« リーグ戦再開も見所なく・・・ マリーンズ0−3イーグルス | トップページ | 重苦しい雰囲気を振り払う、価値ある勝利! マリーンズ3−1イーグルス »

2010年6月20日 (日)

沖縄大会第1・2日目 最後の大嶺ファミリー、大嶺力也登場!

夏の甲子園予選、沖縄大会が開幕しました!もう夏ですね〜。
19日、第一日目が終わったのですが、こちらのエントリーで触れた、大嶺兄弟のいとこ、八重山商工の大嶺力也の打撃成績の詳細が判らず、ブログ更新を控えていたのですが、スポニチにデカい記事が出ました。ちょっと長いですが、全文引用します。

八重山商工初戦突破!大嶺いとこ力也2安打(スポニチ)

第92回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の地方大会のトップを切って沖縄大会が19日、開幕した。4年ぶり出場を目指す八重山商工は具志川にサヨナラ勝ち。ロッテ・大嶺祐太投手(22)、翔太内野手(18)のいとこにあたる大嶺力也(3年)が2安打2打点と活躍した。今春センバツ優勝校の興南は5回コールドで快勝。日程を順調に消化すれば7月18日に代表が決まる。また、千葉、鹿児島の組み合わせが決まった。

 帰ってきた主砲が、梅雨明けの沖縄の空にあいさつ代わりの快音を響かせた。4番の大嶺が6回の先制2点打を含む2安打。4点差を土壇場で追いつかれ、最後は相手の暴投でサヨナラ勝ちの辛勝だったが「監督から結果しか求めないと言われ続けた。最高」と試合後は笑顔がはじけた。

 ロッテの大嶺兄弟はいとこ。兄弟の母の弟が力也の父だ。祐太、翔太の2人とは兄弟同然に育ち、小学校時代に軟式野球の「八島マリンズ」で野球を始め、八重山ポニーズ―八重山商工と球歴も全く一緒だ。伊志嶺監督が「今まで見た子供たちの中で1番」とうなるほどの打撃センスで1年生から4番を任されたが、昨夏大会前に「練習についていけなくて」と突然退部してしまった。

 「二度と野球はやらない」と一度は誓った大嶺だが1年間、祐太や翔太らに電話を繰り返した。復帰を迷う背中を押されて伊志嶺監督に直訴。「分かってた」と笑った指揮官は5月中旬にチームに戻ってきた大嶺を、翌日の練習試合から4番に座らせた。

 1年間のブランクもあって一塁守備はおぼつかないが「あいつは打てばいい」と指揮官。ぶっつけ本番の最後の夏に臨む大嶺も「大嶺家は野球しかない。昔からお世話になってる監督を最後に胴上げして、自分もプロに入りたい」。祐太、翔太そしてこの夏は力也だ。3人目の「八重山商工の大嶺」がバット一本で4年ぶりの甲子園を目指す。

 ◆大嶺 力也(おおみね・りきや)1992年(平4)11月25日、沖縄県石垣市生まれの17歳。石垣二中では八重山ポニーズでエースとして全国準優勝。八重山商工1年の新人戦まで投手だったが、秋から打者に専念。1年間の空白はあったが高校通算20本塁打。1メートル80、85キロ。右投げ右打ち。

また琉球新報でもこんな記事がありました(抜粋)

 八重山商工にとっては納得のいかない初戦となったが、得たのは反省ばかりではない。主砲・大嶺力也が復活した。
 大嶺はプロ入りした大嶺祐太、翔太兄弟のいとこにあたる。1年前、2年生ながら4番を任されていたが夏の大会前に「休みたい」と練習に出なくなった。「悔いが残る1年だった」と後悔の日々を過ごし、ようやく5月から部に復帰。伊志嶺監督からは「過程は問わない。結果を出せ」と激励されて4番に座り、先制の2点適時打を含む2安打で勝利に貢献した。
 「翔太先輩から『おれたち大嶺家3人は野球しかない。頑張ろう』と声を掛けてもらった。結果を出したい」とチームへの貢献を誓った。

