« 吉見Rebirth!古巣に勝利 マリーンズ5−0ベイスターズ | トップページ | イースタン@熊谷に行ってきた ジャイアンツ4−5マリーンズ »

2010年5月30日 (日)

我慢比べの果ての歓喜、しかしまたしても・・ マリーンズ1−0ベイスターズ

さて、今日は昼間にイースタンリーグ観戦に行きましたので、兄貴分の試合は録画観戦でした。
やー、しびれる展開でしたね。球場で観ていた人は文字通り尻がシビれたのではないかと・・・
やっている方も観ている方も忍耐、忍耐の連続だったでしょう。

先発は予想通りで俊介と加賀。
加賀は昨日のエントリーで変則サイドにどう対処するか?と書きましたが、対処のしようが無いほど良いピッチングでした。多少荒れ気味ではありましたが、鬼シュートとも言えるべきストレートが右打者の内角をエグるエグる。
一番象徴的だったのが3回の今江で、インコースを振りに行ったのがなんとバットを握る右手のすぐ上にボールが当たり、バットが握り部分のすぐ上で折れるという。
私は長年野球を観ていますが、あそこまで根元で「打った」のは初めて見たかも知れない。打球はファールになりましたが、一度ああいう打球を打ってしまうと、今江はインコースシュートが身体に焼き付いてしまってもう絶対打てませんね。案の定その後は外、外と攻められ、最後はインコースを読んで大きく足を開いてスイングするもボールは悲しく外に逃げて行き、絶望的に身体とボールが遠い三振となりました。それにしても今江はボールが食い込んで来る事を計算してスイングせんかったのか?

加賀はボールを上手く内外角に散らし、マリーンズ打線にまともな打球を打たせず、8回4安打4三振無四球自責点0、という完璧なピッチングでした。素晴らしい!

一方、俊介もここ数年で一番では?というピッチング。珍しくコントロールが良く、コーナーコーナーに制球します。加賀と同じくベイスターズにバッティングをさせず、9回4安打3三振無四球自責点0でマウンドを降りました。

試合を通してみるとベイスターズはバントを失敗してランナーが走塁死したりと、チャンスを生かせない場面がありましたが、膠着状態に陥った展開ですと何かしら「動き」をしなくてはならず、仕掛けざるを得なかったのでしょう。仕方がないですね。

こうなると後攻のチームがやはり有利。
マリーンズは後攻チームの「鉄則」とも言える、「良いピッチャーから先に出す式」でコバヒロー薮田と繋ぎます。
11回表には、薮田が2死1,2塁で迎えた内川の打球が薮田の右手に当たった為井口が打球に追いつき、2ゴロに仕留めるというプレーもあり、ベイスターズはややツキがなかったか。
そして11回ウラ、守護神山口のストレートを捉えた里崎の打球は「らしい」右超えのホームランとなり、熱戦に終止符。マリーンズの連勝となりました。
ニッカン式スコア

どっちに転がるか判らない試合で、勝敗は両チームに等しく5分5分だったと思います。そういう試合を取った、というのはほんとに大きいですね。今日はライオンズも負けていますし、0.5差と肉薄した時点で、連敗を喰らったジャイアンツをマリンで迎え撃ちます。先発は恐らく中5日でマーフィーと成瀬。今度は何が何でも連勝だ!

さて、今日の試合中、またマリーンズにケガ人が出てしまいました・・・この所2番センターで踏ん張っている早坂が2盗を試みた際に、ベースカバーの石川と交錯、ヒザを強打して担架で退場・・早坂の表情は痛みと恐らく悔しさでしょう、ほんとうに苦しげで痛々しかったです。
スポニチによると
ロッテまた故障者…早坂、左ひざ痛め途中交代
 【ロッテ1―0横浜】ロッテの早坂が四回に盗塁を試みた際に左ひざを負傷し、途中交代した。千葉市内の病院で「左ひざ前十字靱帯損傷および、内側側副靱帯損傷」と診断された。近日中に再検査を受ける。
 また、薮田は十一回に打球を右手親指付け根付近に受けた。アイシングだけで、この日は病院には行かなかった。

うーん!靭帯損傷と言う事は・・・今季は恐らくダメでしょう・・・荻野貴の怪我で回ってきたチャンスで同じくヒザを負傷・・・早坂からするとこのチャンスにアピールしないと、という気持ちで一杯だったでしょうが・・・心中如何ばかりか。
薮田はベンチに戻った際の表情を観ていると大事にはならなさそうですが、唐川の件もありますし、病院には行って欲しいなあ・・・

さらにこんなニュースも
ロッテ 荻野忠が右ひじ手術へ(スポニチ)
 ロッテは30日、荻野忠が6月1日に右ひじの遊離軟骨除去手術を受けると発表した。荻野忠はプロ4年目で、過去3年間は救援として50試合以上に登板していた。今季は1、2軍ともに登板なしだった。

荻野、最近は右ひじ痛とのウワサも出ていましたがやはりそのようです。遊離軟骨除去手術は投手としてそんなに珍しいものではないので、早く手術して復活して欲しいです。でも、手術の決断までに時間がかかりましたね。様子を見ていたのでしょう。

それにしてもこの怪我の多さ。避け切れない怪我も多いですのでどうしようもないのですが・・・一体なんなのでしょう。
西村監督にしてみたら、監督就任初年度いきなり試練が続きます。
今まで何度も出た言葉ですが・・・こういう時こそ、「和」でカバーです!

