« 背信の11番 ホークス7−5マリーンズ | トップページ | 沈むマリーンズを荻野貴司が引っ張る ホークス2−4マリーンズ »

2010年5月 1日 (土)

負けをたぐり寄せる選手会長 ホークス7−4マリーンズ

ガッカリしました・・・敗戦はもちろんですが、最終回、先頭サブローの走塁に。

昨日、今日の試合で「今後の首位レースに絡んでいけるかどうかがわかる」と書いたのですが・・今日も嫌〜な嫌〜な負けとなってしまいました。

マリーンズは単発のホームランや犠牲フライで点を取るだけ。ホークスはここぞという時のタイムリーあり、連続ホームランあり。
投手は肝心なところで打たれてはいけないものを打たれる。悪循環ですね。

選手に勝つ気がないとは無論思いません。ですが、流れが悪すぎる。
やっぱり、そろそろ”改革”してもいいのではないでしょうか。打順も開幕からずっと変わりません。
去年までのやり方のアンチテーゼとして打順固定は悪いことではないのですが、あまりにも続くと硬直化してしまいます。ずっと正座してるみたいな。時には足を組み替えてみたり立ってみたりするのも必要では。このままではレギュラー陣の疲労もたまるでしょうし、控え組のモチベーションを保ち続けるのも難しいと思います。西村監督の中ではあえてレギュラーと控えを区別化してるのでしょうね。「レギュラー」にはそれだけのモノ、価値があるんだ、と。

打順をいじったり、という行為はともすれば慌てている印象を内外に与えます。それも危惧しているのかも知れませんが、現状チーム状態が変わらない限り「変えること」は悪いことではありません。

打線で言えば6番の人。守備に定評があるのにDHと言う事は足の状態が良くないのでしょう。なのに出す、という必要性がまったくわかりません。
そこで最終回の走塁です。
3点差を追う最終回の先頭バッター。流れや相手が馬原と言う事を考えると負けは恐らく逃れられない場面。それでも先頭が出れば何が起こるかわからない。それが今年のマリーンズだった筈。

サブローは力ないサードゴロを打ちます。そこで私からすると信じられない場面が起こりました。打ったサブローは最初から緩んだ走塁。言葉で伝えるのは難しいですが、ほんとに「抜いた」走塁。
足をかばっているのでしょう。(足が悪いとか全て推測の域を出ないのですがね。どこも悪くないとしたら信じがたい行為)ですが、この場面、決してダラダラ走って良い場面ではありません。つまり、極論するとサブローは「勝利より怪我したくない」方を優先した訳です。消化試合でもないし、昨日の敗戦を考えても今日の負けはほんとに大きい試合。
この走塁を観た私の落胆と怒り。

足に不安があるのはわかりますよ。まだ5月に入ったばかりだし、無理する時期じゃないこともわかりますよ。でも、あの場面で走らない、100歩譲って走「れ」ないのなら、あそこで打席に立つべきではなかった。本人の意向、首脳陣の意向はわかりませんが。
マリーンズは4回、6回と1死からテギュンのホームラン、大松のヒット、とチャンスを作りました。そのどれもでサブローは貫禄の併殺です。左腕相手に右打ちの意識のカケラすら感じられない2併殺。マリーンズになんとか向かうか、という流れをことごとく相手にわざわざ返してます。これでパ・リーグで依然としてトップの8併殺。

はっきりいいます。今はサブローを使う必要性が全く感じられない。状態も悪いならなおさらです。
明日も左腕の大隣です。ならばDH今岡でもいいじゃないですか。左腕でもDH福浦でもいいじゃないですか。危険だけど経験あるしライト大松レフト早坂でもいいじゃないですか。センター早坂ライト荻野だってあるでしょう(守備変更で実際合った筈)。
要は、打順も含めて選択肢はいろいろあるという事です。
「なりふりかまっていられない」事だってあってもいいと思いますよ。

明日の先発は全く考えていなかったマーフィーです。最初の頃、先発で使っても面白いな、と思った事はありましたが。そこそこいいピッチングをしてくれるとは思うのですが、今のホークスを考えるとまたタフな試合になるでしょう。(今思うと28日のライオンズ戦で、中島、おかわり君と続くイニングにマーフィー投げさせたのは先発テストだったんですね)
中継ぎ左腕は今日不安な投球をした古谷しかいません。いったいどう落とし前をつけようとしているのか、西村マリーンズ。

明日も厳しいですね。GWがGakkariWeekにならないようにお願いします。いや、ほんとにお願いしますよ!

★昨日「今江のゲッツーはもうほとほと見飽きました」と書きましたが、調べてみたら今季はまだ2コでした(!)今江、すまん。実は私は背番号25の時代から今江ファンなのですが(背番号刺繍入れた今江ユニ持っている)、完全に間違った認識してた。恥ずかし・・・・
★「選手会長」というのは実のところ事務的な取りまとめの長なので試合とは関係ないんだけど。いちゃもんなんだけど、愚痴りたくもなる。
★5回ウラ、ホームに突入した山崎と、3塁方向に大きく逸れた井口からの返球を取りにいった里崎が激しく衝突。衝突の後、すぐ起き上がってホームに向かい、ホームインした後に倒れ込んだ山崎、同じく衝突後にすぐボールの行方を探してフラフラしながらもホームに戻った里崎。試合に対する執念を感じました。二人ともしばらく動けず、心配されましたが共にその後も試合に出続けた事にホッとしました。だけど、明日以降身体にくるんじゃないかな・・・大丈夫だろうか。二人ともナイスファイト。だーけーど、いつも言っているように井口の守備がほんと雑。中継でボール受けて力いっぱいの返球はわかるけど、あまりにも逸れすぎ。プロとして問題外。

★ファイターズ5−0ライオンズ
詳細はわかりませんが、ダルが打たせて取って完封。今日、ダルがtwitterで
「この1ヶ月で西武戦に投げんのは3回目か。相当気持ち入れてくるやろうな。」
「でも頭脳的にも技術的にもその上を行く準備をしてきた。 俺はやる。」
との発言があった。有限実行、カッコ良すぎる。ダルのtwitterは始まってからずっとフォローしているけど、プロとしての高い意識と、クレバーさを非常に感じる。
★イーグルス2−1バファローズ
バファローズの状態がちょっと悪いですね。なんだかんだで5位イーグルスと2ゲーム差。岩隈、開幕当初は良くありませんでしたが、順調に勝ちをつけてきましたね。

人気ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズにほんブログ村 野球ブログ

|

« 背信の11番 ホークス7−5マリーンズ | トップページ | 沈むマリーンズを荻野貴司が引っ張る ホークス2−4マリーンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34474019

この記事へのトラックバック一覧です: 負けをたぐり寄せる選手会長 ホークス7−4マリーンズ:

« 背信の11番 ホークス7−5マリーンズ | トップページ | 沈むマリーンズを荻野貴司が引っ張る ホークス2−4マリーンズ »