« なんともどんよりした敗戦。ん?元阪神の審判がいるよ タイガース5−4マリーンズ | トップページ | こういう試合もあるさ・・と言ってみる タイガース8−0マリーンズ »

2010年5月25日 (火)

サヨナラ負けの影で井口のプロフェッショナルプレー

さて、マリーンズは9回ウラ、1アウト満塁で城島のサヨナラ中犠飛でサヨナラ負けを食らうのですが、その影で勝利には繋がらなかったものの、見逃せない井口の「プロ」らしいプレーがありました。

センター早坂がフライをキャッチ、3塁ランナーのマートンは当然タッチアップ!早坂、バックホーム!
と、その時に何を思ったか2塁ランナーの新井がタッチアップ!それを見た井口、早坂の返球をカットするとすかさずサードに送球、新井を刺しにかかりました。

マートンのホームインの方が早く、得点はそのままでサヨナラ負けとはなりましたが、井口の瞬時の判断。もしサードベース手前でアウトにできていれば、ホームインは認められずチェンジ、となった可能性もありました。

実際の所、最初からそのつもりでやらないと手前でアウトにすることは難しく、実現度は低いかも知れませんが、あの場面で瞬時に判断出来るあたりがさすがプロです。センスありますね!

それにしても全くもって謎なのが新井がなぜタッチアップしたか、という事。まさか1,2塁と思っていたってこともないでしょうし、万が一マートンがホームで刺されたら!って事を考えたにしても自分が先にアウトになるリスク考えるとありえない。
ただ一つ断言出来るのは、あの後新井は走塁コーチ始め首脳陣にこっぴどく怒られたであろうこと(笑)

去年、やはり阪神戦でファイターズ稲葉が犠牲フライでホームで刺すのではなく、飛び出していた1塁走者を刺す、というビックプレーがありました。阪神・・・どうなってんだ?こんなプレー、年またいでしてたら絶対優勝なんて出来ないよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログへ


|

« なんともどんよりした敗戦。ん?元阪神の審判がいるよ タイガース5−4マリーンズ | トップページ | こういう試合もあるさ・・と言ってみる タイガース8−0マリーンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34859605

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラ負けの影で井口のプロフェッショナルプレー:

« なんともどんよりした敗戦。ん?元阪神の審判がいるよ タイガース5−4マリーンズ | トップページ | こういう試合もあるさ・・と言ってみる タイガース8−0マリーンズ »