« 残酷な決勝点 ライオンズ3−1マリーンズ | トップページ | 背信の11番 ホークス7−5マリーンズ »

2010年4月30日 (金)

プロ初勝利で連敗ストップ ライオンズ5ー10マリーンズ

さあ!今日は楽しみにしていた香月のプロ初登板初先発となる試合です。
またライオンズもプロ初先発、田中靖洋。2年前までマリーンズにいた田中良平の弟です。香月も兄はバファローズの香月良太。
プロ初先発同士の対戦も珍しければ、二人とも兄弟選手の弟、というのも珍しいですよね。

またマリーンズは連敗中・・・今日を落とす訳にはいきません。その意味でも香月の投球に注目です。

田中は先頭の西岡を三振に打ち取り、波に乗るかと思われましたが続く荻野が3塁打を放ちました。これは2塁打性の当たりだったのですが、レフト大崎がわずかにもたついたんですよね。その隙に3塁を陥れました。やはり荻野の走塁がもたらす効果は絶大です。相手に与えるプレッシャーも並大抵ではないのではないかと。
そして井口四球の後、最近どうにも期待出来なかったテギュンにライト前タイムリー、同じくいまひとつだった大松の2塁打、サブローの野選で3点先取しました。

正直、プロ初先発相手に良いピッチングをさせる訳にいきませんし、特に今ひとつ勝負弱かったテギュン、大松にタイムリーというのは非常にいい形でした。テギュンはこの日タイムリー3本と犠牲フライで4打点、と久しぶりの活躍でした。荻野の3塁打がとても大きかったと思います。
結局田中靖洋は3回4失点で降板。
マリーンズ打線はこの試合、ライオンズ投手陣から合計10点を奪い、強力に香月初勝利をバックアップします。

一方香月の方はというと、1回ウラを三人で打ち取りました。ストレートは136km前後。私の観ている限りでは最速137kmでした。ですが意外と振り遅れる場面がありましたね。球速表示よりも速いんでしょうか。球種はそれとカーブ、チェンジアップが基本という内容です。今日はカーブが高くてちょっと苦労していたようですね。

ですが、何より私が感心・・・というか、驚いたのは、3アウト目となる中島のセンターフライの時。香月は荻野の捕球を見届けずにスタスタ・・・とマウンドを降りて行くんですよね。普通はプロ初登板最初のイニング、チェンジになるかという打球なら見届けると思うんですよね。それを「はいっチェンジ!」という感じでマウンドを降りる。いい度胸してるなーと。投手らしいマインドを持った投手なんでしょうね。

香月は2回表、先頭のおかわり君に高く入ったカーブをスタンドインされます。ですが、序盤に先頭の4番にソロを浴びるというのはそんなに「痛く」ありません。後続を抑え、石井義人をショートフライに打ち取り、例によって打球の行方を見ずにマウンドを降りた香月に思わぬ横槍が入りました。

審判が香月の元に歩み寄り、なにやら話をしています。ベンチに戻ろうとした石井もそのままストップ。ん?投球モーションかな・・と思ったらやはりそのようで、振り上げた左足を静止させる動作が2段モーションと取られました。「反則投球」でボール、との事で2B-1Sから試合再開。
うーん・・・審判がそういう以上はそうなのでしょう。

ですが、なぜこのタイミングなのだ?
もっと早くから注意喚起しておけばいいじゃないですか。高校野球で良くあるように、1回終了時に注意するとか。私が観ている範囲では今日に限って言えばこれまでの投球もみな同じ感じでしたよ。ファームでもひょっとしたら指摘はあったのかも知れませんが、「未然に防ぐ」という意識があるのならもっと早くして欲しい。交通違反の取締ですか。

そもそも、今日の審判は球審中村、1塁栄村、2塁川口、3塁津川という非常にヤ〜な予感を感じさせる布陣だったのです。あ、川口は悪い印象はないんですが。その嫌な予感が現実になってしまいました。

何もプロ初登板の投手にそんなケチつけなくてもね。初登板だからこそ先にビシッと!というのもあるのかも知れませんが、そもそも2段モーションなんて形骸化してるじゃないですか。大嶺の3段モーションの時にも書きましたが、ダルや涌井、岩隈なんてみーんな2段モーションじゃ?香月のモーションが反則投球取る程とはとても思えない。投手からしたら今日のピッチング、っていうのはプロとしての一生を左右するかも知れないんですよ?芽を摘むようなルールの運用、適用にはかなり腹立たしいものがあります。

