らしいものがあると私はずっと思っている。なのにチェンジアップでかわそうとして、苦し紛れにストレートを放るから打たれる。細かい制球力がないのにコーナーを投げさせようとするからフォアボールになる。
中田に打たれた一発だってインローに構えているじゃないですか。そんなとこに投げられる訳が無い。ここで中田にプロ第一号が出たら雰囲気がどうなるかは判っていた筈。コーナーに要求するなら、今日良いボールが行っていたアウトローでしょう。

とある関係者から聞いたのですが、雅彦の話として「大嶺のストレートはチームでもトップクラス」と。西本コーチは甲子園でマー君よりもハンカチよりも大嶺のストレートに目を奪われたと言います。
では、なぜその「最大の武器」を活かそうとしないのか?ワインドアップにさせたのはなんの為?でもリードがそれを踏まえたものでないとなんの意味もない。
もちろん本人の努力が一番でしょう。でもそれ以外に伸ばしてやる環境も必要だと思う。

2回、大量点のきっかけとなった今江の悪送球。ゴールデングラブ何度受賞してるのか?こういう時にいいプレーしなくてどうするんだ、と。同点にされてなおも1死1,3塁と点を取られずに2死1,2塁だったらどうなっていたか。初回のピッチングが危なかったけど無失点で抑えて、乗っていけそうな雰囲気があっただけにあまりにも軽率なエラーでした。あそこでアウトにしていたら無失点だったかも知れない。同点になったら大嶺が消極的になるのはわかるでしょう。

とまあブチマケましたが、もちろん大嶺の情けない投球が一番の敗因です。2回だって先頭から二人フォアボール出すからです。でも、それを言うのは簡単じゃないですか。だからあえて「外」に原因を求めてみた。
・・・けど、特にメンタルの弱さはどうにかしないと実は相当大きな問題だと思います。気持ちで負けていてはボールも生きてこない。
「どうにでもなれ!」くらいの気持ちで投げ込む投球スタイルと気持ちで勝負すれば良いんじゃないですか?そういうタイプなんですよ、たぶん。唐川とは違います。人には人のスタイルがある。
2軍降格が決まったようですが、致し方ないでしょう。ファームで泥にまみれて、一回りもふた回りも大きくなって戻ってくる事を願います。
ニッカン式スコア

明日は吉見と八木・・・ちとマリーンズが分が悪いな。でも負け越しと勝ち越しでは大きな違い。明日は勝ってくれ!

☆今日も継投に疑問が。ハシケン交代の後が古谷・・便利屋かっ。ハシケン投げさすんだったら、その次は根本でしょう。
☆秋親、スライダーもキレが落ちている。オールスター休みで疲労回復を。
☆井口の復調はホンモノ・・と思って良いのかな?5回のライトスタンドに叩き込んだ3ランは井口らしくコンパクトに右に「振り抜く」バッティングで、凄かった。
☆大松の守備のセンスの無さには萎える・・・
☆中田翔。プロ第一号おめでとう。実は入団したときからマリーンズが第一号を献上すると思っていたよ。だってマリーンズはそういうチームだから。君が高1の時、甲子園バックスクリーン横にぶち込んだ驚弾を観て、まさに心奪われた。奢ることなく(つまり清原化することなく)成長していってくれ。しかし第一号打たれるのが大嶺だとは・・・orz

★ホークス2−0ライオンズ
このところ不調だった杉内、貫禄の完封。無四球、10奪三振はお見事。なんだかんだでホークス6連勝か〜。
★バファローズ11−7イーグルス
今日はバファローズ1番にバルディリスか・・・浜中はどうかと思ったけどヒロシの1番は面白いかも知れない。T-岡田は2発。今年で完全ブレイクですね。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへランキング参加しています。

人気ブログランキング

|

« 沖縄大会 準決勝・決勝 興南が優勝、春夏全国制覇へ! | トップページ | 埼玉・和光高校 佐野泰雄投手を観に行って来ました »

