« 沖縄大会第1・2日目 最後の大嶺ファミリー、大嶺力也登場! | トップページ | 「勝てる投手」になるのは難しい マリーンズ1-9バファローズ »

2010年6月20日 (日)

重苦しい雰囲気を振り払う、価値ある勝利! マリーンズ3−1イーグルス

正直言うと、昨日私が観に行って負け、今日は行けないので勝つだろうと思ってました(涙
そんなもんです。昨日がツマらなかっただけに、今日の勝利はまたひとしおですね。
そのまま親子ゲーム、ナイターも堪能された方は多いのではないでしょうか。・・・いいなあ。

今日はテギュンが初めてスタメンを外れました。右足ハムストリングの違和感、しかしフリーバッティングはしていたとの事で軽症のようです。腰痛だった今江もスタメン復帰しました。まずはテギュンも含めちょっと安心ですね。それに伴ない、久しぶりに福浦がファーストの守備につきます。

さて、マーフィーと永井の先発で始まったこの試合。
マーフィーの序盤はお約束の制球悪く不安定な立ち上がり。それでも点が入る寸前で踏みとどまって来たのがマーフィーですから、2回の押し出しによる失点はかなり嫌な感じがしました。
とはいえ、正直言って球審中村が酷過ぎる、カラすぎます。低め、内外角、どちらも取らない。極端に狭いストライクゾーンです。永井も苦労してましたね。
あのマーフィーの自責点は中村に付けたいですよ、ほんと。中村はいろいろといわくつきですが、これでも審判副部長ですからね・・・
とにかくストライクゾーンはピッチャー有利にしましょうよ!

一方永井の前に、打線は昨日の続きのような打撃。自分たちのバッティングをさせてもらえず、6回まで散発4安打でゼロ更新が続きます。
永井ってシュートピッチャーだっけ?という程シュートが多かったですね。永井でシュートのイメージは全然無かった・・・。特に右打者からするとシュートが頭にあると踏み込んで打てないので、どうしても当てるだけになってしまいます。それに、今日はストレートがなんと言っても良かった。伸びもあるし、いいところに決まる。左打者のインコースにあれだけ決まれば打てないです。さらに今日はコントロールも良いとあって、打ち崩すのは至難の業かと思われました。

永井は5回くらいから少しずつ制球が甘くなりだします。そして7回、先頭サブローにストレートの四球。ここで竹原、というところで西村采配が注目されましたが、強攻で来ましたね!意外でした。前の打席でいいセンター返しでヒットを放っているので可能性に賭けたのでしょうか。そして竹原はインローのシュートを強引に引っ張って三遊間を破り、期待に応えました。
無死1,2塁となって里崎。ラインを狙いすぎた送りバントは惜しくもファール、次はバントの構えから見逃して2ストライクと追い込まれてしまいます。しかし、ここから粘りました。低めの変化球にも手を出さず、3Bー2S(だったかな)からシュートを見事に右打ち!サブローが還り同点!
なおも無死2,3塁となって一気に逆転したい所で代打テギュン、西岡と倒れ、2死2,3塁で今江。

今年のマリーンズはここで必ずと言っていいほどヒットが出ました。去年までなら出なかった。この今江の打席、大げさかも知れませんが、今後のマリーンズ打線の行方を見定められる所との思いで観ていました。
・・今江はチェンジアップを綺麗に右打ち、2者を迎え入れます!おお!やっぱり今年の打線は違うぞ!ここで逆転まで持っていけたのは非常に大きいですね。永井はチェンジアップで打たれたのは悔いが残るんじゃないかな・・。

この後、マリーンズは薮田ーコバヒロと繋ぎ、久しぶりに勝利の方程式で勝利。リーグ戦再開を1勝1敗としました。
ニッカン式スコア

今日最大の立役者は里崎かと思います。バント絡みで追い込まれてからボールを見極め、最後はシュートを右打ち。これを引っ張っていたらゲッツーで、この回は無得点か良くて同点どまりだったでしょう。右打ちしたからこそのタイムリー。今江も右打ちでしたし、マリーンズはこういうバッティングで繋ぐのがやっぱり似合いますね。

コバヒロは殆どがチェンジアップ、スライダー。これは私の勝手な考えですが、決して逃げのピッチングではなく、おそらく里崎があえて変化球ばかりにしたのではないかと。2試合失敗している事、リーグ戦再開という状況で、コバヒロが文字通り肩に力が入ってイレ込み過ぎないようにとの、上手く「抜く」意図があったリードではなかったかと。草野にヒットは許しましたが、今日コバヒロで抑えた、というのは大きいですね。

