« また連敗しなかった! マリーンズ11ー0ライオンズ | トップページ | 大嶺連続完投勝利! ファイターズ1−6マリーンズ »

2010年4月14日 (水)

去年までとは違う!? マリーンズ8−7ファイターズ

今日はとんでもない試合となりました。しかしまあ、ファイターズとはタフな試合が多い・・・
多田野ー唐川の投げ合いでしたが、両投手ともピリッとしません。多田野観てるとなんでノーヒットノーランもどき食らうのか?と思うんですけどね〜。フォームも力感が見事にないフォーム。ストレートは140kmに満たないし、変化球もキレキレかと言うとそんなこともなく。球の出し入れなんでしょうが。
今日はマリーンズ攻撃陣が攻略しました。1、2回と簡単に2アウトになってもその後に粘る姿勢が見え、梨田監督は早めの交代を決断、多田野は4 0/3、自責点3という結果でした。まあ、正直マリーンズが攻略したというよりは多田野が良くなかった、って言い方も出来ますが・・・

一方の唐川は前回のホークス戦と同じような内容。追い込む事は追い込むのですが、決め球が甘く入る・・5回、味方が逆転するまで先行を許す苦しいピッチング。
唐川は5 1/3で交代。自責点4、という成績でした。
なんでしょう、ボールはそんなに悪くなく思えるのですが・・・今ひとつ決め手に欠くというか。更に言ってしまえば、今年はストレートが140kmに満たないんですよね〜。もちろん球速よりキレ、というのは判ってるし、ストレートも私の眼にはキレてるように見えるんですが、実際のとこはどうなんでしょう。

さて、6回表でマリーンズが2点を追加、3−7とします。いつもならこのまま行くところですが、そうはファイターズが許さない・・・お家芸?粘り繋ぐ打線が案の定というか始まります。

マリーンズの中継ぎ陣伊藤、マーフィーから6回に二岡のタイムリー、7回は賢介のタイムリーで5−7。あああ、やばいやばい!去年みたいな雰囲気になってきた!賢介なんてこのタイムリーで4の4です。マリーンズベンチはたまらず予定よりも1イニング早く、薮田を投入します。打席には”悪魔”高橋信。まーとにかく勝負強いバッターです。ああ、高めのストレートをライト前に綺麗に弾き返されました。6−7。薮田は続く二岡をライトフライに打ち取り、なんとかピンチを脱しました。

・・・こうなってくると、ファイターズに最終的に引っくり返されて気がついたら逆転負け、ってのがいっつもいっつものマリーンズの負けパターンなのですね。
ですけど、なにしろ今年は違う!今年は違う筈!・・・たぶん違う筈!と祈りと疑心に苛まれながら迎えた8回ウラ。続投の薮田が簡単に2アウトを取った後、意外性の男・大野にヒットを打たれます。この時、解説の芝草が代走、と言っていたのですが、梨田監督代走を送りません。この緊迫した場面で捕手を代えるのが嫌だったのか?私もここは代走村田だろう、と思ったのですが・・・。
すると、続く陽にライトフェンス直撃の2塁打が飛び出しますが、大野は3塁止まり。うーん、やはり代走を出さなかったのが響くんじゃ・・・今日の試合を左右する所かも、と思ったのですが、そんな心配も関係なく、このままで終わりませんでした。糸井にライト前に運ばれ、7ー7・・・・・。なんでこう、ファイターズってのは2死ランナー無しからでもこういう場面で点が取れるんでしょう。

やばい、やばい、やっぱり同点になってしまった!まずいです、マリーンズの負けパターンです。ああ、でも今年同じ思いはしたくない。もはや完全に「祈り」しかありません。

9回表、マリーンズは先頭の井口がセンター前ヒットで出塁しますが、当然のようにテギュン・大松・サブローと凡退。クリーンナップなのに・・・・

そして恐ろしい9回のウラを迎えます。マウンドにはコバヒロ。ファイターズ先頭は賢介・・・ここまで4の4。芝草は「5の5はそうはない」と言いますが、相手がマリーンズならあるんですね、これが・・・あああ、賢介ライト前ヒットです。なんということ!5の5って。なんですか、これ。