途中野球部を辞め、復帰した最初の2試合で2ホームランを放って認められた、という話は知っていましたが、ここまで詳しい内容は知らなかったです。しかしまあ、大嶺ファミリーのポテンシャルってのは一体どこまで行くのでしょうか。さすがに即プロは難しいかも知れませんね。育成ならありえますが・・でもプロを目指すならば卒業後に野球を続ける環境は必要です。進路も含め注目したいですね。

さて、沖縄大会はこの土日で1日目、2日目が行われました。

19日・大会1日目の結果
▽1回戦
宜野座7-1宮古工
 甲子園出場経験のある宜野座、勝利
嘉手納2-0伊良部
 センバツ出場校、宜野座も苦しみながら勝利
八重山商工5−4具志川
 八重山商工は9回に4点差を追いつかれるも、暴投でサヨナラ勝ち。大嶺力也は4番ファーストで出場
興 南10−0宮古総(5回コールド)
 興南は島袋温存、1年生高良先発でコールド勝利
久米島12−1普天間(8回コールド)
八重山8−1豊見城南(7回コールド)
八重山も危なげなく勝ち進みました
宮 古5-2豊見城
 離島勢頑張ってますが、宮古総、宮古工、伊良部が敗退してしまいました。

19日・大会2日目の結果
▽1回戦
コ ザ9-0中部農(7回コールド)
名商工6-4北 谷(延長10回)
中部商12-0沖高専(7回コールド)
 中部商、無難な発進
美 里3-0八重山農林
 八重山勢3校のうち八重山農林が破れてしまいました・・
沖縄尚学9-2北部農(7回コールド)
 沖縄尚学も順調な発進
那覇西8-0名 護(7回コールド)
那覇商7-0陽 明
沖縄水産9-1北中城(7回コールド)
 沖縄水産も。甲子園経験校は続々勝ち名乗りをあげました。

最後の夏、悔いのないように!


人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

|

« リーグ戦再開も見所なく・・・ マリーンズ0−3イーグルス | トップページ | 重苦しい雰囲気を振り払う、価値ある勝利! マリーンズ3−1イーグルス »

コメント

こんばんは。
今日は沖縄の学校は慰霊の日で休みだった為、
県予選ありました。
太平洋戦争沖縄戦でも激戦区であった糸満がこの日に登場、
しかも正午にまたがり黙とうしたのは何やら運命的でしたね・・
もちろんコールド勝ちでシード校の面目保ちました。
八重山商工とは次の次で当たるみたいです。
強い相手には強い八重山商工ですが、意識してその前にコロっと足元救われない事を祈ります。
理想としては・・
次の試合、楽勝の筈がかなり手こずり辛勝して伊志嶺監督のカミナリが落ちて糸満戦に望むみたいな(笑)
あと糸満のピッチャー対大嶺も楽しみですね。
出来たら決勝まで残ってぜひ島袋君との対決、
去年の翔太君の仇を取って欲しいものです。

投稿: 知念 | 2010年6月23日 (水) 22時31分

>知念さん
コメントありがとうございます。
そうですね、慰霊の日に糸満高校が試合をし、黙祷をする・・
象徴的ですね。今はこうやって県外からも沖縄の野球の情報を得られるのですから、ほんとに平和になったものです。

その糸満高校、個人的にはぜひ甲子園に行って欲しい。でも、八重山商工も応援してるし、なにより興南に春夏連覇して欲しいという気持ちもあり、非常に悩ましいところです。

代表校2校欲しいですよね。選抜優勝県は夏2校出場、とかどうでしょうか(笑)


(順調に行けば、ですが)糸満-八重山商工の試合観たい・・かなり観たいです!

投稿: BJ | 2010年6月23日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/35378749

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄大会第1・2日目 最後の大嶺ファミリー、大嶺力也登場!:

« リーグ戦再開も見所なく・・・ マリーンズ0−3イーグルス | トップページ | 重苦しい雰囲気を振り払う、価値ある勝利! マリーンズ3−1イーグルス »