コメント

僕も大嶺投手の四球から崩れたのは問題ですね。

ただあそこで今江選手がしっかり守ったらとか

球数問題とかいろいろあって

打たれたのは今日は仕方ないかなと

里崎選手のリードは投手の投球の幅を

狭めている気がしますね。

僕もだいたい光山氏の言っている事は
的を得ていると思います。

ビジターの解説者ではトップクラスで
言いたい事が分かる解説者なので

同じ捕手出身の解説者でも
こうも違うかと・・・(自粛)

ストレートを生かす
使い方に対する解説、納得でした。

もし古谷投手を使うなら
6回頭からつぎ込むべきでしょう。

2点差諦めない姿勢を見せるのは
オールスター休み前の試合ですし
悪くは無いのですが

3点差になって
ハシケンの代わりって
何か違う気がします。

投稿: マットゥン | 2010年7月21日 (水) 02時41分

正にその通りです。大嶺の真っ直ぐはキレがありいい球投げますよね。そのことを里崎、大嶺両人が自覚することが重要だと思います。大嶺も自信を持って投げてほしいですね。
井口も復活しましたし、あとは4番5番に一本欲しいですね。

投稿: tomten | 2010年7月21日 (水) 08時25分

>マットゥンさん
コメントありがとうございます。
光山氏の解説はちゃんと「解説」してて好きです。キャッチャーならではの視点もありますし。それに引き換えWKN解説は・・(自粛)

そうなんですよね、「あきらめない姿勢」なら6回ハシケンはないだろうと。それで被弾で古谷・・・どうにもしっくりしないですよね。

オールスター休み中に首脳陣も再編にかかるでしょうから、後半の采配に注目ですね。

あ、事後承諾で申し訳ないのですが、マットゥンさんのブログ、リンクさせて頂きました!

投稿: BJ | 2010年7月21日 (水) 11時38分

>tomtenさん
コメントありがとうございます。

大嶺はやっぱりメンタルですよね。精神面の弱さも逃げの投球の要因かと。来年はハンカチ指名公言してますし、同い年の投手なり入って来ますから、今年中にアドバンテージ作っておかないとですよね。

テギュン、大松が爆発してくれれば・・・井口が復調気配だけに、この二人に期待したいですね。

事後承諾で申し訳ありませんが、リンク貼らせて頂きました。どうもこのあたり無頓着でして、遅くなりました。

投稿: BJ | 2010年7月21日 (水) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/35828086

この記事へのトラックバック一覧です: 里崎は日々何を学んでいるのか? ファイターズ12−6マリーンズ:

» 一から出直し [オリオン村]
鎮守のための神社建立どころか鬼が大挙してやってきたことで、見習い陰陽師の大嶺はあっさりと食われてしまいました。この9連戦は4勝5敗で御の字だと考えていましたので辛うじてノルマは果たしているのですが、このままの負け越しではどうにも寝覚めが悪いので、ここは何とか最終戦に勝利をして気分良くオールスター休みに入りたいものです。 大嶺は一から出直し、もうそれしかないと思います。どれだけ打たれても先発で使い続けるべきだと考えていましたが、今日のピッチングフォームを見て考えが変わりました。昨年まで苦労をして作り... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 00時16分

» サブロー100号本塁打達成も・・・ [いすみマリーンズ]
マリーンズ  010050000  6 ファイターズ 07001112X 12 [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 00時26分

» ファイターズvsマリーンズ14回戦 [まりなび]
5勝8敗1分 10-6 勝:木田 4勝 敗:大嶺 3勝6敗 ホームラン 福浦6号ソロ(2回・木田), サブロー12号ソロ(5回・木田), 井口8号3ラン(5回・木田) 小谷野7号3ラン(2回・大嶺), 中田1号ソロ(5回・大嶺), 金子誠5号ソロ(6回・橋本健) やはり札幌ドームは... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 05時16分

» 途中までいちおう試合らしくはなったんだけど(20100720vsF) [ライトヒッティングな生活]
でも結局、やられ放題… [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 14時46分

« 沖縄大会 準決勝・決勝 興南が優勝、春夏全国制覇へ! | トップページ | 埼玉・和光高校 佐野泰雄投手を観に行って来ました »