審判から「物言い」が
Img_9055

香月はこの後、討ち取った筈の石井、後続の細川と連続四球を出してしまいます。石井のフォアボールの後は西岡がすぐマウンドに行きましたね。今季の西岡のこういう姿は本当に良く見ます。細川の後は西本コーチもマウンドに歩み寄り、仕切り直し。ここで踏ん張って大崎を三振に斬ってとり、おかわり君のソロのみに抑えました。相当動揺もあると思いますが、よく凌ぎました。

声を掛ける西岡
Img_9062

香月はやはりリズムが狂ったのか3回は安打安打に死球でノーアウト満塁、ここでおかわり君を迎えます。一気に崩れるかもしれない正念場。ここで素晴らしい投球を見せました。おかわり君に全てストレートで三球三振!最後見逃しを取ったボールは外角低めに決まる素晴らしいボールでした。里崎も、「らしい」強気のリードでした。
香月はこの後ブラウンに犠飛を打たれ1点を失い、5回にも安打を集中されて2点を追加、なおも2アウト満塁のピンチを迎えましたが、上本を胸元の速球でバットをヘシ折り1塁フライに。

香月はなんとか先発の責任5回を投げきり、嬉しいプロ初勝利をあげました!
Img_9131
ニッカン式スコア

5回105球8安打4四死球自責点4、と内容としては今ひとつでしたが、「反則投球」がなければもう少しマシだったかも知れません。ま、審判が判断を下した事をいつまでも言っても仕方ありません。フォームの問題も含めまだまだやる事は沢山あるかも知れませんが、今後も期待したいですね。本人もヒーローインタビューで「もっといいピッチングがしたかった」と言っていましたね。

思えば、香月の苦労した道のりや年齢を考えると、本人からしてみたらプロ初登板で喜んでいる場合ではない、早く戦力になりたい、なってないといけないという気持ちがあるのかも知れません。川越、晋吾の状態如何ではまだチャンスはあります。というよりも、これからも見据えてチャンスをまだ与えて欲しい。

他にも、今日登録された秋親(山田秋親)がひっそりと2年ぶりの投球。秋親も苦労しました。ホークスに、当時並んで称された山村と共に鳴り物入りで逆指名入団。山田はそこそこ、山村に至っては殆ど活躍することなく、二人とも故障に泣かされ続け、揃って2008年に解雇。秋親はその後、独立リーグに所属し、昨年オフトライアウト参加、マリーンズのテストを受けて入団しました。
まあ、正直言ってホークス時代は特に応援もしなかった選手(応援する要素も無かったし)でしたし、今回もマリーンズ石川副代表のルートで採った、みたいな面もあって今ひとつこう、なんだかな・・だったんですが、苦労しましたし、マリーンズに来た以上は頑張って貰いたい。ストレートは最速141km(たぶん・・もっと出てたのもあったかも)、高山に一発は浴びましたが1イニングをその1点に抑えました。
しかし、抹消になった上野。ロクに登板機会もありませんでした。荻野忠寛と似てますね・・何か怪我とかでなければ良いのですが(見方を変えると怪我でもないのに秋親と入替え、だったらヤダな・・・とも言える)

明日からはホークスです。ホークスも上り調子。先週に続き杉内ー大嶺です。大嶺にはほんと頑張って貰いたい!カード頭を取れ!

★ベンチに帰る香月を毎回、神戸、根元、的場がベンチを出て迎える。こういうのっていいですね。
Img_9074

★ファイターズ5ー3バファローズ
また近藤が勝てませんでした。バファローズの失点はみな失策絡みのようですね・・・いつものバファローズに戻ってしまったか。
★ホークス4−0イーグルス
なんとホークスは盗塁6コ。これで両リーグ通じてダントツトップのチーム盗塁数53コ!ここまで足を使うというのは正直予想外です。嫌だな〜

ライオンズ先発の田中靖洋
Img_9065

香月。この状態で足が静止する時があると。
Img_9039

プロ初勝利!
Img_9135

|

« 残酷な決勝点 ライオンズ3−1マリーンズ | トップページ | 背信の11番 ホークス7−5マリーンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347584/34448206

この記事へのトラックバック一覧です: プロ初勝利で連敗ストップ ライオンズ5ー10マリーンズ:

« 残酷な決勝点 ライオンズ3−1マリーンズ | トップページ | 背信の11番 ホークス7−5マリーンズ »