★ファイターズ2−3タイガース
★イーグルス4−2カープ
結局カープは元指揮官ブラウン率いるイーグルスに全敗・・・これはちょっと。
★ライオンズ1−5ジャイアンツ
岸、とうとう打たれる。なんとなく面白くない(笑)でもこれでマリーンズと0.5差!
★バファローズ3−1スワローズ
今日は「がんばろう神戸」デーだったみたいですね。いろいろと歴史がありましたね・・・
★ホークス6−5ドラゴンズ
ドラゴンズ失速。いつも交流戦勝てないな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログへ

|

« 吉見Rebirth!古巣に勝利 マリーンズ5−0ベイスターズ | トップページ | イースタン@熊谷に行ってきた ジャイアンツ4−5マリーンズ »

コメント

う~ん、確かに怪我人多いですね・・
今日の試合そんなことがあったんですね。
今まで順調過ぎたのでまだ怪我人が出るかなとは思っていましたが・・・
それも故障者をカバーする人間が怪我ってのも結構多いパターン。
これは巨人お得意のパターンですからね笑
ちなみにセンターは誰が守りますか?
イースタン見に行って誰かイキの良い外野いましたか?


投稿: 荻野もっくん | 2010年5月31日 (月) 00時20分

こんにちは。
延長での投手の起用法について、「良いピッチャーから先に出す式」というのが鉄則なんですね。知りませんでした。西村監督、思い切ったことをするな、と思ってしまいました。
とにかく、怪我人が多くて心配です。もうこれ以上は勘弁して、という気持ちです。2番はどうするのか。南選手なのか。それとも他の選手なのか。

投稿: まりんずちゃん | 2010年5月31日 (月) 23時10分

>荻野もっくんさん
おっしゃるように故障者のカバーする選手にまたしても同じような状況で怪我。
投手は開幕から4人が打球を受け、二人は故障。
・・・なんなんでしょうね・・・

センターは・・・守備力で言えば岡田なんですが、走攻守で1軍でバリバリ出来るかと言えば・・まだ難しいような。
センターに南、というのが基本だとは思いますが、意外なとこでムニスとかも。
竹原は・・・守備に不安があるしなあ。ムニスは肩は強いけど、守備が上手いかどうかは私は実は良く知らないんです。

さて、明日どうなるのか。

投稿: BJ | 2010年5月31日 (月) 23時55分

>まりんずちゃんさん
そうですね、良い投手から先に、というのは鉄則ではあるのですが、特に「後攻の時」ですね。

というのも、後攻の場合は1点取れば勝てる訳ですので、表の相手の攻撃(具体的には同点の9回表の攻撃以降)をとにかく「0」に抑えれば、サヨナラの可能性が高まるからなんです。言い方を替えると「負ける可能性が低くなる」という事ですね。

マリーンズが先攻だったら表に何点取っても、理屈上はウラに上回る点を取られたら負けですから自チームの攻撃次第でウラに投げる投手の選択肢は増えます。

ですので、昨日はコバヒロー薮田と来ましたから、12回があれば間違いなく伊藤でしたでしょう。

・・・ってそんなうんちくはどうでもいいですね。
早坂の怪我、ほんとに残念です。基本センターは南になると思うのですが・・・チーム全員でカバーして欲しいですね!

投稿: BJ | 2010年6月 1日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34962294

この記事へのトラックバック一覧です: 我慢比べの果ての歓喜、しかしまたしても・・ マリーンズ1−0ベイスターズ:

» 俊介の好投をムダにしないためにも!里崎サヨナラアーチ! [いすみマリーンズ]
YB:加賀-牛田-●山口 M:渡辺俊-小林宏-○薮田 [ホームラン]M:里崎7号 [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 00時15分

» せめて勝ってよかった(20100530vsYB) [ライトヒッティングな生活]
正直、痛い試合となってしまいました。勝てたことが救い。 [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 16時05分

» 286 5/30観戦:西村監督の采配に震えた [まりんずちゃん2010]
今日の試合結果です。 ロッテ 1−0 横浜 延長11回裏、里崎選手のサヨナラホームランで勝利! さすが、第1回WBCで世界一のキャッチャーに選ばれただけのことはありますね。里崎選手と言えば豪快に三振するイメージ(失礼!)なんですが、やるときはやりますね。素晴らしい! 渡辺俊介投手、前回私が観戦した5月3日は立ち上がりがよくなかったのですが、今日は1回を3人で抑え、その後も今年一番いい出来ではないかと言えるほどのピッチング。しかし、味方の援護がなく、9回を0点で抑えたが、交代となってしまいました... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 23時00分

« 吉見Rebirth!古巣に勝利 マリーンズ5−0ベイスターズ | トップページ | イースタン@熊谷に行ってきた ジャイアンツ4−5マリーンズ »