« 直行、内角エグり宣言!交流戦スタート | トップページ | 両チーム合わせて46点の乱打戦!?(イースタン・SーSR) »

2010年5月13日 (木)

意地とプライドの激突 ベイスターズ1−2マリーンズ

今日から交流戦が始まりました。
何の因果か、初戦はお互いに移籍者の多い横浜、そして横浜の先発は清水直行。
マリーンズは俊介。
お互いにやりにくさはあるでしょうが、そこはプロ。勝負は勝負。
そして期待に違わず良い試合を見せてくれました。

俊介は今季一番良かったのではないでしょうか?緩急を上手く使い、的を絞らせず横浜のバッターに自分のバッティングをさせていなかったですね。無四球というのも良かったです。いつもなら余計な四球を出して失点、というのがパターンでしたから。金城にタイムリーを浴びましたが、通して安心して観ていられました。俊介は6回86球7安打自責点1でマウンドを降ります。もう少し行けた気もしますが、1点差でしたし伊藤ー薮田ーコバヒロ、の方が安全と西村監督は考えたのでしょう。

そして直行のピッチング。実に丁寧に投げていました。内角、外角、きれいに投げ分け、球種もストレート、カットボール、スプリット、フォーク、新球のシュート。全て精度が高かったですね。
2回に大松、4回にサブローにそれぞれソロを浴びて2失点しましたが、それ以外は浴びたヒットも散発。大松に浴びたボールはインコースのストレートがやや内寄りに入ったもので、そんなに悪くないボール。サブローに浴びたボールは低めに外れるストレートですかね、これは打ったサブローの方が上手かった(マリンなどパの球場なら入らない当たりでしたね)。
直行は8回120球5安打8三振自責点2でマウンドを降ります。

結局試合はそれぞれの失点そのままでマリーンズが1点差試合を制しました。
ニッカン式スコア

直行はしぐさ、表情一つ一つに「負けたくない」という姿勢が見えていました。それだけに、投球内容は俊介より良かったもののチームが負けた事がほんとうに悔しいでしょう。
それに、本人の心中、決して外からは判らない感情があったと思います。マリーンズに「出された」という気持ちは絶対あるでしょうし。
トレードで対戦、というのは普通にあることですし、去年も交流戦でタイガースの久保と当たってもいます。しかし、今回の試合は観ていてなんかこう、ちょっと切なくなりましたね。直行からすると相手ベンチにはずっと苦楽をともにした仲間がいる。だが新戦力が入り、自分の知っているチームとはやっぱり違う、という寂しさみたいな気持ちもあったのでは・・・と思うのは想像逞しすぎですか。

それにしても、お互いに「勝ちたい、負けたくない」という気持ちの入った、いい試合でした。今度はマリンで再戦します。その時にまた直行と当たるか分かりませんが、その時は良い試合になりそうです。

明日は唐川と・・・大家ですかね?明日も取って交流戦波に乗って欲しいですね。

★いつも思っているのだが、初回に西岡が2塁打で出塁、という時は荻野に打たせてやってはどうか?相手投手は西岡にいきなり打たれて動揺していると思うんですよね。わざわざアウト1コ与える必要はないかと。だいたい井口フォアボール、テギュンでゲッツーもしくは三振→大松凡退、というパターンになってると思う。

★ライオンズ3−1ジャイアンツ
★スワローズ1−2バファローズ
★ドラゴンズ5−1ホークス
なんとドラゴンズ、5盗塁。今季これまで7盗塁のチームが・・・。ホークスは久しぶりの1軍、田上。田上の時はマリーンズも走りまくってましたが・・・ちょっとこれは。
ひそかにホークス福田がプロ初打席、三振に倒れる。
福田秀平、多摩大聖ヶ丘高校出の4年目。実はこの選手、2006年高校生ドラフトでホークスと相思相愛といわれていた大嶺をマリーンズが指名し、引き当てた事によるハズレ1位。全く知らない選手で、ずっと気にかけていました。こないだからベンチ入りはしていたのですが、やっとプロ初出場です。
★タイガース2−4ファイターズ
ファイターズ、気がついたら4連勝。交流戦で浮上のきっかけを掴めるのでしょうか?

|

« 直行、内角エグり宣言!交流戦スタート | トップページ | 両チーム合わせて46点の乱打戦!?(イースタン・SーSR) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34667101

この記事へのトラックバック一覧です: 意地とプライドの激突 ベイスターズ1−2マリーンズ:

« 直行、内角エグり宣言!交流戦スタート | トップページ | 両チーム合わせて46点の乱打戦!?(イースタン・SーSR) »