« クリーンナップ+1が揃い踏み! マリーンズ10ー1ファイターズ | トップページ | トレードで先発左腕獲得へ »

2010年5月 5日 (水)

こどもの日はやっぱり・・・ マリーンズ3−8ファイターズ

今日はこどもの日でした。
こどもの日は、知っている人は知っている「マリーンズ負けの特異日」です。
ロッテオリオンズが千葉に来てマリーンズになってから、こどもの日は18年で3勝しかしていません。
さて果たして今日は?という試合でしたが歴史には勝てず・・・
今年も負けてしまい、3タテ&9連戦勝ち越しはなりませんでした。

今日の先発は香月とケッペル。
香月はどうにも球が上ずり、初回こそ併殺を交えて3人で終わらせたものの、良いあたりをされていました。2回、3回とファイターズ打線は見逃してくれず、安打を連ねられ結局2回1/3、7安打自責点4で降板しました。

球に絶対的な力が無いので、制球が定まらないと苦しいですね。試合後、2軍降格が決まったようです。ですが、「先発としての適性」は示したと思います。これにメゲずに頑張って欲しいですね。
本人のコメントによると「落ち込んでいる暇はない」との事。いいですね〜、頑張れ!

一方、打線は初回に早くもケッペルから大松のタイムリーで先制します。
香月の出来が良くないだけに出来るだけ点を取って欲しかったのですが、サブローが続く事が出来ず2飛。1点のみで終わりました。ああ、今日のサブローはダメなサブローだあ。

このファイターズ戦、先制した方が負けています。なんかヤな感じ・・というか長年の癖で先制しようがされようが嫌な感じがしてしまう。悲しい性ですね。
そして前述の通り香月がKOされ、ファイターズが始終先行する展開となります。

マリーンズは香月の後を受けた秋親が好投しました。3回途中から登板し、4回までピシャリと抑えます。ここぞというところでストライクが取れますね。また、フォークが良くキレてました。
このまま5回も秋親で行くと思いきや、5回から大谷に交代。
結果として、これがこの試合最大のポイントとなりました。

大谷はヒットを集められ2点を奪われます。これで2−6。打線はケッペルからそれなりにチャンスは作っていたので、2点差のままだったらまだ試合はわからなかったのですが、この2点でちょっと重い雰囲気になりました。

断じて結果論で語るのではないのですが、ここは秋親で行くべきだったでしょう。交代の様子をみてちょっと驚きましたね。西村監督、西本コーチの考えは分かりませんが・・・この交代判断の根拠を聞いて見たいです。秋親は危なげ無かったのですがね。

打線は反発力を失ってしまったのか、塁にランナーは出しますがあと1本が出ません。
4回はサブロー福浦の連打で1死1,2塁としますが、里崎は惜しい当たりの1直に倒れ、今江はいつものとおりの初球打ち、なんの変哲もないサードゴロ。
このサードゴロ、観ていて気力が萎えました。
今江の初球打ち・・・初球打ち自体は状況によっては悪いことではないのですが、今江の場合は「打つ必要のない球を打つ」んですよね。しかもあたりはみな平凡。本人はこの当たりどう考えているんでしょ?この打席もまた大きなポイントとなった気がします。

7回には福浦の2本目となるヒット、里崎四球でノーアウト1,2塁でまたしても今江です。
ここで今江はライトライナーに倒れます。右打ちの意識は見せてくれたし、悪い当たりではなかったのですが、結局進塁打を打てず。続く西岡がゲッツー。
ここで1点でも入っていればまだわからなかったのですが。
これまた断じて結果論で言うのではなく、この今江の打席は送りバントで良かったのではないかと。4点差ありましたが、仮に2,3塁になってタイムリーが出れば2点差。しかも雰囲気が盛り上がるなか、ビックイニングに繋がる可能性もあったと思います。正直、今江の打席の時は無いだろうけど送りバント!と思っていました。トゥウェルビ解説の有藤も、今江が打席に入る前に「送りバントしてもいいんじゃないか」と言っていましたね。進塁打も打てなかった訳ですから。ここも痛かった。

さらに8回ウラ。2アウトからでしたがテギュン、大松に連続2塁打が出て1点返し、サブローの場面。ここでサブローが続けばまた盛り上がる所でしたが、あっさりとサードゴロに倒れました。ここも大きかった・・・。
こんな感じで今日の攻撃は勿体無いところが多かったです。

そして3点差で迎えた9回表に2日に先発したばかりのマーフィーを投入、決定的な2点を奪われてTHE END。
残念ながら9連戦の勝ち越しはなりませんでした。
ニッカン式スコア

秋親を5回で大谷に変えた事で、必要なピッチャーが一人多くなったんですよね。
9回の2点が余計でした。が、マーフィーは責める気にはなれません。

まあ、それでも試合が終わった後は悔しさが残ったのですが、冷静になってみると
先発が故障で2枚、谷間で1枚、計3枚足りない中での9連戦、4勝5敗は上出来だったかな、と。
それに同一カード3タテはやっぱり難しい。
よくやったと思うことにします。

今日はライオンズが勝ち、ホークスが引き分けた為、マリーンズは首位ではありますが3チームがゲーム差無し、というとんでもない状態になりました。
金曜日にライオンズーホークス戦がありますから、引き分けにならない限りはどちらかが首位に立ちます。

マリーンズは2日空いてバファローズとの2連戦。ここは取りこぼししないようにしたい。ピッチャーは大嶺と成瀬かな?特に大嶺!大嶺が勝ってくれないと今年のマリーンズの躍進は厳しい。今度は良いピッチングを期待したいです。

★今日も、小谷野猛打賞に2タイムリーで3打点。高橋が低調の今、キングオブマリーンズキラーですね。スゴイ勝負強さ。
★イーグルス3−19ライオンズ
イーグルスはひとつの牽制死から試合が壊れたようです。前日のなんでもないエラーでサヨナラ負けしてから、やはり歯車がおかしくなってしまったか。
★バファローズ4−4ホークス
バファローズは2点リードしておきながら最終回にレスターが捕まり同点に。チーム状態が悪いときっていうのは上手く行きませんね。まるで去年の某チームのようです。

|

« クリーンナップ+1が揃い踏み! マリーンズ10ー1ファイターズ | トップページ | トレードで先発左腕獲得へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34542986

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日はやっぱり・・・ マリーンズ3−8ファイターズ:

« クリーンナップ+1が揃い踏み! マリーンズ10ー1ファイターズ | トップページ | トレードで先発左腕獲得へ »