« ”格”が違った・・ カープ3−0マリーンズ | トップページ | 我慢比べの果ての歓喜、しかしまたしても・・ マリーンズ1−0ベイスターズ »

2010年5月29日 (土)

吉見Rebirth!古巣に勝利 マリーンズ5−0ベイスターズ

交流戦も一通り対戦が終わり、今日の横浜戦からは2回目の対戦となります。
今日までマリーンズは交流戦12試合で7勝5敗。ケガ人続出の中、5割以上なので上々ですが、欲張りなファンとしてはやっぱり交流戦優勝を狙って欲しいですね。

今日の先発は古巣相手に燃える吉見と番長三浦。吉見のピッチングに注目でしたが、やってくれました。
今日はまたしても3塁側遠い所からの観戦でしたので、ボールの出来不出来は良く判りませんが、ストライク先行、カーブを有効に使ってパタパタとリズムよく打ち取って行きます。全く危なげなく、ピンチと言えば5回の1死1,3塁くらいでした。

結局吉見は6回を72球3安打無四球、4奪三振自責点0と素晴らしいピッチング。7回頭、クリーンナップから始まる所で交代、勝利の方程式伊藤ー薮田ー小林とリレー。

吉見はまだまだ行けると思ったのですが、西村監督は大事に勝ちに行ったのでしょうね。
また、伊藤がタイガース戦で右手親指に打球を受けてから投げていないので試運転したかったのかも知れません。
その采配にケチつけるつもりは毛頭ないのですが、もう少し吉見に投げさせても良かった気はします。
とはいえ、非常に良いイメージを持ったまま降板したと思います。次回も期待できますね!

番長三浦もスローカーブを交えながらの上手いピッチングをしましたが、2回2死満塁から今江にライト越え2塁打を浴び2点を献上。2塁打、とは言ってもカスティーヨが目測を誤ってヨタヨタ追って捕れずにヒットにしたもので、番長からしたら不運でした。当たりは良かったですけどね。
カスティーヨはセカンドとしての守備力を見込んで獲得した筈なんですが、このところ外野での起用が続いています。これってどうなんでしょうね?どなたか事情知っていたら教えて下さい・・カスティーヨを外野に回す事で、薄い外野陣を手厚くして、内野で藤田、石川が使えるから、という理由だった気はするのですが。勿体無いですね。

番長は良いピッチングだったのに、6回で四死球4というのが命取りになりました。今日は吉見の方が実績が上のピッチャーのような投球でした。

そうそう、試合前にはサブローの1000本安打の表彰が行われました。1000本は素直によく頑張った、と認めてあげたいところですし、その時のしみじみコメントも良かったのですが・・・このところのテレンコプレーで「代えてくれ!」という悲痛な声も当ブログをはじめ、いろいろな所で聞こえてきます。なんとも複雑な感情で表彰を見ていたのですが、今日は6回2点差から貴重なソロホームラン。今日はいい仕事しました。

・・でも、あまり言いたくないけど5回2死1塁から金城のライト前ヒットをサードにユルユルのダイレクト返球・・・サブローに限らず、マリーンズ外野陣はここ数年ずっとそうなんですが、こういう時はまずカットまで返して欲しい。今日なんかもカットに中継していたらアウトに出来るかも、というタイミングでした。それに、バッターランナーを2進させてしまう可能性が非常に高いです。今日は金城が1塁で止まってくれたので良かったですが・・・こういう所でこうなんといいますか、「あ〜あ」と思ってしまうのですよね。

試合の方は8回に福浦にダメ押し2ランが飛び出し、全く危なげなく5−0で勝利。対横浜勝ち越しを決めました。
Img_0070
ニッカン式スコア

明日は俊介と・・・ルーキーの加賀ですかね?加賀は変則サイドの右腕。今季は1勝4敗ですが、防御率は3.63と悪くありません。マリーンズ打線がどう対処するか興味を持って観たいです。それより、俊介につきますかね!どうにも不安定な今季の俊介。ナイスピッチングを期待しましょう。

★このところマリーンズのクリーンナップが元気ないですね。井口は広島戦で2発などありましたが、ボールを引掛け気味なのが気になりますね。
★吉見、前回は西本コーチに「フォームをもっとゆったりと」とアドバイスされて良いピッチングに繋がったようですが、今回はこんな記事もありました。
スポニチより(抜粋)
ロッテではコーチの指導を受け、プレートに軸足を掛けず、沿わせて立つようにした。「軸足を使ってためができ、制球が良くなった」と言う。制球難は影を潜め、四球なし。移籍後2連勝で、新天地と古巣の両方に存在感を示した。

10年やっている投手がたったこれだけで良くなるのかどうか、なんとも言えませんが事実だとすると面白いですね。なんにせよ、横浜時代とは違う、と言う事で!吉見、今後に期待です。

★ファイターズ2−4タイガース
ダルで負けました。ダルが4勝4敗と貯金を出来ていません。成績は良いのですがね。このあたりにファイターズの今季の成績が現れているのかな。サトケンは今日は代打で投ゴロだったようです。しっかり使われてますね。マリーンズで燻っていたのは何だったんだ・・
★イーグルス3−2カープ
カープ、元監督にこれで3敗?球団関係者はもとよりファンは悔しいだろうな・・
★ライオンズ0−4ジャイアンツ
この連戦だけはジャイアンツを応援。だけど明日は岸か。
★バファローズ4−11スワローズ
スワローズ、やっと勝ちました!小川淳司監督代行、良く考えたら習志野高校出身で初の監督?
★ホークス4−2ドラゴンズ
ペタジーニスタメン登場。さて、どれだけやれるか・・・みものですね。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログへ


|

« ”格”が違った・・ カープ3−0マリーンズ | トップページ | 我慢比べの果ての歓喜、しかしまたしても・・ マリーンズ1−0ベイスターズ »

コメント

こんにちは~
いつも観戦お疲れ様です。
吉見はプレートに乗るか乗らないかの違いみたいですね?
乗って少しでも傾斜をつけて角度のある投球をしたかったみたいですが、それで制球悪くては意味ないですもんね。
それより西本コーチがそれをすぐに見抜いて始めはそのままさせて、ある時こうやってみては?
と提案するっていう指導法自分は好きです。
強制的でなくあくまでも個人の判断にまかせてやらせる方法。
しかし、このことをあの名コーチの名を欲しいままにした尾花監督は分かっていたのかな・・

投稿: 荻野もっくん | 2010年5月30日 (日) 13時03分

>荻野もっくんさん
吉見は春のキャンプ時に当然尾花さんからアドバイスも受けていたようなんですけどね。コーチの助言一つで変わるって面白いですよね。
確かに、「押し付ける」コーチは嫌ですね。
自分に合わないと思ったら聞き流せるくらいの性格の選手なら良いですけど、真面目だと全部聞いてしまって訳判らなくなる、って話も結構聞きますからね。

西本コーチにはさしあたってキャンプに続き第2弾の大嶺再生をお願いしたいです。

投稿: BJ | 2010年5月30日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34941735

この記事へのトラックバック一覧です: 吉見Rebirth!古巣に勝利 マリーンズ5−0ベイスターズ:

» 吉見 古巣相手に2勝目! [いすみマリーンズ]
ベイスターズ 001000000 0 マリーンズ  02000102X 5 YB [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 23時06分

« ”格”が違った・・ カープ3−0マリーンズ | トップページ | 我慢比べの果ての歓喜、しかしまたしても・・ マリーンズ1−0ベイスターズ »