« キムチテギュンバーガー、おかわりでカード初戦とる マリーンズ8−5ファイターズ | トップページ | こどもの日はやっぱり・・・ マリーンズ3−8ファイターズ »

2010年5月 4日 (火)

クリーンナップ+1が揃い踏み! マリーンズ10ー1ファイターズ

カード初戦を取り、今日勝ってカード勝ち越しを決めたいマリーンズ。
今日も満員御礼。ガラガラの中のんびり観戦もいいんですけど、やっぱり沢山の人が野球を観に来ている光景は野球好きとして嬉しいです。
そんな中、今日のマリーンズは”出来すぎ”な感じで勝ってしまいました。

先発は唐川ー吉川。
唐川は初回は制球が定まらず、いきなり先頭の賢介を四球で出塁させると、1死1,2塁で小谷野を迎えます。小谷野、打率.254。いつも思うのですが対戦しているととてもそうは思えない。得点圏打率はというと、昨日の時点で.378。小谷野と言えば沢山いるマリーンズキラーの中でもトップクラス。
今日もここで憎らしいくらいのマリーンズキラーぶりを発揮されてしまい1点を先制されてしまいました。ほんと勝負強いですね・・・我がマリーンズでは誰に相当するか?と思っても適切な名前が浮かんできません。
唐川はなおも四球で1死満塁のピンチを迎えましたが、なんとか後続を抑え、ヨタヨタしながらもなんとか1点のみで凌ぎました。

すぐ反撃したい所でしたが、1回ウラのマリーンズの攻撃は2死から四球を3つも貰って満塁、ここでサブローです。サブローは期待して良いのかしない方が良いのかわからない・・・あまり期待しないで観ていたら案の定三振してしまい、サブローは力なくベンチに戻って行きました。

「この三振が最後まで響きました」という夜のスポーツニュースのコメントが頭をよぎります。かなり嫌な感じ。

が、この嫌な雰囲気をマリーンズらしからぬホームラン攻勢で吹き飛ばしました。3回、井口が極めて井口らしい右打ちでライトスタンドに放り込みます。同点!
続くテギュン。昨日の大活躍がありましたが、活躍したからこそ今日は期待しちゃいけない!と思ってしまうのがマリーンズファンのサガです。
と、テギュンのバットが一閃!打った瞬間それとわかる当たりがレフトスタンド上段、ファイターズ応援団が陣取る位置に綺麗に飛んでいきました!あっさり逆転です。それにしてもテギュンのホームランは打球に迫力があります。加速度が違いますね。昨日も書きましたが、ボールがバットに当たる際の反発力が普通でないかんじ。

これで大松が打てば伝説(となるであろうか)の3連発!と調子に乗りましたが、大松は美しいセンター前ライナーのヒット。ここでサブローです。併殺打かな・・と思っていたら、あっさりレフトスタンドに打ち込んでしまいました。リードを広げる貴重な2ラン。うーん、やっぱりサブローは良くわからん。

結局吉川は3回5安打自責点4でマウンドを降りました。

吉川と言えば、広島・広陵高出の4年目です。1年目に早くもシーズン途中で先発ローテに割って入り、4勝を挙げました。地味な活躍ではありましたが、1年目から凄いな〜と注目して気にしていたのですが、年々伸び悩んでいる感じで、ちょっと心配ではあったんですよね。今日で3試合目の投球でしたが、厳しい内容。またファームかも知れません。

一方の唐川は相変わらずヨタヨタとしていましたが、味方の大量援護にも助けられ、終わってみれば8回8安打4四球自責点1で降板しました。内容的には不満が残りますが、連日の中継ぎ酷使の中、援護があったとは言え8回まで投げたのは非常に大きい。明日は香月なので5回が目処でしょうから、今日中継ぎを休ませる事が出来たのは有意義でした。

打線の援護と言えば、5、6回と2、4点を挙げて10点を奪いました。3回の時は乗り遅れた大松が2本のホームラン。特に1本目はレフトポール際に飛び込んだのですが、逆方向に打ったという事は今後に向けて大きいホームランだったと思います。大松は基本的にプルヒッター、右方向に引っ張るホームランがほとんどですから、左に打てたということは本人にも自信になるでしょうし、何より相手チームからすると驚異となるのではないかと。これがきっかけでテギュンと共にホームランを量産してくれるといいんですけどね。2本目もセンターバックスクリーンに運び、これまた意味のあるホームランでした。