今日負けていればリーグ戦再開でいきなりの連敗、と今後のペナントレースの行方すら左右しかねない状況だっただけに、繋ぐ打撃でワンチャンスをモノにした勝利はとても大きかったと思います。
マーフィーに負けがつかず、それどころかまた勝った、というのも暗示的な部分で今後に繋がるんじゃないのかな。しかしマーフィーの時はいい形になりますね。前回登板も6回投げきり、1点ビハインドですぐ次の攻撃で逆転し、マーフィーに勝ちがつきましたから(10者連続安打の時ですね)。
何故かマーフィーの制球難を安心して観ている私がいます(笑)
どこまでも続け、不敗神話!

★福浦、守備に精彩を欠く。やはりいきなり守備に就くのは難しいよなあ。こういう時が来ることを懸念していたのですよ。たまにはテギュンDHで福浦ファースト、というのもやっていった方が良いと思う。
★謎の新外国人ルイーズ、観ていると変化球打てませんね。シーズン途中の加入ですし、ちょっと厳しいかも知れません。フェルナンデスと雰囲気は似てるんだけどなあ。
★イーグルス山崎、永井に対し「野手との信頼関係を考えれば、あそこで四球を出しちゃ駄目。いっつもああいう感じだろ」(スポニチ)と言っていたようなんですが、ブンブン振り回し、あげくタイミング合わず凡退を繰り返すクリーンナップにそんなこと言われたくないんじゃないかと。大ベテランですが、自分の成績はどう思ってるのか?

★ライオンズ6−4ホークス
ライオンズ、おかわり君抜きで3連勝!ホークスからすると和田、杉内で勝てなかったのは痛いですね。引き離されないようにマリーンズは次のバファローズ戦重要だなあ。
★バファローズ1−11ファイターズ
やはりファイターズが来そうだ。ケッペル、リーグトップの9勝に1イニング満塁ホームラン2発ですか。やだなあ〜


人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

|

« 沖縄大会第1・2日目 最後の大嶺ファミリー、大嶺力也登場! | トップページ | 「勝てる投手」になるのは難しい マリーンズ1-9バファローズ »

コメント

こんにちは。
里崎選手はバントさせるより、打たせたほうがいいのでは、と思っています。
マーフィー投手、一時ヒヤヒヤしましたが、ナイスピッチングでしたね。
金泰均選手が先発からはずれ、心配しました。たいしたことがなければいいのですが。

投稿: まりんずちゃん | 2010年6月21日 (月) 22時55分

>まりんずちゃんさん
こんばんは。
確かに里崎は打たせた方がよさそうですよね。竹原の強攻はびっくりしました。
テギュン、明日はDHでも良いから出られると良いですね。これ以上ケガ人は勘弁です。
明日は俊介かと思ってたら吉見でしたね。この所2試合勝ててませんから、本人の為にもチームの為にも勝って欲しい!

投稿: BJ | 2010年6月21日 (月) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/35382386

この記事へのトラックバック一覧です: 重苦しい雰囲気を振り払う、価値ある勝利! マリーンズ3−1イーグルス:

» 今江決勝タイムリー!マーフィー6連勝! [いすみマリーンズ]
E:●永井-片山-青山 M:○マーフィー-薮田-S小林宏 観衆 21476人 き [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 23時56分

» 今までだったら負けパターンのゲームだったのに(20100620vsE) [ライトヒッティングな生活]
交流戦明けなんだし、まさか勝てるとは思わなかった…! [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 08時56分

» 310 6/20観戦:気持ちのいい勝利 [まりんずちゃん2010]
「西村ダンス」です。外野の人たち、とても気持ちよさそうでした。 では、今日の結果です。 ロッテ 3−1 楽天 勝利 マーフィー 6勝0敗0セーブ セーブ 小林宏 2勝1敗12セーブ ホールド 薮田 14ホールド ヒーロー マーフィー 4回、今江 3回 観衆 21476人 楽天、強くなりましたね。野村監督のおかげでしょうか。それとも、交流戦で勢いがついたのでしょうか。それにしても、交流戦、上位6位までがパリーグというのは、やはりおかしいですよ。パリーグの各チームとも調子が出てきて、マリーンズと... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 22時52分

« 沖縄大会第1・2日目 最後の大嶺ファミリー、大嶺力也登場! | トップページ | 「勝てる投手」になるのは難しい マリーンズ1-9バファローズ »