« 13日 イースタンリーグ@戸田 スワローズ3−3マリーンズ | トップページ | 明日からイーグルス戦!〜展望〜 »

2010年6月16日 (水)

西岡が初回に出塁した時って点取れてるの?・・計算してみた。

このところ、試合を観ていて思う事がありました。ここ最近、初回(1回)に西岡が出塁してもあんまり点が入ってないんじゃないか?と。
時間が少しあったので手なぐさみに計算してみました。

以下、全て「西岡が初回に出塁したか」のみのデータです。途中のイニングで西岡が先頭で出塁した場合は考慮していません。
素人計算なので間違いもあるかもしれません。お含みおきを。

現在までの試合数

63試合中、

西岡が先頭打者として出塁したのは

27試合

ありました。
27/63、割合にすると.428です。
(これって何気に凄い数字だと思う・・けど西岡の出塁率.420を考えると妥当か)

うち、挙げた点数にかかわらず初回の得点につながったのは
16回

16/27、割合にすると.592で点が入っています。

そして、個人的に感じていたのが荻野貴離脱前と後で変わったんじゃないか、ということでした。

荻野離脱前(試合数/西岡出塁数/得点が入った試合数)
46/18/11

得点が入った試合数/西岡出塁数で計算すると.611

荻野離脱後
17/9/5

同じく得点が入った試合数/西岡出塁数は.556

微妙に下がりました。しかし、計算のもとになる試合数が少ないのであまり参考にはならないですね。

なので、荻野離脱が、西岡が先頭回に出塁した時の得点に影響があるんではないか!という私の予測は必ずしも正しいとは言えない。
つまり、最初に呈した疑問
ここ最近、初回(1回)に西岡が出塁してもあんまり点が入ってないんじゃないか?という疑問は「そんなことないんじゃない?」と言う事がわかりました。
意外でした。もっと差が出るかと思ったのに・・・荻野がいないことの無念さがそう感じさせたのかなあ。

さらに言うならば、私の勝手な予想では井口の成績、特にフォアボール数が減ったのでは・・・と思っていたのですが、
井口の四球数を調べてみると、

離脱前
6個/18打席
離脱後
3個/9打席
で、四球の割合は打席数に対してどちらも.333。意外でした。
ちなみに井口の出塁率と打率は

離脱前
.555、0.333
離脱後
.666、.500
と、荻野離脱後の方がむしろ良かったりします。(これも離脱後の機会が9試合しかないのであまり参考にならないかも。)

もっとも、これらのデータはあくまでも「初回に西岡が出塁した時」のみの話で、イニング先頭で出た時も含めるとまた数字は変わってくるかも知れません。
ほんとは、全てのイニングで無死で西岡が出塁した時の井口の成績を調べてみたいんですが、
素人にはそこまで無理だ・・・・。


ここから先は関連した余談です。

せっかく取ったデータなので、これから単に、
西岡が初回に出塁して得点した場合の勝率
を計算してみると、
27試合出塁、得点した試合数が16試合、うち勝利した試合は9試合。
9/16、.562で勝利。
今現在のマリーンズの勝率.590とあまり変わりません。むしろ下がる、という皮肉な結果に。

・・・と、言う事は。
勝率がほとんど変わらない、という事はつまり、
西岡が(初回に)出塁してもしなくてもほとんど勝率は変わらない」って事でした。
むしろ西岡が出塁しない方が勝率が上がるかもしれない。

これも意外。西岡が初回出塁して得点したらもっと勝利してるかと思ったのに・・・実につまらんです。
はあ。せっかく計算してみたのに。なんかがっかり(汗

まあ、この話はすべて「初回」に限定した話なので、どこまで有益か、と言われると「へえ」ってくらいの価値しかないんですが。
でも、個人的に気になっていた疑問が解消です。すっきり。

さらに、せっかくなので。
同じく西岡が初回に出塁した場合、西村監督はほとんどと言って良いくらい送りバントをしますね。これ、私はあまり好きではなくて・・・
西岡出塁→送りバント、の数を2番に座った荻野、早坂、今江全員を通じて計算してみると、

無死1塁が21回あり、そのうち犠打は17回(ただし、記録から集計しているのでバント失敗→強行分は入っていない。記録上は犠打でない4回もバントをしに行った可能性があります・・現に荻野は何回か失敗した記憶あり)
で、17回したバントのうち、得点につながったのは10回

10/17で得点につながった割合は.588

無死2塁は4回あって、犠打は2回(これもバント失敗→強行が含まれない可能性あり)
うち、得点につながったのは1回

1/2で割合は.500ですね。

言ってみれば、初回無死1塁で送りバントをしても、点を取れるかどうかは半々かちょっと高いくらいという事ですね。
この数字、どうとらえるべきか・・・マリーンズ全体で無死1塁から強行した場合と比べたいのですが、今季はほとんどバントなので参考になる数字がない。
プロ野球界全体での数字を知りたいけど、ネット上でもいろいろな数字が出ていたりしてなんともいえないですね。

私個人的には、2番が荻野貴の場合は荻野の足や右打ちの技術を考えると、初球からバントするのはあまりにも勿体ないと思うのですが、どうでしょうか?三振してしまう可能性は残るけど・・・

ちなみに三振率で言うと、
荻野:24三振/217打席=0.110
今江:21三振/260打席=0.081

あら、意外!今江の方が三振の確率が低いんですね~(失礼)
とするならば、今江2番の時はむしろ打たせた方がいいのか?右打ちうまいし三振少ないし。
だけど、荻野も強行して、たとえ失敗しても荻野が残れば盗塁でリカバーするチャンスもある。
出塁率は荻野の方が高いので(荻野.383、今江.364)進塁させる割合は荻野の方が若干上かも知れません。

どちらにしろ、送りバントってやっぱり勿体無いなあ、と思ってしまうのでした。

以上、あまり意味の無かったデータ遊びでした。
でもたまにやってみると面白いですね。

人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
ランキング参加しています

|

« 13日 イースタンリーグ@戸田 スワローズ3−3マリーンズ | トップページ | 明日からイーグルス戦!〜展望〜 »

コメント

こんにちは。
なかなか面白いデータですね。こういうの、好きです。
今度私も何か作ってみようかな。

投稿: まりんずちゃん | 2010年6月17日 (木) 00時05分

まりんずちゃんさん>
コメントありがとうございます。
自分でやってみると、レベルは低いですが(汗
楽しいですね。
でも、思ったよりも大変だったです。
・・・細かいのはやっぱりプロに任せた方がいいですね(笑)

それにしても、初回からすぐバントってやっぱり勿体無いよな〜って思ってしまいます。特に2番荻野貴司で初球から、っていうのは・・

投稿: BJ | 2010年6月17日 (木) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/35300502

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡が初回に出塁した時って点取れてるの?・・計算してみた。:

« 13日 イースタンリーグ@戸田 スワローズ3−3マリーンズ | トップページ | 明日からイーグルス戦!〜展望〜 »