当初の嫌な感じは杞憂となり、マリーンズがカード勝ち越しを決める3連勝。今日も満員のお客さんの前で勝ちました!マリーンズらしくないですね〜。
Img_9486
ニッカン式スコア

今日はマリーンズの3、4、5、6番にホームランが飛び出すというちょっと考えられない攻撃。西村監督もインタビューで言っていましたが、「たまには良い」かも知れませんね。大松も左に打てるとなると、井口も両方向、テギュンも両方向、大松も両方向でサブローも両方向に打てる、という驚異の打線になります。
井口は今日も四球を2コ選び、これでリーグダントツトップの36コ。試合数が35ですから1試合に1コの計算。テギュンの不振もありましたのでこれからは多少減るかも知れませんが、逆にテギュンの前にこれだけ出塁すると得点力もアップします。
なんだかテギュンに当たりが出てからうまく回るようになってきました。4番が打てば良い形になるのは当たり前と言えば当たり前ですが。

明日は香月とケッペル。ケッペルは3勝を挙げていますが、前回は札幌でマリーンズ打線がKOしています。マリン初登板という事も考えると、そんなに不利ではない・・・(有利と言う勇気はありません・・)香月次第ですかね!前回の勝利がフロックと言われないように、本拠地で良いピッチングを期待します。

★マリーンズからファイターズにサトケン無償トレード。
入団直後、教育リーグで3番を打ったりと活躍が期待されていましたが、今ひとつ伸び悩んでいました。本人の為には環境を替えてあげるのが良いかとも思いますし、仕方ないとも思いますが、「無償」って。契約金もかかってるし育成費用だって掛けてるのに・・石川球団副代表によれば
「ここ何年か2軍でも伸び悩んでいた。日本ハムは外野手がケガ人で離脱しているので、ほしい状況。敵とかそういうのを抜きにして、彼のためにも(トレードは)やった方がいいと思った」
との事。球界内の慣習的にはあることなんですかね。あまり記憶にないような。
今季の残り年棒が球団としては浮きますがね・・・
新入団発表を見に行った時の入団選手でもあるので寂しいですが、ともあれ新天地で頑張って欲しい。
★Kスタではイースタンリーグが行われ、雄星が東北凱旋登板。5回を3安打1四球2奪三振、無失点と良い内容だったみたいですね。Kスタは好きな球場です。のんびりイースタンもいいなあ〜。
★大差がついたので後半、根元、塀内登場。しかし神戸、早坂、的場は出番なし。早坂に至っては4月24日に代走で出たのが最後。ちょっとは観たいな・・・。

★ライオンズ6−5イーグルス
イーグルス、10回ウラ、チェンジとなる筈のサードゴロを草野が悪送球、ノリ取れず。取れない送球ではなかった・・・せっかくの勢いを止めてしまう、今後に響くエラー。
★バファローズ3−11ホークス(8回終了時)
記事を書いている時点で8点差。完全にホークスノッてますね。こうなると、交流戦に入っての戦い振りがパ・リーグ上位争いに直接関係してきます。このところマリーンズは交流戦分が悪くホークスは良いので、今年の交流戦も注目。

俺たちも出たい・・・
Img_8140

レフトスタンドにも連日沢山のファイターズファンが
Img_9367

唐川 途中から半袖になりました
Img_9390

今日もテギュンに1発
Img_9408

サブローも続く
Img_9412

大松にも
Img_9459

今日も満員御礼!
Img_9452

木田、通算500試合登板
Img_9463


人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズにほんブログ村 野球ブログ


|

« キムチテギュンバーガー、おかわりでカード初戦とる マリーンズ8−5ファイターズ | トップページ | こどもの日はやっぱり・・・ マリーンズ3−8ファイターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34519857

この記事へのトラックバック一覧です: クリーンナップ+1が揃い踏み! マリーンズ10ー1ファイターズ:

« キムチテギュンバーガー、おかわりでカード初戦とる マリーンズ8−5ファイターズ | トップページ | こどもの日はやっぱり・・・ マリーンズ3−8ファイターズ »