« 負けをたぐり寄せる選手会長 ホークス7−4マリーンズ | トップページ | キムチテギュンバーガー、おかわりでカード初戦とる マリーンズ8−5ファイターズ »

2010年5月 2日 (日)

沈むマリーンズを荻野貴司が引っ張る ホークス2−4マリーンズ

かなり嫌な雰囲気で迎えたカード最終戦。
正直、初の3連敗、初の同一カード3連敗を覚悟して望んだこの試合。
ズブズブと果てしなく沈んでいきそうなチームを救ったのはルーキーでした。
打と守では荻野、投ではマーフィー。

そして、西村監督ついに動きましたね!昨日「サブローを使う意味が判らない」と書きましたが、とうとうサブローを外しました。外したサブローの位置に入ったのが今岡。その今岡もやってくれました。

先発のマーフィーは初回こそ点を取られましたが、最初は高めに行っていたカーブがストライクゾーンに入るようになってきて、2回から5回までを無失点。5回を1失点でお役御免となりました。先発ローテが2枚抜けた上に9連戦で先発が足りないところで良く踏ん張ってくれましたね。マーフィーの踏ん張りが打線の粘りに繋がった気がします。

打の方は3回までの一巡目は大隣の前に三振の山。これはかなり厳しいかなと思っていたところで、昨日も当たっていた二人、テギュン、大松に連打。今日初の6番に入った里崎は三振しましたが、ここがサブローであればまた併殺で勝ちが遠のく所でしたからいいんです。そしてサブローの代わりにDHに入った今岡が値千金の先制タイムリー。これが非常に大きかったと思います。今岡は今日はこのタイムリーだけで、この後併殺もあったりしますが、充分な仕事をしました。

そしてさらなる勢いをチームに与えたのがやっぱりこの人、荻野貴司でしたね!
5回、1アウトで2塁に四球の南を置いて、レフト前にタイムリー!待望の追加点。こうなると期待されるのが盗塁です。
当然のように荻野は盗塁を試みようとしますが、スタートを早くしすぎて大隣に誘い出される格好となってしまいます。しかし、焦ったのか牽制を受けた小久保が2塁に悪送球、荻野は3塁まで進みます。すると井口が左中間を破るタイムリー2ベース!昨日に続き今日も荻野出塁→盗塁→井口タイムリーと美しく追加点を取りました。
ここが最初の大きなポイント。

荻野は第1、2打席でストレートに差し込まれていた所を金森コーチから「もっと早くタイミングを取れ。下から始動しろ」とアドバイスを受けていたそうで、アドバイスも的確ならその通りに実行してヒットを放つ荻野も素晴らしいですね。

昨日までならこのウラにすぐホークスに点を取られて嫌な流れになっていた所を、マーフィーがしっかりと抑えました。ここが次の大きなポイント。

荻野の活躍はまだ続きます。8回、先頭でセンター前に運び出塁。先程スタートを失敗しているので盗塁をしにくい所でしたが、走りました!難なくセーフ。このあたり、足がウリの選手のプライドもあるのでしょうか。今度は井口の進塁打となる2ゴロで3進すると、テギュンの犠牲フライで4点目。

そのウラ、2イニング目となった薮田がオーティズに3戦連続のホームランを浴びます。昨日までの流れが頭をよぎります・・。案の定、小久保に左中間に弾き返されました。が、横に突っ走った荻野が横っ飛びでキャッチ!ファインプレー!
これがさらなる大きなポイント!
抜けていたら2塁打、次は今日も当たっている多村、という事で試合の行方はどうなっていたか分かりません。薮田からすると「助かった!」という気持ちでしょう。生き返った(?)薮田は後続を抑え、コバヒロとつないでマリーンズ、執念で勝利をもぎ取りました。
ニッカン式スコア

マリーンズは昨日のようにホームランではなく、タイムリーで点を取りました。また、この所不安定だった投手陣も先発は多村のタイムリー、後半はオーティズの1発のみに抑えました。
なにより、接戦を取ったのが大きいですね。このところ勝つ時は大量点、負けるときは接戦、という形が多かっただけに、今日の勝ちは明日以降に繋がります。

明日はマリンに戻ってファイターズ戦。投手は俊介と好投が続いているルーキー増井。ルーキーにプロの厳しさを教わるのが今までの伝統でしたが、今年は一味違う。明日以降に期待しましょう!

俊介は中5日。恐らく明後日も中5日で唐川が来るでしょう。水曜日はわかりませんが、同じく中5日で香月の可能性もあります。俊介、唐川でしっかりと取って欲しいですね。

サブローは西村監督のコメントによると「どこか痛めているとかではない。連戦で少し休ませた方がいいという判断です」との事。うーん・・・サブローに終盤代走を送ったり、DHが続いた事を考えると足、だとは思うんですがね。とりあえず、しばらくサブローには休養しておいてもらいましょう。

にしても、やっぱり代打を含む控えの層が薄い・・・南もやっぱりバッティングは苦しいか。パンチ力はあるんですけどね。今日も相手藤岡の時に代打神戸でもいいとは思ったのですが、そうすると外野を守れるのが早坂のみ。明日あたり、右の外野手を上げそうな気がするんですが・・・正直、竹原はもういいです。こないだのファームでもめちゃくちゃなバッティングしてましたから。
個人的には下で19試合 51打数 15安打 1本塁打 打率.294のムニスを上げて欲しいのですが。

★ファイターズ1−4ライオンズ
ファイターズはダルで勝っても次勝てませんね。やっぱり去年までと違うなあ・・・
★イーグルス3−2バファローズ
バファローズ、12安打ながら11残塁、2点で敗れる。重症か・・とうとうイーグルスと並んで4位です。厳しい。ですが、イーグルスが上がってくると面白くなるかも。

|

« 負けをたぐり寄せる選手会長 ホークス7−4マリーンズ | トップページ | キムチテギュンバーガー、おかわりでカード初戦とる マリーンズ8−5ファイターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34490296

この記事へのトラックバック一覧です: 沈むマリーンズを荻野貴司が引っ張る ホークス2−4マリーンズ:

« 負けをたぐり寄せる選手会長 ホークス7−4マリーンズ | トップページ | キムチテギュンバーガー、おかわりでカード初戦とる マリーンズ8−5ファイターズ »