さあ、無死1塁、打席には高橋信です。ここは送りバント・・と思ったら強攻策。ファイターズは4番高橋信でも送りバントをしてくるのがほんとに嫌だったのですが・・・ここは違いました。送りバントして得点圏にランナーがいれば、二岡、小谷野ならどちらかでヒットが出ると思うんですがね・・・。
ここはコバヒロが踏ん張りました。危なげなく抑え、0点で切り抜けます

もう、この時点で「やっぱり去年と違う!」と思いました。が10回の攻撃は神戸ー的場ー今江の順。うーん、期待出来ません。投手が林だったので神戸の代打に今岡でしたが、先頭で今岡、ってあんまり・・な気がします。(投手は今岡に対して林ーウルフに交代)。やはりというか、今岡は力なく遊ゴロ。

ここで、代打福浦が出てきました。的場に代打、という事は捕手は残る斉藤しかいません。西村監督、ちょっとした賭けにでます。
しかも福浦は自打球を当てて退いてから丸3日間打席に立っていません。いきなりこの場面では難しいかな〜と正直期待をあまりせず観ていたのですが、ウルフが2球目に投じたストレートを福浦はフルスウィング!打球は高く舞いあがり、広い札幌ドームの右中間に飛び込みました!代打ホームランです!シンジラレナーイ!福浦はストレートに張ってたんでしょうね。完璧な一打でした。
今年のマリーンズは違うぞ!

10回ウラ、2イニング目となったコバヒロ、「イニングまたぎ」も物ともせず三者三振でファイターズを斬ってとり、マリーンズ、大事なカード初戦を取りました。
ニッカン式スコア

なにより、去年までなら負けていた試合。それをモノにした、って言うのは今後を考えても大きい試合です。マリンでの3連戦では2勝1分でしたが、2試合は3点ビハインドを最終回に追いついていますから、内容的にはファイターズが押していました。今年のマリーンズは違う、と相手に思わせる意味でも大きい試合でした。
明日はカーライルと大嶺。大嶺には先週の良いイメージで行って欲しいです。本人が「好き」というドーム球場。また札幌ドームはプロ初勝利を挙げた球場です。ナイスピッチングを期待したいですね。

★このところ絶賛ばかりの荻野。バント失敗が目立つ・・・今日も6回無死1、2塁で捕手前に転がしてしましい、3塁封殺。確実なバントを!モロさん、頼んます(これがまた頼りなかったりする)
★前のエントリーで「観たい」と書いたファイターズ鵜久森ですが、前の試合で左手薬指付け根付近の骨折、抹消とのこと。せっかくチャンスを掴みかけていたのに・・・勿体無い。
★10回ウラ、代打の福浦に代わって捕手についた斉藤。今季2回目の守備機会。コバヒロのチェンジアップをポロリ。外に外れたストレートをポロリ。ちょっと、大丈夫??試合経験が少ないし、こういう緊迫した場面で緊張するのはわかるけど、あれでは投手としたら安心出来ないでしょ・・・
厳しい監督だったら即入替じゃないのかな。斉藤はキャンプ、オープン戦共に観ていないので評価の仕様はないのですが、普通に考えたら的場に継ぐ第3捕手は金澤か雅彦だと思うんだけどな。そもそも一軍キャンプからして「???」だったのだが。3番手に来る「何か」はなんなんだろう。
★マリーンズは初の先発全員安打。なんか意外ですね。先発全員安打で負けるのはカッコ悪いので、勝って良かった〜。
★ライオンズ5ー3イーグルス
私的に注目のイーグルス辛島に負けがつく。何事も経験、糧にして欲しい!
★バファローズ6ー8ホークス
こちらも乱打戦、シーソーゲームだったようで。バファローズ、開幕直後は良かった先発陣がこのところ崩れているようですね。岡田の手腕に注目。

★今年もGAORAの中継はGAORAだった・・・あのアナウンサーなんとかならんもんか。(またの機会に触れます)芝草の解説は去年よりもしっかりして、的確で良かった。

|

« また連敗しなかった! マリーンズ11ー0ライオンズ | トップページ | 大嶺連続完投勝利! ファイターズ1−6マリーンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34217773

この記事へのトラックバック一覧です: 去年までとは違う!? マリーンズ8−7ファイターズ:

« また連敗しなかった! マリーンズ11ー0ライオンズ | トップページ | 大嶺連続完投勝利! ファイターズ1−6マリーンズ »