« 祝・青野復帰!里崎2発で勝利 バファローズ3−9マリーンズ | トップページ | 直行、内角エグり宣言!交流戦スタート »

2010年5月10日 (月)

またも大嶺背信・・リーグ2位で交流戦へ バファローズ11−7マリーンズ

またしても大嶺への期待届かず。
今日は遅くなってから録画観戦だったのですが、後半はすっとばしながら観てしまいました。

このところ良くない投球内容が続く大嶺。今日もボール先行の苦しいピッチングでした。
とにかく、3人で終わらない。それでもなんとか無失点で凌ぎますが、4回に捕まってしまいました。この回は1死から北川に2ランホームランを打たれます。が、ビデオ判定の結果ファールに。試合再開から明らかに力みが見て取れ、結局フォアボールに。その後連打され3点を失いました。
大嶺のコメントでも「同じような本塁打を打たれたくなくて、力んでしまった」とありました。気持ちは判りますが・・ここは「ラッキー!」に思って開き直るくらいで行って欲しかったですね。

ただ恨み言の一つでも言うならば、最初っから「ファール」と判定していてくれればこんな事にはならんかったか、と。中継を観ていた私は「あ、ファールだ」と思ったのですが北川が嬉々としてベース一周してるからびっくりしたんですよね。もちろん中継は俯瞰したアングルで打球追ってますし、現場の方が見えにくいのかも知れませんけど。

ひとつ懸念するのは、ビデオ判定の導入によって「ビデオ判定すっからいいや」と安易に判定するようにならんかな、と。今日の打球、去年までだったら判定が覆ることはないので「ホームラン」だったんですよね。でもあんなのイージーと言えばイージーなファールだと思うんですよ。テレビのニュースなんかでは「ビデオ判定に救われた」とかナレーションがありましたが、「救われる」事自体、ホームランとした前提が間違ってます。これって結構大きい問題では?

・・・と負け惜しみは置いといて。今日の大嶺の内容であれば遅かれ早かれ同じような結末になっていたでしょう。
大嶺。どうしたら良いんでしょうかね?まずはコントロール。コントロールをつけるために去年まではセットポジションにしていたのを西本コーチの「小さくまとまるな」との声でワインドアップに戻した。私個人的にはこれ賛成なんですけど、でも結果はといえば変わってないんですよね。結局、大嶺の場合はメンタルが作用する部分が大きいんですかね・・ふてぶてしい位がちょうど良いとは思うのですが。高校時代から見てますが、性格が今ひとつ投手向きでないというか・・・強烈な自己主張みたいなのがない。そういう意味では弟の翔太の方がよりピッチャーらしいです。

交流戦に入るとまた間隔が空きますから、技術的な面はもちろん、メンタル面で気分転換して欲しいものです。とにかく大嶺に一本立ちして貰わないと、マリーンズの躍進は望めないんですから。
俺はずっと応援しているから、(だからって何の影響もないけど)・・・頑張れ、大嶺!
と言っていても交流戦で先発外れる可能性もゼロではなし・・・。

試合は後を継いだ投手陣も失点を重ね、最終的には11点を奪われ敗戦。パ・リーグ2位で交流戦に望む事となりました。
ニッカン式スコア
大谷、マーフィーとこのところ打たれているのが、交流戦に向け気になるところです。

打線は、1回、3回と先制のチャンスがあったのですが今日はテギュンが久しぶりにブレーキ。4三振といいところが無かったですね。このところ良かったので、こういう日もあるかと。
サブローのムラッ気はほんとになんとかして欲しい。気のない三振をしたかと思えばいきなりホームラン、また気のない三振。成績だけ見るといいんですけど、貢献度で言うと極めて印象が薄いのは私だけでしょうか。
8回にマリーンズは大松の集中力を欠いた3ゴロ、サブローのいい加減な三振で2アウトとなった後に4連打と2四球で3点を返すのですが、この状況を大松サブローの二人はどんな心境で観ていたのでしょうか?悔しさがあったならいいのですが。この二人、とっとと試合を捨てていなかったか?

とまあ文句ばかりになるので、今日のいいとこ探し。
荻野が4盗塁を決めました。2盗、2盗、3盗、2盗。うち最初の2回は警戒されてるなか初球に決めました。やっぱり異次元だ・・1試合4盗塁は西村監督に並んで球団記録だそうですね。
秋親、古谷が好投。二人とも1安打、1四球でしたが、ボールがキレてました。古谷は3ボールまで2度行きましたが、いいところに行ってましたし、今季の投球の中では一番良かったのではないかと。

二日空きますから、気分転換して交流戦に望んで欲しいものです。

★バルディリス。4の4、2試合連続のホームランと上り調子。阪神時代、育成からはいあがり1軍で一所懸命やっている様子が見えて好きだったなあ。これを機に1軍主力として定着してくれたらなんか嬉しい。
★岸田が中継ぎに回るとのこと。今日は散々なピッチング。気落ちしたか・・・

★ファイターズ7−3イーグルス
マー君打たれる。やっぱりイーグルスはライオンズ戦、延長エラーでの敗戦からおかしくなってしまったか・・・
★ホークス1−4ライオンズ
小椋、やっぱり負けました。「マリーンズだけが勝ちを献上」っていうの結構ありますもんね。予想してました。
松田が左手首骨折とのこと・・・スイングしすぎ?去年も2度骨折(うち一度は唐川のデッドボール)で戦列離れているだけにちょっと可哀想。心中察する。

|

« 祝・青野復帰!里崎2発で勝利 バファローズ3−9マリーンズ | トップページ | 直行、内角エグり宣言!交流戦スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34616822

この記事へのトラックバック一覧です: またも大嶺背信・・リーグ2位で交流戦へ バファローズ11−7マリーンズ:

« 祝・青野復帰!里崎2発で勝利 バファローズ3−9マリーンズ | トップページ | 直行、内角エグり宣言!交流戦スタート »