« イースタン@熊谷に行ってきた ジャイアンツ4−5マリーンズ | トップページ | マーフィー”オツカレサマデシタ”エース級ピッチングで雪辱! マリーンズ11−0ジャイアンツ »

2010年5月31日 (月)

(小ネタ)マーフィーの法則・右打者に強い!

明日からはマリンにジャイアンツを迎えての連戦ですね!前回はコテンパだったので何が何でも勝って欲しい!
明日はマーフィーと内海だと思います。
打線はこのところ元気無いのでマーフィーの投球に期待がかかるのですが、マーフィーの投球を今まで観ていて思うことがあったので、
成績を確認してみたら・・・

中継ぎ・先発通算で、
対左打者 被打率 .304
対右打者 被打率 .167

右打者には打たれていない!
右打者内角に食い込むカーブが有効なのだと思います。前回のカープ戦は打者がスタメン中7人が右で抑えたので数字も良くなりますけど、打数でいうと
対左46打数
対右72打数
なのでサンプルとしては右打者の方が多い。
巨人打線が右を並べて来たらラッキーかも知れません!

ちなみにマーフィーは被本塁打は3本ですが先発した3試合に限っては0です。
WHIPという「1イニングでどれだけの走者を出したか(被安打数+与四球)/投球回数)」と言う指標では
マーフィーは1.44と今ひとつ。
対する内海は1.17と標準的です。
(ちなみに内海の被安打率は対左が.270、対右が.264と違いはほぼありません)

マーフィーの先発のみに限るとWHIPは1.17となり内海と同じ。ただ投球回数が18回だけなのであまり参考にはなりませんが・・・

カープ戦での投球はジャイアンツも研究している筈なので、右打者が内角のカーブをどれだけ振ってくるか見極められてしまうか。もっとも、見逃せばストライクですから、そのあたりどう対処してくるか。ここらへんの攻防がみものかも知れませんね。どちらにしろ余計な四球は厳禁ですね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« イースタン@熊谷に行ってきた ジャイアンツ4−5マリーンズ | トップページ | マーフィー”オツカレサマデシタ”エース級ピッチングで雪辱! マリーンズ11−0ジャイアンツ »

コメント

こんにちは。
今日の巨人は正直キツイと思います。
左のああいうタイプはおそらく打てないでしょうねぇ。
それに初者に弱いって法則もありますし。
データで表れてもやはり右を並べてくるでしょうね。
スンヨプ、亀井辺り外して谷かもしかしたら上がったばかりの加治前か矢野(ってまだ一軍でしたか・・)
を使ってくるかもしれません。
それより心配なのは長野。
ロッテ戦なぜか打てない。
意識してるとは思えないんですが、
やはり力入るのでしょうか?
今日は内海がきちんと抑えること。
投手戦になれば少しは可能性があるかな。
マーフィーのスタミナはどんな感じでしょうか?
早く降ろせたらチャンスかも。
個人的にはマーフィーには頑張って欲しいです。

投稿: 荻野もっくん | 2010年6月 1日 (火) 16時53分

>荻野もっくんさん
確かに初物は打てなかったようですね・・去年までのマリーンズがまさにそうでした。
ブログにも書いたのですが、マーフィーはかなり良くなかったと思います。里崎のリードの勝利、と私は見ています。
マーフィーのスタミナはなんとも言えないんですが・・・今日は101球でした。他の試合でもそのくらいで、交流戦ではマリーンズの場合中5日で回すので、今のところマーフィーは100球がメドってとこですかね。

長野はたぶん、プライドメチャクチャ高いと思うので、かなーり意識してると思いますよ。

投稿: BJ | 2010年6月 1日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34984341

この記事へのトラックバック一覧です: (小ネタ)マーフィーの法則・右打者に強い!:

« イースタン@熊谷に行ってきた ジャイアンツ4−5マリーンズ | トップページ | マーフィー”オツカレサマデシタ”エース級ピッチングで雪辱! マリーンズ11−0ジャイアンツ »